More from: 映画

早速出してるんだなー

先日から劇場公開されている映画「機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島」に登場するドアンが盗み出したザクがプレミアムバンダイから発売になっている。
GUNDAM FIX FIGURATION METAL COMPOSITE MS-06F ドアン専用ザク【ククルス・ドアンの島】
まぁ、映画公開の目的の一つがガンプラの広告だからねぇ(笑)。

観に行きたいけど、ちょっと無理かな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

「シン・ウルトラマン」はちょっと楽しみだ

コロナ禍で公開が延期されていた特撮映画「シン・ウルトラマン」の公開は5/13の予定。
タイトルに”シン・”とあるように「シン・ゴジラ」の庵野秀明さんが企画し脚本も手掛けている。
”ウルトラマン”で庵野さんと言えば「帰ってきたウルトラマン」(ダイコン版)を思い出すが、脚本と撮り方が良ければ素人のわざとらしい演技でも十分面白く出来るという良い見本だった。
今回も是非ご本人にウルトラマンを演じて欲しいが、さすがにそれは無いよなぁ(笑)。
だとしても庵野さんのことだからかなり拘って作っているに違いないので楽しみだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

未チェックだったorz

昨年からのコロナ禍で映画を見に行くことも無く、結局昨年は一度も劇場に足を運ぶことが無かった。
ということを思い出してふと気付いたんだけど、「宇宙戦艦ヤマト」シリーズの新作が劇場で公開されるのでは無かったかな?と思ってチェックすると、「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 後章-STASHA-」がこの2/4から公開予定になっていた。
・・・あれ?タイトルに”後章”って入っているなぁ(汗)。
もしかして・・・・・・・・・orz
前半部分の「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち 前章 -TAKE OFF-」は既に昨年の10月に劇場公開済みでBD/DVDが発売になっていた。

劇場の大スクリーンで観られなかったのは残念だけど、BDで観ようか・・・

後半部分は劇場で観たいと思うけど、封切り日が「まん延防止等重点措置」の期間中になるので、少し後に観に行くことにしようかな?
こちらも3月にはBD/DVDが発売予定なので、こっちもオーダーしておこうか。

←クリックしてくれると嬉しいです。

面白そうな本だ

天文系のサイトで書評が公開されていた本に「物理学者、SF映画にハマる」という本があった。
書評を読んでみると結構面白そうで、SF映画として有名どころからちょっとマイナーな作品まであって、その選び方も面白い。
電子版があるから読んでみるかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

「風立ちぬ」だった!

今日の金曜ロードショーは「風立ちぬ」だった!
昨日聞いて録画しようと思っていたんだけど、昨日の帰宅後も今日もすっかり忘れていて気付いたら始まってから40分以上も経っていた・・・orz。
まぁ、録画しても見る時間を取れるかどうかわからないけど、録画しておけばいつでも見れるんだよなぁ・・・(だからなかなか見なくてHDDの肥やしになりやすいんだけど)。
そういやSWの最終エピソードとなるEPISODE9もまだ見ていないなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

”プリヤ”ピックアップとは(笑)

スマートフォンゲームの「Fate/Grand Order」では今日のメンテナンス後から新しいピックアップ召喚が始まっていた。
これは”プリヤ”こと「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」の劇場版「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ Licht 名前の無い少女」が今日8/27から公開されたのを記念して行われるもの。
ピックアップ対象は同作品の主要キャラである「イリヤスフィール・フォン・アインツベルン」(以降イリヤ)「美遊・エーデルフェルト」及び「イリヤスフィール・フォン・アインツベルン(水着)」の4騎で以前のイベントで配布の「クロエ・フォン・アインツベルン」は対象外。
星5のイリヤは毎日ピックアップ対象で、その他星4のサーヴァントは日替わり。
星5のイリヤ以外は持っているんだけど、反対に言うと星5のイリヤは持っていないので引き当てたいところ。
だけど、間もなく始まると思われる水着イベントのピックアップ召喚用に石は貯めておきたいんだよなぁ(汗)。
うーん、迷いどころだ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

久しぶりに観たくなった

コメディ映画は好きで昔は劇場まで観に行ったりしていた。
そんな中で思い出したのが「スペースボール(Space Ball)」というパロディ映画で、1987年公開のSTAR WARSシリーズをメインにパロった映画。
監督はメル・ブルックスで、当時茨城県日立市に住んでいた私は多賀にあった劇場(大学通り沿いに2軒あった”多賀日映”か”多賀国際”のどちらかで、現在は建物自体が無くなった模様・・・と思って調べたら国際の方は壁だけ残っていて中が駐車場になっているみたい)まで観に行った覚えがある。
ブルックスの作品は他にも観たことがあって、記憶に残っているのが下の「メル・ブルックス 珍説世界史 PART I 」で、こちらを久しぶりに観たくなった。
PART II が何時公開されるのか楽しみに待っていたなぁ(笑)。
子供に見せても元ネタを知らないから笑えないだろうなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

「翔んで埼玉」続編決定?!

TVをつけてなにげなく見ていたら、注目されたニュースランキングというのがあって、その中で「翔んで埼玉」続編制作決定!」というのがあってビックリした。
あの”ディスリ映画”の続編か・・・原作も未完なのにどうするんだ?
というように不安しかないよ・・・(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

翔んで埼玉 通常版【Blu-ray】 [ 二階堂ふみ ]
価格:4287円(税込、送料無料) (2021/8/16時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

「鬼滅」が400億目前!

ヒットアニメの劇場公開版「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」が今でも興行収入を伸ばしている。
今日17日に発表された先週末までの興行収入は399億7千万円を突破し、前週から約7千万円の上積みをしている。
既に国内での興行収入ランキングは歴代トップになっており、さらに記録を伸ばしている。
この調子で行けば史上初の400億円突破は確実かと。
今秋放映開始予定のTV版2期目も数字を獲るのは間違いなさそうだね。

それにしてもこのコロナ禍の中で、しかもBD/DVDも発売になっていて自宅でも観られるのにも拘わらず劇場に足を運ぶ人が結構いるのね・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

「まどマギ」新作映画の制作が発表された

アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」のTV放映が開始されたのは今から10年前の2011年1月。
その10周年を記念したイベントがオンラインで行われ、新作劇場版「劇場版魔法少女まどか☆マギカ〈ワルプルギスの廻天〉」の制作が発表された。
細かい内容等は未発表だが、2013年に劇場公開され深夜アニメ発の劇場版としては初めて興行収入20億円を突破した「魔法少女まどか☆マギカ[新編] 叛逆の物語」の正当な続編となるという。
ということは、舞台は魔女ならぬ魔獣が出没するようになった世界で、まどかが初めから存在しないということに???
んなわけは無いだろうし、そもそもキャストにもしっかり”鹿目まどか 悠木碧”の名がある(汗)。
他にも”マミられた”(”パックンされた”)マミさんや魔女になってしまった助六さやかの名前もある。
さらには劇場版で新登場したあすみん百江なぎさの名前もあるので、舞台が変わってしまったとも思えない。
主だったスタッフは同じなのでどんな作品になるのか楽しみだ。

←クリックしてくれると嬉しいです。