More from: パソコン

PC-9801で書き込んだFDのデータをPC-AT互換PCで読み込みたい

先日部屋を片付けていたら古いFDが出て来た。
殆どが不要なものなんだけど、中には昔やっていたパソコン通信のログが保存されているのもあった。
当時私が使っていたPCはNECのPC-9801NS/AというノートPCで、FDは当然PC-98フォーマット(2HD/1.2MB)。
久々に当時のログを読んでみたいと思ってFDを読めるPCを用意しようと思い始めた。
今使っているPCはPC-AT互換機でFDは基本的に2HD/1.44MBのものを使うので98フォーマットのは読み込めない。
そもそもFDDを搭載したPCは手元に殆ど無い(汗)。
いや、少し前まではあったんだけど、使うことも無いので結構処分してしまっていた。
自宅のデスクトップにはFDD搭載のものが無いので必然的にノートPCということになるが、最近のノートPCはFDD内蔵ではなくなっているので古い機種で探すしか無い。
そこで処分しようとしていたThinkPad 600XとThinkPad 570を急遽手元に残して試すことにした。
この両機種とも標準状態ではFDDは内蔵では無いが、どちらも光学ドライブをFDDに交換することが可能。
確かウルトラスリムベイ用のFDDがあった筈だったんだけど、ちょっと見当たらなかったので通常の外付けFDDをThinkPad 600Xに付けてみたが2モードFDDだった模様で98フォーマットのFDは読めなかったorz。
一緒に見つけたUSB-FDDはThinkPad 600XにUSBポートが無いので使えない、、、
さて、どうしたものか・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

ThinkPad 600が動いた!

昨日、古いノートPC(の内一部)を処分した。
その際に当初は処分しようと思ったThinkPad 600があったんだけど、とある理由で手元に残した(他にThinkPad 570も)。
昨夜このThinkPad 600が動くかどうかチェックしたところ、161エラーと163エラーが出てしまった。
これは何年もの間ACアダプタを外していて内蔵のボタン電池が劣化(161)してしまい内蔵のタイマーが初期化されてしまった(163)ため。
年月日時分秒を設定し直してみたところ起動する・・・筈だったんだけどシステムFDを入れるように表示されOSが起動してこない。
あれ?と思ったが、処分するつもりだったからデータの入ったHDDを抜いていることを思い出し、一度外したHDDを取り付け直して再度電源を入れたところ無事にインストールしてあるOS(Windows2000Pro)が起動した。
動作に重たさは感じるが当時”最強のThinkPad 600”と言われたThinkPad 600X(2645-5FJ)だけあってそこそこ動きそう。
実用とするにはOSも古いしブラウザも古い(IE6.0)ので使えないけど、まさかこんなにあっさりと動くと思わなかったよ(汗)。
それにしても発売から19年も経っているノートPCが動くなんて当時のPCはコストがかかっていたんだなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

PCを処分

先日の地震で棚が一つ使えなくなったこともあって古いノートPCを処分した。
処分したのはThinkPadが5台(701C、770、770E、765D、A21m(2628))、FMV MC6300、Prius220の計7台。
同時にこれらに使えるACアダプタや以前処分したDELLのノートPC用のACアダプタ、5インチベイ用の光学ドライブ5‐6台なんかも処分してきた。
これで棚が少し空いたので地震後取り敢えず床に置いてあった物を棚に入れることが出来て床が広くなった(汗)。
ホントはまだまだ処分しなくてはならないノートPCがあるんだけど、今日は体調を崩したこともあって7台しか処分出来なかった。
他の古いPCはまた今度だな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

エラーメールが帰って来るまでの時間を訊かれても・・・

ユーザーから「メールを送ったんだけど、もしアドレスが間違っていたら何分でエラーが返って来ますか?」と訊かれた。
そんなの相手サーバー次第なのでなんとも言えないよなぁ、、、
まぁ、今時エラーを返すのに時間がかかるサーバーも少ないんだろうけど、具体的に何分なんて答えられないよ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

また引っ掛かった・・・orz

現場から「メールが送れない」との連絡が来た。
そのメールを読むと
”554 5.7.1 This message has been blocked because it is from a FortiGuard – AntiSpam black IP
address.(connection black ip aaa.bbb.ccc.ddd) (in reply to MAIL FROM command)”
と書いてあったのでFortiGuardのSpamFilterに引っ掛かったようだ。
解除して貰う方法を探して下記のurlから解除要請を出してみたら15分弱で解除された。
https://archives2011-2018.fortinet.co.jp/support/fortiguard_services/antispam.html

それにしてもSpamの発信元でも無いのに何故登録されたんだろう?

←クリックしてくれると嬉しいです。

MOドライブがあるかも?

昨夜の地震で発掘されたMOメディアのデータを取り出したいのでMOドライブを探していた。
そうしたら現場にあるかもしれないということが判明。
現場の責任者に会えたので訊いてみると廃棄はしていない筈ということなので、もしかしたら借り出せるかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

MOドライブ

昨夜の地震でいろんなものが散乱したが、その中に古いMOメディアがあったことは昨夜の記事にも書いた通り。
そのMOの中には懐かしいデータのバックアップがあったりしたので出来れば今のPCのHDDに取り込んでおきたくなった。
メディアとともに内蔵用のMOドライブも出て来たんだけど、なんとインターフェースがSCSI(50Pin)。
SCSIのインタフェースカードも探せば出て来ると思うけど、わざわざPCを開けてカードを増設する手間はかけたくない。
昔はUSB接続のMOドライブを持っていたんだけど使わないからと処分してしまったのが悔やまれる(汗)。
ネットで探すと中古で売られているのが散見出来るが、一度しか使わないのに買うのも勿体ないなぁ、、、
どこかに転がっていなかったかなぁ?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】ロジテック 内蔵型MOドライブ LMO-F636U
価格:4807円(税込、送料別) (2019/2/22時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

いろいろ出てきた(笑)

今回の地震で棚が倒れて中身が散乱してしまった。
揺れそのものが前回の地震よりも強かったように思え、実際に棚の倒れ方は前回以上だったので、ものの散らばり方も今回の方が派手(汗)。
とにかく片付けないと明日の仕事にも行けない状況なので、なんとか床の上のものは片付けた。
倒れた棚は危険なので別の部屋に横倒しにしたまま置くことにした関係で、収納スペースが減ってしまったが入らなかった分は今後なんとかするつもり。
それにしても散らばったものを片付けているといろんなものが出てきた。
古いPCパーツとかが多いんだけど、その中に古いメディアも混じっていた。
数が多いのはFDやCD-Rで、その他にも収納ケースに収められたMOメディアが何十枚かあった。
同時にケース内蔵用のMOドライブ(IDESCSI)も出てきたのでIDEポートを持つSCSIカードをマザーに組み付ければ使えそうなんだけど、中身は古いデータで既に必要も無いだろうからこのまま廃棄処分かな?→一部保管したいデータがあった。
ところが、そのMOメディアの中に未開封新品のが混じっていてちょっとビックリ。
いつ頃買ったものか判らないけど、230MBのメディアが1500円もしていたんだなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

ここまで汚れるとは・・・

先だって現場のプリンタ(Canon LBP-8610)の調子が悪いというので手元に持ってきてもらってチェックした。
不調の内容は内部で紙詰まりを起こすということだったので、テスト印字をしてみると確かにレーザーユニットの下付近に詰まってしまう。
場所や詰まり方からすると定着ユニットにちゃんと入って行かないようなので、原因は定着ユニットにあると思われた。
たまたま手元には廃棄した同型機から外した定着ユニットがあったので交換してみることにした。
先ずは不調機から定着ユニットを外してみてビックリ。
定着ローラーの表面に汚れがこびり着いていたのだ。

この汚れはトナーが定着ローラーの熱で融けて表面に着いた後で冷えて固まったもの。
しかもこちらのローラーは用紙の印刷面とは反対側に当たるので、このローラーにトナーが着くということは一度トナーの定着した用紙(所謂”裏紙”)を使っているということになる。
今まで結構な台数の定着ユニットを見てきているがここまで酷いのはなかなか無いな(汗)。
さらに外した定着ユニットを軽く叩くと内部からさらにトナーの滓が大量に落ちてきた。

ここまで汚れるなんていったいどういう使い方をしていたのやら・・・(汗)。
印刷枚数自体は16万枚程度で少なくは無いけど特別多いというわけでもないから、普段から恒常的に裏紙をメインに使っていたとしか思えない。
結局、このプリンタは定着ユニットの交換では済まず、駆動用ギアの交換も必要になり、そのパーツが手元に無く業者さんに修理を依頼する必要があり、費用が嵩むので買い替えとなった。

←クリックしてくれると嬉しいです。

パワーポイントビュワーのダウンロードが出来なくなっていた(汗)

マイクロソフトオフィスの中に含まれている”パワーポイント”はオフィスパーソナルには含まれていない。
なのでパワーポイントで作られたファイルを開くのにはビュワーを利用していたが、それが2018年の3月一杯で提供が打ち切られていた。
インストールしているPCの中には古い2003以前のファイルフォーマットにしか対応していない古いバージョンしか入っていないものがあり、2010等で作成されたファイルを開くことが出来なくて困っていた。
それでも、インストールファイルの元々のダウンロード元のurl
”http://download.microsoft.com/download/9/2/A/92AEA2B8-CBD9-494D-B60B-F1E6D8EE1771/PowerPointViewer.exe”
で検索すると残っているものがあったので無事にダウンロード出来た。
ところが私が使っているPCには以前ダウンロードした同じインストール用ファイルが残っていたので、わざわざ探す必要も無かったなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。