More from: 車

帰りは空いてた

今日の夕方旭川を出て札幌に帰ってきたが、帰りの道央道は行きとは比べ物にならないくらい順調に車が流れていた。
確かに交通量自体は一昨日に比べると少なかったが、ガラ空きというわけでもなく車が列を作るくらいには走っていた。
それでも追い越し車線まで車がはみ出る必要が無い程度の交通量だったせいか、遅い車を追い越すために追い越し車線を使える状態だったし、追い越し車線をのんびり走る車もいなかったので、順調に流れていたのだと思う。
(中には追い越し車線に後ろから車が来ているにもかかわらず、いきなり車線変更してきたお年寄りの車(紅葉マーク無し)もいた。たぶん前の車しか見てなかったんだろうなぁ、、、、パッシングしたら前の車を追い越してその直前に入っていったが、追い越された車も驚いたんじゃないかな?パッシングした時点で走行車線に戻ってくれよなぁ、、、、、つか、後ろを確認してから車線変更してくれ)
心配だった岩見沢IC付近も全く問題無く通過できたし、見えていた範囲で岩見沢ICから降りた車はいなかった。
ってことは(少なくとも自分の周りには)無料区間だけを通行する車はいなかったってことになるわけだなぁ。
ま、なんにせよ順調に走ってこれたのは良かった良かった。いつもこうなら良いんだけどなぁ(笑)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

これから帰札

今日は富良野方面に遊びに行き、ついさっき旭川に戻ってきて、これから札幌に帰るところ。
今のところ渋滞の情報は入っていないけど、岩見沢付近が混雑しているような気がする。
まぁ、あまり急がずのんびり構えて帰ることにしよう。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

高速道路無料化実験の弊害か?

一昨日(7/17)道央自動車道の札幌ICから旭川鷹栖ICまでを利用するつもりで札幌ICから乗ったけど、直前の交通状況表示に「岩見沢出口渋滞9Km」と出ていた。
岩見沢ICは無料化区間の始/終点なので、ここで高速を降りる車が多いのは2週間前に見ている。
だから岩見沢ICの出口が混むのは判るけど、それで9Kmの渋滞が発生しているのいうのはちょっと異常じゃないか?
三連休の初日ということで普段の週末より車が多いのに加えて、この日は岩見沢ICそばの北海道グリーンランドでロックフェスがあったのも影響していたのかもしれない。
なんにせよ気づいたのが札幌ICの直前のため引き返せないので、そのまま高速に入ったが、江別東IC(岩見沢ICの一つ手前のIC)の手前には臨時の交通状況表示盤(車載式)が出ていて、そこには渋滞の長さが10Kmであることと、通過所要時間が約100分ということが表示されていた。
それまでは追い越し車線は空いているのではないかと期待していたが、さすがにそんな期待は出来ないと考え直して江別東ICで高速を降りることにした。
渋滞の先頭は岩見沢出口とのことなので、再度岩見沢ICから高速に乗ることにしたが、IC手前の国道234号線も何故か渋滞している。
同じことを考える人が多いのだろうな、と思っていたが何故かICの料金所手前は空いていて渋滞が無かった。
料金所に入るすぐ手前がロックフェス会場入り口へ向かう道路との交差点だったので、それが渋滞の原因だったのかも。
で岩見沢ICから再度高速に乗ったが、本線に合流したくても車が多いうえ、追い越し車線によけてくれないので、ちょっとした隙間に無理やり入ったけど、追い越し車線の車も多く、これでは走行車線の車が追い越し車線に移るのは無理だということが判明。
走行車線のペースが遅いので追い越し車線に入ったが、こちらもそれほどペースが速いわけではなく(なんと80~90Km/h程度)、高速道路とは思えない。
時には50km/h程度までペースが落ちることもあり、これでは下道を走っているのとかわらない。
原因は走行車線を走る遅い車(大型トラックやダンプカー)がいたり、追い越し車線を低速で走っている車がいたためと思われるが、2週間前に通った時よりさらにペースが遅い。
滝川ICを越えた辺りで走行車線のペースを落としていたダンプカーを追い越したためかようやく通常のペースになった。
その後も車の量は相変わらず多いものの、なんとか通常のペース(より少々遅いくらい)で旭川鷹栖ICに到着。
料金所では普段では見たことも無いくらい沢山の車が通常のゲートに並んでいた。
無料区間だけを利用する人の中には今まで高速道路を利用したことの無い人や、あっても殆ど利用していなくて高速道路での走り方を知らない人が多いのではないかな?
そういった人たちが追い越し車線を走行車線と勘違いして遅いペースで走っているのではなかろうか?
無料化で料金が下がっているのは助かるけど、所要時間が大幅に増えているので、これなら今までと同じ休日半額で上限1000円のほうが助かるなぁ、と思った。
(物流のことを考えると普通車と軽自動車のみではなく、大型車もなんらかの優遇を受けられるようにする必要があるし、休日に限定するわけにもいかないだろうけど)
多少でも料金を徴収すれば安易に高速道路を利用する人は減るだろうから、今回のような渋滞は発生しなかったと思う。
無料化実験にあたって無料化する区間の選択条件に「渋滞の発生の恐れがないこと」という項目があったが、実際には渋滞を発生させているので今後の高速道路行政に影響があると思うけど、国土交通省ではどう考えているのかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ランエボはXで終わりぃ?

三菱自動車の株主総会で株主からランエボ(ランサー・エヴォリューション)に関して今後どうするつもりなのか?というような質問が出たとか。
単一車種に関する質問が出ること自体珍しいらしいけど、それに対して経営陣が答えた内容というのが、
「(ランエボに関しては)既存ユーザーのサポートやパーツ供給をしっかりやっていきたい。」というような内容だったとか。
つまり、次期ランエボの開発はありませんということ。
まぁ、「エコ」(エコノミー?エコロジー?)が売り物になるこの時代にそぐわない「商品」の開発はしませんということなんだろうな。
10代続いたモデルをなくすのは勿体無いような気もするが、これも時代の流れというものか?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

旭川で見かけた痛車

7/3の土曜日に旭川の大型ショッピングセンターで痛車を見かけた。

痛車01

旭川で見かけた痛車の左側面。


痛車02

こちらは後部。地元(旭川)のナンバーでは無かったので、遠征かな?


描かれていた文字から調べると「ナツユメナギサ」というゲーム(アダルト)の「美浜 羊(みはま ひつじ)」というキャラクタらしい(このゲームをプレイしたことが無いので知らない)。
それにしても最近痛車を見かけることが増えたような気がする。
この翌日も札幌で別の痛車を見かけたが走行中だったので撮影することが出来なかった。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

いやぁ、混んでたなぁ

昨日の午後3時過ぎに旭川を出発して札幌に帰ってきたが、道央道が非常に混んでいた。
旭川鷹栖ICの手前で車が行列になっているのを皮切りに、本線に合流しても走行車線のみならず追い越し車線も車が並んでいて、まるで流れが順調な首都高速6号線のようだった。
普段は高速道路を使わない人たちも無料化になると利用するようで、慣れていないせいか追い越し車線を低速で走る車がいたりして一部で軽い渋滞が発生していた(しかもトンネルの中で)。
#高速道路の右側車線は追い越し車線だということを知らないのかな?
昨日は一部で強い雨が降っていて80Km規制や場所によっては50Km規制がかかっていたので、さらに混雑に輪をかけた状態だった。
幸い事故等は無かったので全体的には順調に流れていたが、それでも規制がかかっていない区間でも一部で速度が70Km程度まで落ちたりした。
それも無料区間の間だけで、有料になる岩見沢-札幌間は多少車の量が多く感じられただけで、いつものように走行することができた。
それにしても岩見沢ICで高速を降りる車の数が今までにはなく多かったのが印象的だった(笑)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

雷の音が凄い

昼過ぎまで晴れて暑かったけれど、少し前から急に黒雲が空を覆い始め、それに伴い雷の音が聞こえてくるようになった。
今も僅かに青空の見えている部分もあるけど、全体的には夕方のような明るさになった。
ちょっと前に雨が落ちてきたけど、まだ本格的には降ってきていない。
もう少し経ったら旭川を出発するつもりだが、気象台のレーダーの画像を見ると、札幌までの帰り道はところどころで強い雨が降っているようなので運転には要注意だな。
高速道路でなにか規制がかからなければ良いけど・・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

やはり車が多かったような、、、、、

少し前に無事に旭川に着いた。
道央道は岩見沢以北の区間が無料になったせいか、いつもより車の数が多かった感じ。
なにせ前後に他の車が見えなくなることが無かった。
平日(週末ではあるが)の夜でこうなのだから、休日はどうなるのだろうか?
無料化実験は始まったばかりだが、交通量は確実に増えているようだ。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

18650だったのか

アメリカのテスラモーターが販売している「テスラロードスター」という電気自動車があるが、日本で紹介される際によく「パソコン用のバッテリーを6000個(実際には6831本)搭載している。」と言われる。
「へー、なるほどパソコン用なら安く買えるもんなぁ」と思っていたが、それが18650だとは思っていなかった。
18650とは直径18mm長さ65mmの円筒形のバッテリーで、ノートパソコンのバッテリーパックの中身はこのバッテリーであることが多い(今この記事を書いているThinkPadのバッテリーパックの中身もそう)。
ただノートパソコンのバッテリーの場合は中に入っているのは6本とか多くても9本位だが、これをテスラロードスターは前述のように6831本も搭載しているので、総容量は約53kWhとノートパソコンの約1000倍となる。
それにしても考えることがいかにもアメリカ的だよなぁ。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ブ、ブレーキが・・・・・(汗)

古平に行く途中の札樽道に入る手前からハンドルのブレが気になりだし、途中の金山PAに寄ってタイヤの状態を見たところ、ボルトの緩みは無かったけど左の前輪ホイールが異常に熱を持っていることに気づいた。
高速の途中では何も出来ないので、小樽ICを出てから運河近くの小樽のディーラーに寄って診て貰った。
そこで判ったのは左前輪のブレーキピストンが錆びか何かでシリンダに固着してしまい、ブレーキペダルを離してもパッドがきちんと戻らずにディスクローターと接触したままになっていて、摩擦熱でローターが歪んでしまっているということ。
歪んだローターがパッドを押すのでその反作用でホイールが振動してハンドルがブレていたらしい。
このままでは危ないので札幌に戻ってから修理を頼んできたが、ディスクローター・ブレーキパッド・ブレーキピストン&シリンダー・シールキットの交換とブレーキフルードの補充及びエア抜きが必要で、5万円弱の出費となる、、、、
痛い出費だけど、このまま放っておくと最悪の場合ブレーキが駄目になってしまって危ないので仕方ないなぁ、、、、、

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。