More from: 車

HONDAが新型「STEP WGN」を初公開

HONDAは今年の春に発売予定の新型ミニバン「STEP WGN」をオンラインイベントで初公開した。
フロントマスクを見ると吊り目だったライトがかなり水平に近くなり、現行モデル(狭山工場の閉鎖に伴って既に生産を終了?)に比べると遥かにおとなしい感じを受けた。
特にサイドウィンドウの下端がほぼ水平になったので視界が良くなっていると思われるのは良い点。
現行モデルの特徴と言える”わくわくゲート”(跳ね上げ式リアドアの左1/3ほどがヒンジドアのように開くドア)は映像で見る限り廃止になったようだ。
インテリアでは2列目シートがキャプテンシートで前後スライド量が大幅に長くなり、床下収納の3列目シートを格納して後端まで下げると足元が凄く広くなってまるでアルファードのロイヤルラウンジかと思えるほど(シートにオットマンも装備されているし)。
家族が4人以上とか多人数乗車をする機会が多い人には良い車なのかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

Verstappenがチャンピオントロフィーを受け取った!

自動車レースのF1GPで今年2021年の年間チャンピオンとなったRed Bull Racing HondaのMax Verstappenが昨日12/16に行われたFIAの表彰式で念願のチャンピオントロフィーを受け取った。
チャンピオンを決めたAbu Dhabi Grand Prix(Yas Marina)終盤でのセーフティカー(SC)の導入方法等に対して抗議し、受け入れらなかったとして上訴すると息巻いていたライバルチームが上訴を取り下げると発表してチャンピオンが確定した。
このチームで年間2位に入ったドライバーは出席を義務付けられている表彰式への出席をしなかったので、FIAからなんらかの罰則を受ける可能性もある。
まぁ、1年間戦ってきて残り1周で逆転されたんだから悔しいんだろうけど、義務を果たさないのはいただけないな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

つるつる路面

昨夜から今朝のかけて札幌では雪が降り朝には積もっていた。
その雪も昼間は結構融けたが、道路でも日陰になりやすいところ等にはまだまだ残っている。
その残っている雪も表面は一度融けたのが気温が低いために再度凍ってしまい、そこを車のタイヤが磨くのでツルツルの非常に滑りやすい状況になっていた。
おかげで交差点付近ではかなり手前から減速する等のノロノロ運転をせざるを得なくて普段よりも時間がかかってしまったよ。
もう少し積もって圧雪の路面になるころには感覚も慣れてきて走りやすくなるんだけど、それまでは辛抱だなあ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Verstappenが自身初のチャンピオン獲得!

自動車レースのF1GP今季最終戦のRound 22 Abu Dhabi Grand Prixの決勝が行われ、Red Bull Racing HondaのMax Verstappenがラストラップで逆転し優勝した。
レース前まで同ポイントで並んでいたライバルを上回り自身初のF1年間チャンピオンとなった。

Verstappenはポールポジションからのスタートだったが、スタート直後にLewis Hamiltonに先行され2番手となってしまった。
レースはそのまま順調に進んでいたが、35周目のAntonio Giovinazziのトラブルでバーチャルセーフーティカーの出動があり、このタイミングでのピットインでタイヤ交換を行う等でHamiltonとの差を縮める戦略を採ったりしていたがなかなか逆転できなかった。
残り6周となったところでNicholas Latifiがクラッシュしセーフティーカーが出動すると、VerstappenをはじめHONDA PUを搭載する4台全てがタイヤ交換のためにピットイン。
残念ながらSergio PerezはこのタイミングでマシンのPUにエラーが出てリタイヤとなった。
レースは残り1周でグリーンフラッグが振られて再スタートとなり、わずか1周での超スプリントレースとなった。
交換したばかりのフレッシュなソフトタイヤを履くVerstappenは長い周回を走ったハードタイヤを履くHamiltonのマシンに対しターン5で綺麗にイン側に飛び込みオーバーテイク!
ターン9で抜き返そうとするライバルを見事なディフェンスで抑え込むと、その後は少しずつリードを広げてフィニッシュし優勝した。
Verstappenはファステストラップも記録し満点の28ポイントを獲得して2位に入ったHamiltonに8ポイントの差を付けて年間チャンピオンの座を獲得。
HONDAとしては1991年以来6回目となるチャンピオン獲得となった。
コンストラクターズポイントはMercedesを逆転することは出来ず2位に終わった。

HONDA PUを搭載するもう1チームであるScuderia AlphaTauri Hondaは角田裕毅が自己最高位の4位でフィニッシュ、Pierre Gaslyも角田に続く5位でフィニッシュしポイント(角田12:Gasly10)を獲得した。

HONDAとして参戦するシーズンはこれで最後となったが、PU自体は来年以降もRed Bullが開発を継続することが決まっているので、来期以降も良い結果を出し続けて欲しい。

Max Verstappenを始めとする関係者の皆さん、おめでとうございます!!

←クリックしてくれると嬉しいです。

Verstappenが今季10度目のポールポジション!

自動車レースのF1GPの今季最終戦Round 22 Abu Dhabi Grand PrixがYas Marinaサーキットで開催されている。
日本時間で昨夜行われた予選ではRed Bull Racing HondaのMax Verstappenが2番手以降を大きく引き離すトップタイムを記録しポールポジションを獲得した。
Verstappenのポール獲得は今季22戦目で実に10度目。
他のHONDA PU勢では同僚のSergio Perezが4番手で2列目からのスタート、今季9度目のQ3進出を果たしたScuderia AlphaTauri Hondaの角田裕毅が8番グリッドを獲得。
残念ながらPierre Gaslyはマシンの問題もあってQ2を突破できず12番グリッドから今夜の決勝をスタートすることになった。
Q2での使用タイヤで決勝のスタートタイヤが決まるが、Q2を突破できなかったGasleyはスタートタイヤを選択でき、角田はミディアム、Red Bullの二人はソフトタイヤでのスタートとなる。
今GPのタイヤはC3-C4-C5と柔らかいコンパウンドの組み合わせで、今GPでのハードタイヤはPortuguese Grand Prix等”C1-C2-C3”が用意されたGPでのソフトタイヤと同じC3コンパウンドとなる(全く同一とは限らないが)。
とにかくVerstappenは優勝すれば無条件でチャンピオン決定、少なくとも同ポイントで2番グリッドからスタートするLewis Hamiltonより前でフィニッシュすれば初の年間チャンピオンとなる。
間もなく(日本時間で22時)スタートする決勝での快走を期待したい。

←クリックしてくれると嬉しいです。

いよいよ最終戦

自動車レースのF1GPはこの週末のRound 22 Abu Dhabi Grand Prixが最終戦。
その初日のFree PracticeではRed Bull Racing HondaとScuderia AlphaTauri Hondaの2チームともトップ10圏内のタイムを記録し幸先の良い出だしとなった。

チャンピオン候補が同ポイントで最終戦に挑むのは1974年のエマーソン・フィッティパルディ(マクラーレン)対クレイ・レガッツォーニ(フェラーリ)以来でF1史上2回目のこと。
このレースで先にフィニッシュした方が年間チャンピオンとなるので、Red BullのMax Verstappenには是非とも優勝してチャンピオンを獲得して貰いたいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Verstappenが2番手でフィニッシュするも結果は未確定!

自動車レースのF1GP Round 21 Saudi Arabian Grand Prixの決勝が行われ、Red Bull Racing HondaのMax VerstappenがHONDA PU勢の中で最上位の2番手でフィニッシュした。
トップはMercedesのLewis Hamiltonでファステストラップも獲得したために満点の26ポイントとなり、この時点ではポイント争いでVerstappenと並んだが、レース中のインシデント(VerstappenのリアにHamiltonが追突)の件でレース後に審議となり正式結果は未確定となっている。

←クリックしてくれると嬉しいです。

HONDA PU勢が揃ってQ3に進出!

自動車レースのF1GPはRound 21 Saudi Arabian Grand Prixの予選が行われ、HONDA PUを搭載する2チーム台全てがQ2を突破しQ3に進出した。
そのQ3ではRed Bull Racing HondaのMax Verstappenが最後のアタックで最速ペースで走行するも、最終コーナーでフロントタイヤをロックさせてしまいアウト側のウォールにヒットしストップしてしまいQ3は実質ここで終了。
結局Verstappenのタイムは3番手となり、同じRed BullのSergio Perezが番手、Scuderia AlphaTauri HondaのPierre Gaslyが6番手と続き3列目のグリッドを獲得、FPから好調でQ2では5番手タイムを記録していた角田裕毅はアタック中にトラフィックに引っ掛かってタイムを伸ばせず8番手で4列目からのスタートとなった。
今夜の決勝では各車とも順位を上げて欲しい!

←クリックしてくれると嬉しいです。

HONDA PU勢が好調

自動車レースのF1GP Round21 Saudi Arabian Grand Prixが開幕した。
今回の初開催のために作られたのはJeddah市街地のJeddah Corniche Circuit。
”市街地”と言いつつも既存の道路を利用するものでは無く全てが新規に建設されたとのことで、真新しい舗装にはラバーが乗っておらずグリップ不足が心配されていた。
そんな中で行われた初日のフリープラクティス(FP)ではHONDA PU勢が好調で4台すべてが10番手以内のタイムを記録した。
FP1ではRed Bull Racing HondaのMax Verstappenが早々にトップタイムを出し、最終的には2番手で終了。
Scuderia AlphaTauri HondaのPierre Gaslyが好調さを維持して4番手、Red BullのSergio Perezが11番手、AlphaTauriの角田裕毅が15番手でFP1を終えた。
翌日の予選開始時刻に合わせて行われた日没後に行われたFP2ではGaslyがMercedes2台の後の3番手タイムを記録、Verstappenが4番手、角田が8番手、Perezが9番手のタイムを記録し、HONDA PU勢4台が全て10番手以内でFPを終えた。
今夜の予選で各ドライバーがどのグリッドを手に入れるか楽しみだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

SuperGTはまさかの展開!

自動車レースのSuperGTは最終第8戦が富士スピードウェイで行われ、500のチャンピオン争いでまさかの大逆転があった。

今季ここまでポイントリーダーの1号車STANLEY NSX-GTは2番グリッドからのスタート。
ここをホームコースとするGR Supra勢にパスされながらも終盤まで4番手を走行。
このままフィニッシュすればポイント2番手の8号車ARTA NSX-GTを上回りチャンピオン獲得となる状況。
しかもポイント3番手の17号車Astemo NSX-GTは序盤で12号車カルソニック IMPUL GT-Rと接触し足回りを損傷してリタイヤしていたので俄然有利の筈だった。
ところが51周目の1コーナー進入で抜いたはずのGT300の55号車ARTA NSX-GT3が止まり切れずに1号車のイン側に飛び込んできて1号車の右フロントと55号車の左リアがヒット。
これで足回りを損傷してしまった1号車は一周回ってきて緊急ピットイン。
修復してレースに復帰するも上位どころかポイント圏内からは完全に脱落し、昨年に続いての連覇を逃してしまった。
レースは序盤でトップに立った36号車au TOM’S GR Supraが逃げ切って優勝、16ポイント差をひっくり返してのチャンピオン獲得となった。

一方のGT300はポイントトップでポールポジションスタートとなった61号車SUBARU BRZが3位表彰台を獲得し、初の年間チャンピオンの座を獲得した。

←クリックしてくれると嬉しいです。