More from: アニメ

Canonの「EOS R5 Mark II」は来年登場?

カメラの情報サイトにCanonのミラーレス一眼「EOS R5」の後継機「EOS R5 Mark II」は2023年の第2四半期に登場するという噂が掲載された。
裏付けは取れていないものの、実績のある情報源からの情報ということで信頼性は高そう。
その噂によると「EOS R5 Mark II」は61MPの裏面照射センサーを搭載し、映像エンジンはDIGIC Xをデュアルで搭載し連写はAF追従の電子シャッターで30コマ、メカシャッターで12コマとなり、動画性能も大幅に向上するとのこと。
画素数は一眼レフ時代の高画素機「EOS 5Ds(R)」を上回るが、CanonはR5を高画素機として位置付けるのだろうか?
また画素数で秒30コマの連写って凄い・・・CFexpress Type Bのデュアルスロットはこの為かも(汗)。
ただ「R5」にここまでの性能を与えるということは、フラッグシップと噂されている「EOS R1」はもっと凄いということだよなぁ・・・
また、下位機種にあたる「EOS R6 Mark II」とスペックが乖離することになるけど、これは各モデルの棲み分けをはっきりさせるということかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

北海道では遅かった(汗)

昨日の記事でアニメ「うる星やつら」のことを書いた。
キー局では昨夜遅くから放映開始となっていたので、録画予約をしようとしたら系列局であるUHB(北海道文化放送)ではその時刻に放映されないことになっていた。
恐れていたことだがやはり北海道では放映されないのかと諦めかけたが、翌日以降の番組表をチェックして見ると19日の未明の所に発見。
北海道では毎週火曜日の深夜(水曜日未明)に放映されるスケジュールだったようだ。
公式サイトでしっかり確認しておけば焦らずに済んだんだよなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「うる星やつら」のリメイクだと?

つい先日知ったのだけど、この十月から「うる星やつら」のリメイク版が放送されるとか。
調べて見ると原作が連載されていた「少年サンデー」を出版している小学館の100周年記念作品だとか。
”なんでいまさら”感もあるけど、原作&アニメをリアルタイムで知っている身としてはちょっと外せないかな?
しかもキャストを見るとビックリするほど豪華な声優陣!
前作で主人公&ヒロインを演じたお二人がそれぞれの親役で出演なさっているのも感動的だし、サクラ先生役に沢城みゆきさん、ランちゃん役に花澤香菜さん、おユキさん役に早見沙織さん、とどめにはクラマ姫役に(先日鈴鹿サーキットで首相のいる前でアカペラで国歌を斉唱した)水樹奈々さんときては観ないわけにはいかない(笑)。
ただ、どのキャラクターも脇役なので毎回彼女たちの声を聴けるわけでは無いというのが寂しいところ。

スタッフもスタジオぴえろの時とは全く違うし、キャラクターデザインも高田明美さんから替わっていて、今作の方が原作に近いデザインになっているように見える。
とにかく今夜の第一話の放送が楽しみだ!

道理でこんな商品も出ていたのね、ショッピングモールのお店で見かけた時はビックリしたよ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ROBOT魂から「RGM-79(G) ジム・スナイパー ver. A.N.I.M.E.」登場!

「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」(08小隊)に登場し、長距離狙撃を見せたモビルスーツ「RGM-79(G) ジム・スナイパー」がROBOT魂から発売予定だ。
08小隊は面白かったよなぁ・・・その感動をモデルで味わえるのは良いかも。
店頭での販売予定はなく、リンク先のサイトで予約を受け付け中で発送予定は2023年3月となっている。
ROBOT魂 <SIDE MS> RGM-79(G) ジム・スナイパー ver. A.N.I.M.E.

←クリックしてくれると嬉しいです。

Panasonicが海外で「G95D」の販売を開始?

Panasonicのm4/3カメラ「G95D」が海外のサイトで販売が始まっている。
価格は800ドル弱。
この「G95D」は先日噂が流れた「G99D」(国内でのモデル名)と同じものと思われ、「G95」との違いは有機ELパネルの解像度のみということらしい。
撮像素子等の主要パーツや仕様には変更は無い模様で、大幅なモデルチェンジでは無いようだ。
たしかにモニターの解像度の変更だけなら発表会等も必要ないか。

←クリックしてくれると嬉しいです。

訃報

声優の清川元夢さんの所属する東京俳優生活協同組合(俳協)が今日22日に同氏が8/17に死去していたことを公式サイトで発表した。
それによると死因は肺炎とのこと。
享年87歳、謹んでお悔やみを申し上げます。

報道サイトでの同氏の紹介のされ方を見ると「エヴァンゲリオンの冬月コウゾウ役」、とか、「(ふしぎの海の)ナディアのガーゴイル役」と言うのが多いが、「(機動戦士)ガンダムのテム・レイ(主人公アムロの父親)役、とか、中には「ご注文はうさぎですか?のティッピー役」とかいうのがあって笑ってしまったよ(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

発売になっていたのか(汗)

オンライン書店から少し前に伏見つかさ氏作のライトノベル「エロマンガ先生」の最新第13巻の発売告知が来ていた。
お盆休み前でバタバタしていて見逃していたよ(汗)。
紹介文を読むと最後のエピソードになりそうだな・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

「ろうきん」アニメ化!

FUNA氏作の人気WEB小説「老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます」がアニメ化されることが発表された。
放送開始は2023年1月の予定。
同氏の作品としては「私、能力は平均値でって言ったよね!」に続く2作目のアニメ化となる。
ミツハが動いて喋る様子が見られるのは今から楽しみだ!
気になるのはキャストだなぁ、ミツハやサビーネ王女、コレットちゃん、それとイリス様の声は誰が演じることになるのだろう?(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

”牧野由依”が来る?!

7/9から7/18にかけて上富良野町で「ラベンダーフェスタかみふらの2022」が開催される。
期間中はラベンダーの花が咲く日の出公園のラベンダー畑のライトアップが行われ、7/17には声優の牧野由依のライブも行われる。
牧野由依と言えば記憶にあるのは「ホシノフミナ」とか「大和ゆら」とかかな?
このライブだけは気になるけど、三連休のど真ん中なのでこれだけのために上富良野に行くことは出来ないかなー(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「エロマンガ先生」最新刊の発売予告が来た

オンライン書店から伏見つかさ作のライトノベル「エロマンガ先生の最新刊となる第13巻「エロマンガフェスティバル」の発売予告が来た。
発売予定は8/10で、前の巻の発売が昨年の9/10なので11ヶ月ぶりとなる。
シリーズの続巻を待っていたんだけど、出るのは終わった筈のシリーズ”俺いも”のスピンオフばかり。
いい加減待ちくたびれてこのシリーズのことを忘れていたよ(笑)。
新刊を読むにはストーリーを思い出すために前の巻を読み返さないとな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。