More from: 車

HONDAがF1開幕戦で表彰台をゲット!

2015年からF1に復帰したホンダが開幕戦のオーストラリアGPで3位表彰台をゲットした。

昨日行われた決勝レースでAston Martin Red Bull Racingのマックス・フェルスタッペンが3位でフィニッシュしホンダとしては、F1復帰以来初めての表彰台をゲットした。
今年、ホンダは2チーム4台にパワーユニット(PU)を提供している。
今レースでは前記のようにフェルスタッペンが3位、Red Bull Toro Rosso Hondaのダニール・クビアトが15番手スタートから順位を上げて10位フィニッシュ、Aston Martin Red Bull Racingのピエール・ガスリー11位、F1デビュー戦となったRed Bull Toro Rosso Hondaのアレクサンダー・アルボン14位でフィニッシュとホンダPUを搭載するマシン全てが完走を果たした。
これはF1復帰以来懸案となっていた安定性と信頼性の向上が果たされているということと考えて良いと思われる。
チーム力のあるAston Martin Red Bull Racingと組んだこともあって今年は昨年以上の結果が期待出来るな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ちゃんと点灯していた

今日の午前中に車のストップランプのバルブを交換した。
一人で作業をしたのできちんと点灯するか確認したのは左側だけだったけど、暗くなってから帰宅した際に見たら両方とも点灯していた。
良かった良かった(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ストップランプ交換

先日切れていることが判った車のストップランプを交換した。
交換手順はネットで探すとすぐに出てくるので問題なく交換出来た。
リアランプカバーを固定しているボルトが固いのとカバーそのものを外すにもある程度の力が必要だった程度でそれほど難しいものでは無かった。
ボルトはラチェットレンチで緩めた後で電動ドライバーで抜き、カバーを外すのは隙間に指を入れて”エイッ”とばかりに力を入れて外した。
後はバルブをユニットから外して新しいものと交換し、外した時と反対の手順で組み付けて終了、意外と簡単だった。
今回は右のバルブが切れていたんだけど、念のため左もチェックすると右と同じくらい黒ずんでいたので予防的に交換し、外した左側の電球は緊急時の予備とした。

切れたバルブをよく見ると、中に黒いかすのようなものがあって、これは昇華したフィラメントが凝固したものではないかと。

切れたバルブ


反対側から見たフィラメント部のアップ。


とにかくこれで安心して乗ることが出来るよ(汗)。
今回交換したバルブはこれ。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

電球を買った

ウチの車のストップランプが片方切れていたので昨日買ってきた。
交換はディーラーかショップでやってもらったところだろうけど、ネットで調べると意外と簡単そうなので自分でやってみようと思っている。
昨日の帰宅時は車の周囲が既に暗かったので交換はまた今度ということにした。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

二月も「N-BOX」がトップ

軽自動車の二月の販売台数が発表され、ホンダの「N-BOX」が20,391台で(登録車も含めて)トップだった。
これで2017年9月から18カ月連続でトップということになった。
今年は秋にライバルのダイハツ「タント」、春には日産/三菱の「デイズ/ek」、さらには年末にダイハツの「ムーヴ」等のモデルチェンジが予想されるので単月の販売台数のトップはそれらの新型車に譲ることもあるかもしれないが、年間トータルでのトップは固いと思うな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ホンダが「VEZEL」に1.5Lターボエンジンを搭載

ホンダが同社のSUV「VEZEL」に1.5Lターボエンジン搭載モデルを設定し発売した。
コンパクトSUVとして発売当初から同クラスで販売台数トップを走っていた「VEZEL」だが、トヨタの「C-HR」の発売後は後塵を浴びており、そのテコ入れの意味合いもあるのだろうか。
今回搭載されたターボエンジンは以前から開発されていて同社の中では「CIVIC」等に搭載されているのと基本的に同じもの。
最高出力は127kW(172PS)で2Lクラス以上の実力があり、これまでパワー不足を感じていたユーザーにパワー感を訴えることが出来る。
ただ残念なのは今回追加されたのはFFモデルのみで積雪地で需要の多い4WDの設定は無い。
ライバルの「C-HR」のターボモデルは4WDなので、このことが販売にどの程度の影響を及ぼすのかちょっと気になるところだな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

FMトランスミッターの調子が悪いorz

土曜日に帯広に行く際に車内でiPod touchで音楽を聴こうとしたら一曲目の途中でいきなり聴こえなくなった。
私はシガーソケットに挿すタイプのBlutooth接続のFMトランスミッターでナビのFMチューナーに飛ばして聴いているので、そのトランスミッターが不調になったようだ。
トランスミッターを再起動するとまた聴けるようになるんだけど、やはり一曲目の途中で途切れてしまう。
充電用のUSBポートが2ポート(内1ポートは2.1A出力)有って便利だったんだけど買い替えが必要かなぁ?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

悲惨な事故が・・・

埼玉県で女性が3台の車にはねられて無くなるという悲惨な事故があったらしい。
報道によると1/14深夜に30代から70代と思われる女性が走行中の自動車3台に相次いではねられて死亡したのと事。
年代がはっきりしないのはそれだけ遺体の損壊が激しかったからだと思われ、私は”はねられ”ではなく”轢かれ”たのではないかと思っている。
警察は1台目の自動車を運転していた加害者の通報で現場に行き、その場にいた1台目と3台目の運転者、及び一度立ち去ったが戻ってきた2台目の運転者を逮捕。
1台目の運転者は被害者は路上に横たわっていたと話しているとのことだが、当事者以外の目撃者がいなければ証明は難しいだろう。
こんな時はドライブレコーダーがあれば状況をはっきりさせやすい。
運転者自身を守るためにも今後は装着を義務化すれば良いのにな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「N BOX」が新記録を達成!

ホンダの軽自動車「N BOX」が2018年の1年間で241,870台を販売した。
これは2017年の218,478台をおよそ10%ほど上回り、過去最高だった2013年の234,994台をも上回る「N BOX」史上最多の販売台数となる。
また、年間で20万台を超えたのは「N BOX」だけで、2位のスズキ「スペーシア」152,104台を大きく上回って4年連続軽自動車販売台数トップ。
登録車を含めても2年連続でのトップとなった。
さらに2018年は全ての月で販売台数トップとなる快挙を達成している。
新型の「N VAN」(商用車)が出たので多少はそっちに喰われるかと思ったけどあまり影響は無かったようだな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。