More from: パソコン

落とし損ねた・・・

ヤフオクでジャンクだけど良さそうなThinkPadを見つけてウォッチリストに入れていた。
いくつは昨夜で終了の予定だったのでチェックしてあわよくば落札しようと思っていたが、終了時刻のかなり前に寝落ちしてしまい落札できなかった。
目が覚めてから慌ててチェックしたら落札価格が予想よりかなり安かったのでちょっと悔しいな(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

”ディーワイ”というメーカー?

ユーザーからPCが不調だとの連絡を部下が受けた。
PCのメーカーを尋ねたら”ディーワイ”との答えが返ってきたとのこと。
そんなメーカーのPCなんか買っていたかな?と思ったが、実は非常にメジャーなメーカーだった(汗)。
そのユーザーはPC前面に貼ってある”hp”(言うまでも無いが「ヒューレットパッカード」)のロゴを”ディーワイ”と読んでいたのだ。
確かにひっくり返すと”dy”と読めるのだけど、他の文字も反対になるのにロゴだけ反対に見て読んでくれたのは謎だ(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

”20H2”?

職場のPCで少し古いのを再セットアップしていて、OS(Windows10)のアップデートを実施したらバージョン番号が”20H2”となったのがあった。
ビルド番号を見ると2004のほうが”19041.572”で、20H2のほうが”19042.572”となっていた。
ググってみたら正式にリリースされた”Windows 10 October 2020 Update”が適用されたバージョンらしい。
うーん、業務用なので安定稼働を考えて1909で止めておきたかったんだけどなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

頑丈・・・と言うべきなのか?

ユーザーの一人が使用している「Surface Pro3」を見て驚いた。
なんと、液晶画面の上の端に隙間が出来ていて内部の基盤の一部が見えるのだ。
スマートフォンではバッテリが―膨らんで裏蓋を持ち上げたことはあったが、タブレットPCでは初めて見た。
しかも裏蓋が頑丈なので表の画面のほうが持ち上げられていて、縁の接着剤が剥がれて画面の表面が盛り上がっている。
よくもまぁこんな状態で動作しているものだと感心してしまった(汗)。
以前から不調になることが多いということと、OSが古いので別のノートPCに入れ替える予定ではあったが、使用者が多忙を理由にデータの移行が出来ずにいた。
それでも、さすがにこうなってはいつ壊れて使えなくなるか判らないので一気に移行をしてしまうことで納得して貰った。
これでようやく懸案事項だった古いのが1台減って良かったよ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

“ping”は通るのにサーバーに接続できない

新規にPCを設定していて出て来たトラブル。
ファイルサーバーに接続させるために”net use”コマンドを使っても”ネットワークパスが見つかりません”と出て接続できない。
ところがサーバー名をIPアドレスにすると問題無く接続できるので、ファイルサーバー側での問題ではない。。
これはDNSサーバーにファイルサーバーのエントリーが無いためだろうということで担当者に追加して貰った。
ところがそれでも同じ現象が発生し全く改善されないので、仕方なくIPアドレスでの接続にしている。
DNSサーバーへの登録ミスだろうと思っていたが、問題のPCからサーバー名でpingを打つとちゃんと名前解決が出来ている。
調べてみると”net”コマンドとpingでは名前解決の方法が異なっていて、Windowsに古くからある”net”系のコマンドはNetBIOS(over TCP/IP)での名前解決、UNIX系OSから来たpingはDNSサーバー(hosts含む)での名前解決だそうな。
道理でDNSサーバーにエントリーを追加してもダメなわけだorz。
これを解決するにはWINSサーバーを立てれば良さそうなんだけど、その際にDNSサーバーとの整合性をどうやってとるかがまだ不明(調べが付いていない)。
うーん、名前解決を複数の手段で行わなければならないのは面倒だから、DNSサーバーに統一してくれなかねぇ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

安くなったなぁ・・・

自宅で使っているノートPCがたまに動作が重くなることがあり、どうもメモリ不足のような感じがする。
一応、4GBのモジュールを2枚入れて計8GBにしてあるんだけど、スペック上は8GB2枚の16GBが最大となっている。
使いだした頃は8GBのモジュールは4GBの2倍以上した記憶があるんだけど、ちょっと探したら楽天で三千円台で売られていた。
これなら2枚買っても良いかなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ジョージアからかぁ、、、

最近ユーザーのPCに大量のトロイの木馬入りメールが来るようになった。
タイトルも本文も一見しただけでは取引のメールそのものだし、差出人名も実際にメールのやり取りをしたことのある会社の担当者になっているものもある。
おかしいのは添付ファイル名が文字化けしているくらいなもの。
これなら騙されてしまう人が出ても仕方が無いかと思われる。
送信経路を辿ろうとしてその中の一通を見せて貰い、From行を見ていると最初に発信したデバイスのIPアドレスは”188.129.255.141”となっていた。
ググってみるとホスト名は”host-188-129-255-141.customer.magticom.ge”となっていて、TLDからジョージア(旧呼称グルジア)に割り当てられたアドレスの様だ。
そこからいきなり日本のメールサーバーを経由して来ているらしいところまではすぐに判明した。
一応そのIPアドレスはブロックしたが、まだまだ沢山あるんだよなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

デスクトップPCが2万円切り

NTT-Xストアのセール品に2万円を切るデスクトップPCがあった。

これと同じモデルが今日限り台数限定でなんと19,980円(クーポン利用)!。
さすがに完売しているが、新品のデスクトップPCがこの値段とはねぇ・・・
とはいえ、スペックは低い(特にメモリが4GBしかない)ので、買ってから追加の投資は必要、それでも安いけどねぇ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

「PC-9801NS/A」が引退したとな

このところNECの「PC-9821」を相手にするためにググっていたら、つい最近まで現役で使われていたキュウハチが引退したという話があった。
話題になっていたのは東京の新交通システム「ゆりかもめ」の設備メンテナンスに使われていたという「PC-9801NS/A」。
開業時から25年間使われていた機体ということで、メーカーであるNECの米沢工場に寄贈されたということだ。
この「PC-9801NS/A」は私が2番目に買ったノートPCと型番こそ同じだが、私のはHDDレス(サードパーティ製の500MBのHDDを同時購入して組み込んだ)でメモリが1.6MBというモデル。
一方、話題になったほうは「PC-9801NS/A120」で、120MB(GBにあらず)のHDDを内蔵し、メモリも2MB多い3.6MBのモデル。
私は随分前に使わなくなったので実家に置きっぱなしになっているが、つい先日まで同じ機種が現役で使われていたというのには驚いた。
まぁ、ソフトがキュウハチ専用なので置き換えが出来ず、今でも使わざるを得ないというところも結構あるらしいし、そのためか今でも中古の本体や周辺機器が流通しているだけどね(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

無事にUpdateが終了した

昨日丸一日かけてOSのUpdateをしていたタブレット「KJT-80W」は無事にWindows10のバージョンが1909になった。
1903までのUpdateには時間がかかったが、そこから1909にするにはそれほど時間はかからなかった。
内蔵バッテリーへの充電も出来たし、これでまた少しは使えそうだな。

今回のUpdateでは途中でストレージ容量が足りなくなり、以前のWindows(プリインストールされていたWindows8.1)のバックアップの削除を求められたが、さすがに戻す気は無いためさっくりと削除して容量を確保した。
僅か32GBの容量でWin10にUpgrade出来た時は驚いたけど、流石に足りなくなったかぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。