More from: 車

スズキが「スイフト」をフルモデルチェンジして発表

スズキは同社の代表的なコンパクトカー「スイフト」をフルモデルチェンジして1/4から発売すると発表した。
今度の「スイフト」は四代目となり、デザインは先代のイメージを踏襲しつつ新しいデザインとなっている。
パワートレインは3種類用意され、1.2LのNA及びマイルドハイブリッドと1L3気筒ターボの「ブースタージェットエンジン」を搭載する”RSt”グレードも用意される。
グレードはこの”RSt”の他、NAの”XG”・”XL”・”RS”、ハイブリッドの”HYBRID ML”・”HYBRID RS”の合計6グレード。
この内、”XG”を除く各グレードには自動ブレーキを含めた安全装備を搭載する”セーフティーパッケージ装着車”が用意される。
先日発売した「ソリオ ハイブリッド」に搭載したハイブリッドは用意されていないが、数か月から1年程度経過してから追加されるのかも?

駆動方式と変速装置の組み合わせは各種あり、NAエンジン搭載の”XG”・”XL”はFFが5速マニュアルとCVT、4WDはCVTとの組み合わせ。
マイルドハイブリッドの”Hybrid ML”・”HYBRID RS”はFF/4WDともCVTのみ、”RS”はFFの五速マニュアルのみ、”RSt”はFFの6速ATのみとなる。
一番スポーティになると思われる”RSt”が6速ATのみで五速マニュアルが設定されないということは、今後出してくる「スイフトスポーツ」との差別化ということか。
ということは、「スイフトスポーツ」のエンジンは現行の1.6LのNAから”RSt”と同じ1Lターボになるのかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「メルセデスAMG GT R」日本での価格は?

メルセデスが今年のニュルブルクリンク24時間で優勝したGT3マシンを元に開発した「メルセデスAMG GT R」を日本向けに導入するかもしれない。
ツインターボで過給して585ps/71.4kgmの出力/トルクを発生する4LのV8エンジンをフロントに搭載し、リアアクスルに7速DCTを組み合わせた結果、ニュルの北コースで最速の後輪駆動車となった。
日本でこのパフォーマンスを発揮できるのは一部のサーキットだけだろうけど、導入されたら買う人はいるんだろうなぁ、、、
一体いくらのプライスタグが付けられるんだか・・・なんて考える人には買えないのは間違いないな(笑)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

トヨタの「C-HR」が発売

トヨタのコンパクトSUV「C-HR」が今日12/14に発売になった。
ラインアップは1.2Lターボエンジン搭載の4WDとハイブリッドのFFで、それぞれ装備内容によって2グレードずつとなる。
価格は4WDの方が少々安く、基本グレードの「S-T」が251万6400円、上級グレードの「G-T」が277万5600円。
FFのハイブリッドは「S」が264万6000円、「G」が290万5200円。
ハイブリッドが欲しいけど4WDが必要、とかハイブリッドも4WDも不要、という人は選択肢が無く、積雪地域に住む私が見ると中途半端なラインアップに見える。
ライバルとなるホンダの「ヴェゼル」がハイブリッドにもガソリンにもFFと4WDの両方を用意しているのとは大違い。
この単純化したラインアップのせいで販売店側が期待したほどは注文が入っていないとのこと。
販売状況次第だとは思うけど、意外と早くターボのFFかハイブリッドの4WDが追加されるかもね。

それにしてもデザイン優先とはいえ、後方視界の狭そう(実際、視界に関してはトヨタの社内基準ギリギリだったそう)なのは自分で運転する気にはなれないねぇ、、、

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「フェラーリ J50」発表

フェラーリ・ジャパンが1966年に日本へ初進出してから50周年を記念したモデル「フェラーリ J50」を発表した。
488スパイダーをベースにエンジンの出力を690hpまでアップしたほか、ボディや20インチホイールまでも専用設計された限定モデル。
生産台数は僅か10台で価格は3億円近くになるというが、既に完売しているとか。
こういうモデルって、正式に発表する前に一部顧客に先行公開して売るから発表時に完売っていうのはよくある話。
10台程度ならあっというまに売れちゃうんだろうね。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

新車のR32「GT-R」があったって?!

昨日12/11に開催された「ニスモフェスティバル」に神奈川県の中古車店が出品した車が凄い。
なんと走行僅か10Kmで未登録の「スカイラインGT-R(R32)」。
しかも1994年12月に販売を終了する10か月前の同年2月に発売された「VSpecII」の中でも超レアな「N1」!。
一体何台生産されたんだ、このモデル?
製造されて22年が経過しているので、油脂やゴム製品は劣化が進んでいるから全てを交換しないとまともに動かないような・・・
というか、その辺は定期的に整備しているのかな?

中古車検索サイトのcarsensor.netで探してもこのモデルは皆無で、せいぜいベースとなった「VSpevII」があるくらい。
その「VSpecII」の走行1.7万Kmの個体で880万円と新車時価格を350万円も上回るプライスタグが付けられているくらいだから、今回出品された個体にはいったいいくらの値段が付けられるのだろう?
出品者側でも値付けが難しいと言っているが、そりゃぁそうだろうなぁ、、、
過去の記録等を見ると2000万円以上でもおかしくないとか?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

日産が「サニー」の生産を終了すると発表

日産の「サニー」というと古くはトヨタの「カローラ」と「CS戦争」と呼ばれる販売合戦を行った車。
この「サニー」の生産を終了すると発表された。
「あれ?とっくに終わっているのでは?」
と思った人もいるだろうけど、それは正解。
日本での「サニー」の生産と販売は2004年で終了しており、今回は発表されたのはメキシコで1992年から生産されている「サニー(現地名”ツル”)」の生産。
メキシコではこのモデルが24年間の長きに渡って生産されていたが、それも終わるということになった。
一つの時代の終わりなのかなぁ?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

日産の「ノート」が11月の販売台数で首位になった

11月の登録車及び軽自動車の販売台数が発表された。
それによると登録車の販売台数トップはマイナーチェンジ&ハイブリッドグレードを追加した日産の「ノート」。
販売台数は前年同月比144.4%増の15,784台で、これは軽自動車トップのホンダ「N-BOX」の14,813台をも上回っている。
「ノート」がトップに立つのは初めてで、現行に切り替わって以降の最高順位(登録車中)は新型に切り替わった直後の2012/9~2013/3と2013/7-8の3位。
11月に追加したシリーズハイブリッドの「e-Power」が好調で、販売台数の7-8割を占めているそうな。
やはり日本人にとって「ハイブリッド」という単語は魅力的なんだなぁ。

2016年11月販売台数ランキング(※:軽自動車)
順位 メーカー 車名   台数   前年同月比(%)
1  日産   ノート   15,784   244.4
2  ホンダ  N-BOX  14,813   105.5 ※
3  トヨタ   プリウス   13,333   221.4
4  ダイハツ  ムーヴ  13,201   168.7 ※
5  トヨタ   アクア   12,409   81.4
6  トヨタ   シエンタ   11,608   113.7
7  ホンダ   フリード   10,445   362.4
8  ダイハツ  タント  10,279   93.8 ※
9  トヨタ   ヴォクシー   8,878   100.2
10  日産  デイズ  7,705   72.0 ※
11  日産   セレナ   7,293   191.8
12  スズキ  アルト  7,237   95.8 ※
13  ホンダ  N-WGN  6,736   102.1 ※
14  トヨタ   カローラ   6,546   77.5
15  スズキ  ハスラー  6,368   111.7 ※
16  ホンダ   フィット   6,333   86.5
17  スズキ  スペーシア  5,970   105.7 ※
18  スズキ  ワゴンR  5,825   83.6 ※
19  トヨタ   ノア   5,750   122.9
20  トヨタ   ヴェルファイア   5,609   151.8
21  ダイハツ  ミラ  5,241   79.2 ※
22  トヨタ   パッソ   5,164   150.8
23  トヨタ   ヴィッツ   5,145   85.1
24  マツダ   デミオ   5,044   111.1
25  ホンダ   ヴェゼル   4,591   89.5
26  トヨタ   ハリアー   4,461   105.2
27  スズキ   ソリオ   4,449   103.2
28  三菱  eK  4,405   146.2 ※
29  ダイハツ  キャスト  4,368   47.6 ※
30  トヨタ   アルファード   3,856   114.3
31  スバル   インプレッサ   3,552   94.3
32  ホンダ   ステップワゴン   3,347   82.2
33  日産   エクストレイル   3,313   87.2
34  スバル   フォレスター   3,299   143.7
35  トヨタ   クラウン   3,290   66.5
36  トヨタ   エスクァイア   3,191   89.7
37  ダイハツ  ウェイク  2,992   124.6 ※
38  ホンダ   シャトル   2,775   68.9
39  トヨタ   タンク   2,663   (28-11)
40  トヨタ   ルーミー   2,575   (28-11)

出典:一般社団法人 日本自動車販売協会連合会、一般社団法人 全国軽自動車協会連合会

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”500台目”の”ラ・フェラーリ”が落札された

イタリアのスーパーカーメーカー、フェラーリのフラッグシップモデルで499台限定で生産され完売した”ラ・フェラーリ”の追加生産分がオークションに出品され高額で落札された。
この”ラ・フェラーリ”はイタリア中部地震の被災者支援のためにフェラーリ会長の意向により1台だけ追加生産された個体。
通常生産分の499台はあっというまに完売したため、今では金を積んでもなかなか入手できない希少車となっている。
そのため、今回の”500台目”の生産分はコレクターの注目を集めていた。
先日フロリダで開催されたオークションに出品されると価格は吊り上がり、最終的には700万ドル(およそ8億円弱)で落札された。
これは発売当時(2013年)の新車価格である130万ユーロ(およそ1億5,500万円)の5倍以上の価格。
元々の価格も一般人には縁のない金額だけど、さらにその5倍以上なんてどこにそんなお金が眠っているんだろう・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

シガーライターソケットから”車のバッテリーを”充電できるモバイルバッテリー

現代の車は電子化が進み、駐車中でも電力を消費しているので、長期間放置するとバッテリーがあがってしまうこともある。
そうなるとJAFを呼ぶか他の車のバッテリーと自車のバッテリーをブースターケーブルで直結する等しないとエンジンがかからなくなってしまう。
そんな時に簡単にバッテリーを充電できるモバイルバッテリーがamazonで販売されている。
Lumsing カーバッテリー 充電器 12V車用 自動車 バイク バッテリーチャージャー 13500mAh モバイルバッテリー(ブラック)
B01M5DC5JP
このバッテリーは5Vと12Vの出力を持ち、アダプターを介して車のシガーライターソケット(最近は”アクセサリーソケット”と呼ぶらしいが)にプラグを差し込むことで車のバッテリーを充電することが出来るというもの。
説明によれば30分ほどの充電でエンジンをかけることが可能になるらしい(ただし12V車限定)。
そしてエンジンが始動すると反対にモバイルバッテリー側に充電することも可能なので、走行しながら消費した電力を充電しておけば再度バッテリーが上がってもそのまま車載側のバッテリーに充電することが出来る。
というか、そんなにバッテリー上りが起きるようならバッテリー自体が寿命なのかもしれないが。

5Vの出力を持っているので、スマホやタブレットの充電にも使える。
万が一に備えて持っておくのも良いかも。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

F1のロズベルグが突如引退を発表

F1GPにメルセデスチームから参戦していて、今年のチャンピオンとなったニコ・ロズベルグが12/2に突然F1から今季限りでの引退を発表した。
ニコの父親のケケ・ロズベルグも1982年にF1チャンピオンになっているので、グラハム/デーモン・ヒル親子に次いで史上二組目の親子でチャンピオンを獲得したF1パイロットとなった。
来季もメルセデスからの参戦が決まっていたとのことだが、突然の引退発表で驚いている。
ちなみにチャンピオンを獲得した年に引退を発表するのは”プロフェッサー”アラン・プロスト以来とのこと。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。