More from: 車

駐車違反・・・だけではなく・・・

違反車


上の写真は市内中心部の路上で違法駐車をしている車。
しかもこの道路は見ての通り手前側からは進入禁止となっている一方通行となっている。
この近辺は一方通行の道路が多く、時折逆走する車を見かけるし、このように反対向きに停まっている車もたまにいる。
タイミング良く警官か駐車監視員でも通りかかれば良いのになぁ。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

そういえばトヨタが優勝してた

先週末はフランスでル・マン24時間レースが行われ、日本のトヨタが総合優勝をした。
トヨタの優勝は日本メーカーとしては1991年のマツダに次ぐ2番目のことで、ドライバーの内の一人である中嶋一貴選手は日本人として”関谷正徳”(1995年)”荒聖治”(2004年)に続く三人目の優勝ドライバーとなった。
また”日本人ドライバーが乗った日本車の優勝”は今回のトヨタがレース史上初。

今年は最多優勝回数19回を誇るポルシェも、それに次ぐ13回の優勝をしているアウディも不参加となり、トヨタが優勝候補の筆頭だったために”勝って当たり前”のような論調の記事もあるようだが、レースは最後まで何が起こるか判らない。
実際、2年前の2016年のレースでは、終了直前までトヨタの5号車がトップを独走していたが、残り6分半となった時に無線で中嶋一貴が”ノーパワー”と叫ぶのがTVの放送でも聞こえ、直後にスローダウン。
なんとか戻ってきたが、フィニッシュラインを超えたところでストップしてしまった。
残り時間はまだあったのでチェッカーフラッグは当然振られておらず、ストップしたトヨタ5号車の脇をポルシェの2号車が抜き去り、ラストラップを周回して優勝となった。
この例のように24時間を走り切ること自体が難しく、その上で最後にトップにいることがいかに困難なことか知らない人なら”勝って当然”と言うかもしれないが、私はそうは思っていない。
とにもかくにも優勝おめでとうございます!

で、優勝したから来年以降は参加しない!ってことは無いだろうなぁ、、、それとも今後はWRCに注力なのかな?<トヨタさん
そういえば、今年の世界耐久選手権(WEC)のシーズンは来年のル・マン24時間までのスーパーシーズンだから、シリーズチャンピオンになるためにも来年のル・マンにも出て欲しいな。
#その前にチャンピオンが決まってしまうかもしれないけど(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ホンダがRed BullへのPU供給を発表!

ホンダは本日F1レースのレッド・ブル(Red Bull)チームへのパワーユニット供給に合意したと発表した。
供給は2019年シーズンからとなっている。
現在ホンダはレッド・ブル傘下のトロ・ロッソ(Toro Rosso)へPUを供給しており、来年からはメインチームのレッド・ブルと合わせて2チームへ提供することになる。
レッド・ブルは毎年チャンピオン争いをしている有力チームで、現在はルノーからPUの供給を受けていてトップ争いを演じていて先日もモナコGPで優勝したばかり。
そのトップチームとホンダが手を組んだということになり、レッド・ブル側もホンダとの契約に関してWEBサイトで大々的に告知している。
トロ・ロッソへの供給が決まった際にも予想されていたこととはいえ、こんなに早く決まるとは!
いやぁ、来年のF1がまた楽しみになったな!

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

事故

今日の午前、市内中心部の学校のそばの交差点を通ったら車が歩道の角にある電柱に突っ込んでいた。
事故かぁ、と思って見たらそのすぐそばには別の車が腹を見せてひっくり返っていた。
警官が来て事故処理を始めていたので、発生直後では無いようだったが、どんな状況の事故だったんだろう?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ホンダの「N-BOX」が早くも10万台を突破

ホンダの軽自動車「N-BOX」が販売好調で、五月も18,817台を売り上げ、今年に入っての累計販売台数も106,866台と10万台を突破。
これは自動車全車種中で最も早く、昨年よりも一カ月早い。
昨年九月のモデルチェンジ以降は常に前年同月比が100%を超えていて、中には150%を超えた月もあるほど売れている(生産能力の関係か3月は102.8%と僅かな伸びにとどまったが)。
「N-BOX」の昨年1年間のトータル販売台数は218,478台で、今年は既にその半分近くを販売したことになる。
ホンダの四輪全体(登録車・輸入車含む)の販売台数が323,118台なので、1/3が「N-BOX」ということになるが、もし「N-BOX」の売り上げが止まったらホンダは大変なことになりそうで怖いね。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ホンダが「N-VAN」の詳細を公表

ホンダがこの夏発売予定の新型軽商用車「N-VAN」のスペシャルサイトを更新した。
これまでの写真に加え、車体各部の寸法や主な装備品の一覧、グレード詳細に関する情報が追加されている。
それによるとエンジンはNA及びターボがあり、NAの場合はミッションに6速MTが選択でき、ターボはCVTのみとなっている。
レジャー用途を見据えた「N-VAN +Style」には「FUN」(ハイルーフ)及び「COOL」(ロールーフ)が選べ、オートライトも標準装備される。
地味な装備だけど、慣れると無くてはならない装備なんだよねぇ、コレ(汗)。
全グレードに安全装備の「Honda SENSING」が装備される(NAエンジン車では非装着とすることも可)。
車内の写真を見ると助手席側インパネには収納が複数あって便利そうに見えるが、リアドアのウィンドウは開かないように見えるのが少々残念。
まぁ、商用車だから仕方ないとはいえ、子供を後ろに乗せるので開いた方が良かったな。
詳細な仕様は未発表なので燃費等が判らないが、それでもかなり魅力的に見えて来たなぁ。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”BMW X2プレゼント”って・・・

ビーエムダブリュジャパンが同社の”X2”プレゼントキャンペーンをやっている。
もし貰えたら、と思ったけど、幅が1,825mmで大き過ぎるし、サイドとリアのウィンドウが小さくて後方(特に斜め後ろ)の視界が悪そう。
さらに最も軽いグレードでも1,500Kgもあって車体が重たい。
うーん、貰っても仕方ないなぁ、、、
そっか、乗らずにそのまま中古で売って、他の国産車を買ったほうが100倍も良いんじゃないか?(笑)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

NSX-GTが優勝!(SUPER GT)

国内自動車レースで最も人気があるSUPER GT第三戦が鈴鹿サーキットで行われ、地元ホンダの「NSX-GT」が優勝した。
優勝したのはARTA NSX-GTを駆る野尻智紀/伊沢拓也組で、2位にはRAYBRIG NSX-GTの山本尚貴/ジェンソン・バトン組が入り1-2フィニッシュを達成。
NSX-GT勢が1-2フィニッシュを飾ったのは今季の開幕戦に続いて2度目で、その時もRAYBRIG NSX-GTが2位に入っている(優勝はKEIHIN NSX-GTの塚越広大/小暮卓史組)。
山本尚貴/ジェンソン・バトン組はドライバーズポイントでもMOTUL AUTECH GT-Rの松田次生/R.クインタレッリ組を抜いてトップに。

ここ何年かホンダ勢は下位に甘んじていたので、今年の活躍は嬉しいね!

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ちょっと欲しくなった(汗)

トミーテックが八月にトミカリミテッドの新製品を発売するのでこの度予約受付が始まった。
いやー、これは良いなぁ、思わず欲しくなったけど、ちと高いのがネックだな(汗)。

トミカリミテッドヴィンテージ ネオ 1/64 TLV-N173a 日野HH341 重機運搬トレーラ 東急TD302 (メーカー初回受注限定生産) 完成品
B07C3NQJVD

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

セリカLBとは・・・

昨日、夕張ICを降りて国道274号線を通り由仁町内の裏道を抜け、再び国道に戻ろうと交差点で信号待ちをしていると、目の前を懐かしい車が横切った。
それはトヨタの「セリカ リフトバック」で、1973年に「セリカ」のバリエーションモデルとして登場、1977年まで販売された車だ。
テールランプの形状からすると後期型で、グレードはエンブレムによれば”2000GT”。
かなり以前に私も借りて乗ったことがあるのでとても懐かしく感じた。
既に40年以上前に販売終了しているが、今でも大事に乗っている人がいるんだねぇ。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。