More from: linux

←クリックしてくれると嬉しいです。

ftpによるファイルの自動取得

海外の現場とファイルのやり取りをするために専用のftpサーバーを立てている。
そのftpサーバーがセキュリティアップデートをしたためか、これまでアクセス出来ていたPCではログインは出来るもののファイルの取得が出来なくなったのでなんとかならないかと相談を受けた。
ftpのログを見るとログイン後のコマンドの実行に対しエラーコード”500”が返ってきている。
これはコマンドの構文が正しくない場合に出るエラーで、ユーザー自身が調べたところサーバーのアップデートでこれまで使えていたPCのクライアントソフトが発行しているコマンドを解釈出来なくなったのが原因だと判ったのでその分を変更したら500のエラーが返ってくることは無くなったとのこと。
ところが今度はエラーも返って来ずタイムアウトになるというのでログを見ると確かに”000”が返っているのでクライアントソフト側でタイムアウトと判断して切断しているようだ。
この原因はどうもデフォルトのモードがpassiveモードになり、F/Wでポートを開けていない(なのでコマンドの応答が返って来ない)かららしい。
この時点でクライアントPCからアクセスさせるのは無理となった(セキュリティ上ポートは開けたくない)。
そこで代替手段としてLinuxサーバーで自動受信をさせ、クライアントPCから見える場所にファイルを置くことにした(サーバーのあるセグメントからはpassiveモードでも通信可能)。
自動受信のために作ったスクリプトが下記。
——————————————
1 ftp -n -i <<AA (<<は本当は半角)
2 open ftpサーバー名 or IPアドレス
3 user ログインユーザー名 パスワード
4 cd /ファイルのあるディレクトリ
5 binary ←必要ならバイナリモードの指定
6 mget [a-z]*.zip
7 bye
8 AA
——————————————
先頭行でftpに渡しているオプションは
-n ログインプロンプトを出さずにログイン処理をさせる。(-n: inhibit auto-login)
-i mgetコマンドで複数ファイルのget時の”y”の入力を省略する(-i: turn off prompting during mget)。
という意味。
-n オプションを付けることでログイン時のパスワードの自動入力をさせるため3行目のuser コマンドでログインユーザー名とパスワードを送信している(生で書くのでこのファイルの管理は厳重に!)。
後は4行目で目的のファイルのあるディレクトリに移動して6行目のmgetで一括でファイルを受信させている(この場合は先頭が小文字のアルファベットで始まる全てのzipファイル)。
7行目のbyeコマンドで切断し処理終了。
このスクリプトをcronに仕込めば定期的に自動実行できるので、ユーザー自身が毎回ftpクライアントを使う必要が無くなって少しは省力化出来ることになった。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「Endeavor NA101」にも「NNLinux」を入れてみた

古いEPSONのモバイルノート「Endeavor NA101」に非常に軽いLinuxディストリビューション「NNLinux」を入れてみた。
CPUがシングルコア世代のCeleron M423でメインメモリはオンボード512MBという低スペック。
メモリは1GBのモジュールを追加して1.5GBにした状態でインストールしたが、HDDが2.5インチのIDEで4200回転のものなので、HDDへのアクセスはとても遅く、これが全体的に足を引っ張っている感じで動作が重い。
起動してソフトを起ち上げてさえしまえばオンメモリでの動作はなかなか軽くて良さげ。
ブラウザ(Chromium)でサイトを開いてみると、ページによってプラグインが必要となる場合は開くまで結構重たく感じるが、それが無ければまだまだ十分使えそう。
とはいえ先日同じ「NNLinux」を入れたDELLのミニノート「Inspiron1210」と比較すると、ちょっと動作が重たく感じられるので、使うとすれば「Inspiron1210」のほうを選んでしまうなあ。
ということで実験だけで終わりそうだな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ミニノートにNNLinuxを入れてみた

廃棄処分にするミニノート、DELL Inspiron1210にNNLinuxを入れてみた。
光学ドライブを持たないPCなので4GBのSDカードにインストールイメージを書き込んで起動し、そこからインストールした。
インストール自体はHDDが遅いので多少時間はかかったが特に問題なく完了。
事前に無線LANの設定をしておいたのでそのままネットワークにも接続でき、デフォルトのブラウザですぐにこのブログを書いている。
Mozcのキーアサインを好みに合わせて変更しただけですぐに使えるのは便利だ。

CPUがAtom z530、メモリが1GB(増設不可)、HDDが1.8インチ80GBという低スペックでもそこそこ動作してくれるのは凄いと思う。
これならもう少しハイスペックなEPSONのNA101やThinkPad X40辺りで十分実用になりそうだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

EPSONの「Endeavor NA101」を実用機に出来るかも?

今から14年前の2006年6月にEPSONから発売された小型軽量ノート「Endeavor NA101」。
さすがに古くてスペックも低いので何年か前に新しいノートに買い替えられてからは放棄されていた。
たまたま数日前に見つけた軽量なLinuxディストリビューション「NNLinux」であれば実用になるのではないかと思い、久しぶりに電源を入れてみた。
長期間電源を供給していなかったので搭載バッテリーは放電していてバッテリーだけでは起動しなかったが、ACアダプタをつなぐと無事に起動したのでBIOSセットアップ画面をだしたら案の定日付はリセットされていた。
それでもバッテリーへの充電が始まったのでBIOS設定画面にあった「Battery Calibration Utility」を起動してみると、しばらく待った後にACアダプタを取り外せとの表示。
指示通りに取り外してみるとそのままバッテリー駆動で動き出し、2時間半ほど経ってもそのまま動作している。
OSを起動していないでのHDDは回っていないし、無線LANも切ってあるので通常使用でもこれだけ動作するとは思えないが、それでも短時間ならバッテリのみでの動作をさせられそうだ。
メモリは標準搭載の512MBしか入っていないけど、「NNLinux」はそれで動くと謳っているし、DDR2のSODIMMで1GBのは何枚も余っているから足りなければ増設すれば良い。
うん、ちょっと楽しみになってきたな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

NNLinuxを試している

軽いLinuxディストリビューションを探していたら、日本で開発されていて昨年(2019年)公開された「NNLinux」というのを見つけた。
紹介している記事を読むと滅茶苦茶軽いようなので早速ダウンロードしてみた。
いくつかのバージョンがある中から一番大きいと思われる64bit版を落としてきたが、これでもisoイメージファイルの大きさは1.65GB程度で他のディストリビューションと比べるとかなり小さい。
これを古い2GBのmicroSDに書き込みThinkPad R61のUSBポートに挿して起動してみると、起動自体に結構時間がかかったものの無事に起動し、無線LANの設定をするだけでネットにもつながった。
この記事もそのR61で書いているんだけど、起動直後から日本語入力が使えるのは便利で、この辺は日本で開発されているだけのことはあるな。
bootローダーの画面で”まだBETA版なのでHDDへのインストールはしないように”との警告が出たのでLiveCD状態で使っているんだけど、WEBアクセス程度ならこの状態でも十分に使えそうだな。
ちなみにWEBブラウザ(Chrome)とコンソールを起動した状態でのメモリ使用量は128MBで非常に少なく、2GBのメモリを搭載しているR61での動作はサクサクでストレスが無い。
これなら搭載メモリが512MB程度で動くというのも納得だ。
今度はもっとロースペックのノートで試してみようかな。

#起動に時間がかかるのはkernelがなにかを待っていてタイムアウトを起こしたとのエラーメッセージが多量に出ていたのと、起動に使ったmicroSDカードからの読み出しが遅いからだと思われる。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ThinkPad T60に「SPARKY Linux」をインストールした

昨日記事にしたThinkPad T60に「SPARKY Linux」をインストールした。
バッテリーを外したらフリーズすることが無くなったので安心してインストールしたところ、やはり低スペックのためかインストールには結構な時間がかかってしまったが無事にインストールが終了。
今回はインストール時に無線LANの設定を済ませておいたので、インストール後の最初の再起動にそのまま追加の言語パッケージ等のインストールを実行できたので楽だった。
言語パッケージ等の追加インストールにも結構な時間はかかったもののエラーも無く無事に終了。
早速追加されたFirefoxを起動してsyncの設定をしてブラウジングをしてみると結構快適。
コンソールからtopコマンドで使用メモリ量を見るとやはり数百MBと少なく、実装2GBでも問題無いことが判った。
バッテリーが駄目になっているのでACアダプタは欠かせないが、FRU No.は異なるが互換性のあるThinkPad R61のバッテリーを付けてみると問題無く動作したので、しばらくはこのまま使えそうだ。
となるとR61のバッテリーをどうするか?ってことになるが、WUXGAの液晶にライン抜けが出てきて使っていないR500も互換性があるから、こちらから移植しようかな?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IBM/FRU 92P1141 40Y6799 互換 バッテリー
価格:3278円(税込、送料別) (2020/6/29時点)

しばらく見ない内にT60用の互換バッテリーも随分と値段が下がっているなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

やっぱり動作が軽いなー

古いノートPC(SONYのVG-92S)に入れたSPARKY Linuxは本当に動作が軽い。
今朝もブラウザ(Firefox)でブログの記事を書いたんだけど、今使っているThinkPad Edge E530と変わらない使用感。
CPUは2コアとは言え古いCore2Duoなのにこの軽快さは驚異的。
コンソールを起ち上げてtopコマンドでメモリ使用量を見てもFirefox使用時で700MBちょっとで、バッファ等を除いた空きメモリが1.6GBほど(総容量3GB)。
Firefoxを終了させると使用量が400MB弱に減った。
当然のことながらスワップも起こさないので意図しないHDDアクセスは皆無なのでほぼ全てがオンメモリで動作していることになる。
これなら搭載メモリ量が1GB程度でubuntuで動作が重い古いノートでも使えるように出来るんじゃ無いかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

日本語入力ができるようになった

昨夜インストールしたSPARKY Linuxで日本語入力が出来るようになった。
インストール後の初回起動で不足している言語のインストールをした直後は出来なかったんだけど、一度電源を切っておき先程起動し直したところ日本語入力が可能になっていた。
インストール後にキーアサインを変更してVJE-β風にしたのも有効になっている。
言語パッケージを入れた後は一度ログアウトしないとならないらしい(汗)。

今もそのPCでこの記事を書いているんだけど、ロースペックなのに結構快適に入力できている。
評判通り軽量なディストリビューションだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

”SparkyLinux”を入れてみた

FerenOSを入れたは良いものの動作が重くて使い難かったSONYの「VGN-SZ92PS」に今度は”SparkyLinux”を入れてみた。
公式サイトからisoイメージファイルをダウンロードしてDVDに焼いてインストールした。
インストール自体は全く問題なく完了したが、無線LANの接続設定に戸惑った。
インストール作業中に接続する手順が無く、再起動後も特段設定するように促されることも無く、ただ”ネットワークに接続していません”と言われるだけ。
もしかして無線LANアダプターが認識されていないのか?と思ってコンソールから
#/usr/sbin/ifconfig
と入力するとwlanのインターフェースがあったのでハードウェア的には認識しているのは確認できた。
そこでMenuから設定画面を探しても良く判らず、結局タスクバー右側にいくつかあるアイコンをチェックしてみてようやく見つけた(汗)。
そこでアクセスポイントを選択して接続キーを入れたらすんなり接続されたので、現在初回のアップデート中。
まだアプリケーションは全然使っていないけど、動作はとても軽い感じがしてこれならFerenOSよりは使えそうな感じがする。
後は日本語環境を整えてブラウザ(Firefox)を起動してみてからだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。