More from: 車

二ヶ月ぶりの「SUPER GT」

日本国内の自動車レースの中では一番人気とも言える「SUPER GT」のRound 4が今週末(8/6-7)二ヶ月に行なわれる。
今日8/6が予選、明日8/7が決勝でコースはトヨタのホームコース富士スピードウェイ。
1.5Kmにも及び世界的に見ても長いホームストレートでの最高速をなるべく殺さずにコーナー区間でのダウンフォースを高めるセッティングが必要となるコース。
地元となるトヨタの6台が有利とも言われるが、今回の450Kmレースではどのチームが表彰台のてっぺんに登ることが出来るのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

Verstappenが逆転で今季8勝目!

自動車レースのF1GP Round13 Hungarian Grand Prixの決勝が行われ、Oracle Red Bull RacingのMax Verstappenが優勝し今季8勝目をあげた。

先日の予選ではQ3でトラブルに見舞われ10番手からのスタートとなったが、スタート直後のターン1で一気に7番手に上がり、その後一旦8番手に下がるものの、その後に7番手に戻った。
7周目のターン1手前でOconを抜いて6番手に上がり、12周目には前を走るHamiltonに続いてNorrisを抜いて5番手に上がった。
Verstappenはスタート直前に変更したタイヤ戦略(スタートはハードの予定をソフトに変更、その後はミディアム)も見事に当たり、レース途中ではアンダーカットも成功させさらに順位を上げ50周過ぎにトップに立つと2番手以下との差を広げていく。
結局そのままトップでフィニッシュし優勝、チームメイトで11番グリッドからスタートしたSergio Perezもオーバーテイクの難しいこのHungaroringで順位を上げ5位入賞、チームにとって貴重なポイントを獲得し、さらにはドライバーズポイントも2位のLeclercとの差を2ポイント縮めて5ポイント差まで近づいた。
これで前半戦が終わり、各チームは次戦のBelgian Grand Prixまでは一ヶ月近いサマーブレークに入る。
後半戦もRed Bullの2台、及びこのレースではいいところの無かったScuderia AlphaTauriの2台の活躍が楽しみだ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Russellが初P.P.!

自動車レースのF1GP Round13 Hungarian Grand Prixの予選が行われ、MercedesのGeorge Russellがトップタイムを叩きだし自身初のポールポジションを獲得した。

ポイントランキングトップのMax Verstappen()はQ3でテクニカルトラブルに見舞われ10番手に沈み、同僚のSergio PerezはQ2で不利な裁定を受け11番手で終わりQ3には進めずグリッド6列目からのスタートとなった。
今夜の決勝では二人とも順位を上げてくれると期待したいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Verstappenが今季7勝目!

自動車レースのF1GP Round12 French Grand Prixの決勝がフランスのPaul Ricardで行われ、Oracle Red Bull RacingのMax Verstappenが優勝し今季7勝目を挙げた。

ポールポジションからスタートしたFerrariのCharles Leclercはレース序盤をリードしたが、Verstappenがピットインした次の周の18週目のターン11にて単独スピンでコースアウトしタイヤバリアにノーズから突っ込んでマシンを損傷しコースに復帰できずリタイヤとなった。
最大のライバルがいなくなったVerstappenはその後のレースをリードしそのままフィニッシュ。
同僚のSergio Perezはラスト近くまで3位を走っていたが、惜しくも抜かれて4位となり表彰台には届かなかった。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Leclercが今季7度目のポールポジション

自動車レースのF1GoはフランスのPaul RicardでRound 12 French Grand Prixの予選が行われ、FerrariのCharles Leclercが今季7度目のポールポジションを獲得した。

Q2でトップタイムを出した同僚のCarlos SainzはPU交換ペナルティでグリッド降格が決まっているためスリップストリームでの引っ張り役に徹し、Leclercのタイム向上に貢献。
その甲斐あって2番手のMax Verstappen(Oracle Red Bull Racing)に0.3秒以上の差をつけることになった。
2番手はそのVerstappenでフロントローを獲得、3番手は同じRed BullのSergio Perez。
このところ速さが無いと苦労していたScuderia AlphaTauriの角田裕毅はマシンのアップデートが当たってQ3を突破、上位ドライバーのグリッド降格もあって8番グリッドからのスタートとなった。
日本時間今夜22時からの決勝ではもっと上位に入ってくれることを期待したいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

トヨタが16代目「クラウン」を発表!

かつてはトヨタのフラッグシップセダンで「いつかはクラウン」のキャッチコピーで一世を風靡した「クラウン」の16代目モデルが発表された。
これまでほぼ国内専用のモデルだったが、今モデルからはグローバルに販売することになったという。
それに合わせたためかこれまでは主にセダンがメインでモデルによってはハードトップ(2ドア、4ドア)、ステーションワゴン、バン等があったが、今回は一気に4種類のボディとなった。
それぞれ「セダン」「クロスオーバー」「スポーツ」「エステート」と呼称されている(昨年あたりにはSUVだけになるなんて噂もあったけど、セダンは継承されて一安心)。
4つ目の「エステート」は2007年に販売を終了した11代目以来の復活となる。
最初に登場するのは「クロスオーバー」ということになる。
この「クロスオーバー」の緒元を見ると、全長は4,920mと15代目モデル+10mmに抑え、全幅は1,840mmと一気に40mm広くなったが、車高は1,540mmと高くはなったものの国内の低い立体駐車場に入るギリギリのサイズにおさめられており、この辺りは国内ユーザーを重視していると思われる(当然セダンはもっと低い筈)。
全体的にデザインは前衛的になっており、これまでのユーザーが受け入れるかどうかは未知数だが、マーケティングの上手なトヨタのことなのでその辺は抜かりないと思う。
とはいえ、セダンのフロントマスクはもっとおとなしくした方が良かったのでは?と思うな。

今やトヨタの最上位車種では無くなったとはいえ、1955年から67年も受け継がれてきた名前を継承するモデルだけに売れて欲しいと思う。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Verstappenが2位表彰台を獲得

自動車レースのF1GP Round11 Austrian Grand Prixの決勝がRed Bull Ringで行われ、このコースを地元とするOracle Red Bull RacingのMax Verstappenが2位表彰台を獲得した。

前日のスプリント予選ではトップでフィニッシュし、決勝でもポールポジションからのスタートとなったVerstappenだったが、タイヤマネージメントに苦しみ今季のライバルFerrariのCharles Leclercに3度抜かれ最後まで抜き返せず2位でフィニッシュ。
ファステストラップを記録したので19ポイントを確保し、ドライバーズランキングの首位を守っている。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Verstappenがポールポジションを獲得!

自動車レースのF1GP Round11 Austrian Grand Prixのスターティンググリッドを決めるスプリント予選が行われ、Oracle Red Bull RacingのMax Verstappenがトップでフィニッシュし決勝レースのポールポジションを獲得した。
Verstappenは今季のスプリント予選2連勝。
Q2でのトラックリミット違反の判定でQ3でのタイム抹消処分を受け13番グリッドからスタートとなった同チームのSergio Perezはオーバーテイクを繰り返し、最後は5位でフィニッシュしてグリッドを上げることに成功した。

←クリックしてくれると嬉しいです。

自動車レースのF1GP Round11 Austrian Grand Prixの予選がRed Bull Ringで行われ、地元チームであるOracle Red Bull RacingのMax Verstappenがトップタイムを出した。
VerstappenはQ3の最初のアタックでトップタイムを出していて各ドライバーはそのタイムを目標にアタックしていた。
終了間際にFerrariのCharles Leclercが僅かにタイムを更新したが、Verstappenは直後にそのタイムをも上回りトップを奪い返した。
とはいえ、このタイムで決まったのはスプリント予選のポールポジション。
本番レースのスターティンググリッドは日本時間の今夜行われるこのスプリント予選の順位で決定される。

Q3ではMercedesの二人が共にコースオフしてバリアに突っ込みマシンを損傷。
一度タイムを出していたGeorge Russellは5番手を確保したが、Lewis Hamitonはまともなタイムを記録できずQ3最下位の10番手となった。

Q3で4番手タイムを出したOracle Red Bull RacingのSergio PerezはQ2でのトラックリミット違反があり、Q2の該当ラップのタイムが抹消され、その結果Q3への進出自体が無かったことにされQ3のタイムがすべて抹消となりQ2のタイムによって予選順位は13位とされた。
そのためQ3での5番手以下とQ2での10-13番手のドライバーの順位が繰り上げられ、Scuderia AlphaTauriのPierre GaslyがQ3で走行できなかったのに10番手ということになった。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Perezが2位表彰台をゲット!

自動車レースのF1GPはRound 10 British Grand Prixの決勝が行われ、FerrariのCarlos Sainzがキャリア初の優勝を飾った。
2位はOracle Red Bull RacingのSergio Perezが入り、7位に入った同チームのMax Verstappenと共にチームに貴重なポイントをもたらした。

レースはスタート直後から荒れ、ターン1までに複数のアクシデントが発生、Alfa Romeoのマシンが横転し裏返ったままターン1のグラベルに突っ込みタイヤバリアの直前で跳ね上がったが金網のフェンスに当たって辛うじてコース外へ飛び出さずに済んだ。
他にも複数台のマシンがクラッシュしてレースは赤旗中断。
再開後もアクシデントが発生する荒れたレースを制したのは先に書いたようにFerrariのCarlos Sainz。
キャリア151戦目にして初のポールポジションを獲得したSainzは途中同僚のCharles Leclercとのトップ争いも譲らず2位のPerezに4秒弱の差を付けてトップでチェッカーを受け、ポール・トゥ・フィニッシュでキャリア初優勝を飾った。

←クリックしてくれると嬉しいです。