More from: パソコン

大型プリンタ

昨日書いたICカードを使うプリンタ。
中身は巨大なヘッドを持つインクジェットプリンタ。
ヘッドがどれだけ大きいかと言えばなんとA3サイズの用紙も1パスで印刷できるほどの大きさのヘッドだとのこと。
A4用紙片面であれば毎分120枚の印刷が可能ということになっている。
実際に見ていると本当に早い!その分動作音もそれなりに大きく、近くにいると会話をするにも支障が出るくらい煩い。
オプションのスキャナユニットを取り付けてあるので、コピー機のような使い方も出来る(というか現状はコピー機として使っている)。
今までのコピー機だと1枚あたりの料金が高いので遠慮していていた人たちがここぞとばかりに大量にコピーをするので、僅か二日で黒のインクが切れてしまった(容量は1Lもあるのに!)。
まぁ約17,000枚も印刷すれば無理も無いかぁ・・・・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ICカード

理想科学工業の大型プリンタを導入した。
多人数で使うことが前提の機種なので、使用者を限定したりすることが出来る。
使用するにはプリンタ本体へのユーザー登録が必要で、ICカードやお財布携帯での認証が必要となる。
ICカードはメーカー純正品の他、FeliCaに対応しているカードなら使用できるらしく、試したところSAPICA(札幌市交通局のICカード)や、WAONカードも使えた。
#SAPICAがOKならKITACA(JR北海道のICカード)やSUICAも使えると思う。
他にもマンションのカードキー(のブランクキー)とか、変わったところではtaspoも使用可能だった。
要はICカードの個別の情報が読み取れればOKみたい。
携帯電話もアプリのダウンロード等は不要で、翳すだけで認証が可能だった。
メーカー純正のカードが¥3,000もするのに比べれば、ブランクのカードキーが原価¥1,600程、SAPICAのデポジット料金が¥500、WAONカードなら¥300、taspoに至っては無料(!)なので、喫煙者ならtaspoを使うのが一番安く済む。
共通規格ってのはこんな時に便利なんだなぁ、と思ってしまった。
そうそう、このプリンタのOSはLinuxだそうで、電源投入時にGRUBのカーネル選択画面やLinuxの起動画面が一瞬表示される。
LinuxはDebianGNULinuxらしい。
コントローラーのスペックだけ見るとまるでPC(笑)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

電子メールのsubject

仕事で出している電子メールのsubject(件名)が「ヾ(=^▽^=)ノ」だけってどういうこと?
用件が全く判らない件名で、どうみてもふざけてるとしか思えない。
もちろんFromフィールド(差出人)には社名も担当者名も入っていないで、部署名と思われる単語のみ。
読む人のことなんかちっとも考えていないのが見え見え。
こんなメールを出す(担当者がいる)会社とは付き合いたくないから受信を拒否したいところだけど、そうもいかないんだよねー。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Googleストリートヴューが

Googleストリートヴューの範囲が広くなった。
北海道も札幌と函館だけでなく、旭川市内から富良野までとか、愛別までの国道39号線沿いとかが増えている。
美瑛の市街地も写っているので、有名な土井商店を見ることもできる。
国道12号線沿いの砂川から旭川までの間や滝川から富良野までの38号線沿いも追加されている。
沖縄も那覇市近辺や名護あたりが追加されていて楽しい。
どういう基準で追加するエリアを選んでいるんだろうね?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

犬付き?

某オークションサイトでThinkPadを探していたら、
「ThinkPad X24(2662-F5J)■P3-1.06GHz/256/20G/ドッグ付き 」
ってのがあった。
ふむふむX24か、スペック的に古いけど使えないことは無さそうだし、良いんじゃない?
”ドッグ付き”とな、ウルトラベースX2付きかぁ、、、、ん?「ドッグ」付き?!
ええー!!犬付きかよーっ!!!まぁ犬憑きじゃないだけましかー    って、そんなわけあるかい!
たぶん「ドック」のことを「ドッグ」と書いたんだろうなぁ。
そもそもウルトラベースX2はThinkPadX2xシリーズ用のドッキングステーションだから、「ドック」と書くのが正解に近い(本来はきちんとウルトラベースX2と書くべきでしょう。)。

タイプミスでは無いだろうねぇ。ローマ字入力ならdokkuとdogguでkとgは間に2つのキーがあるし、かな入力ならわざわざ濁点を付けなくてはならないから、最初から「ドッグ」と書きたかったんだろう。
英語で書けば”dock”と”dog”だから完全に違う言葉なんだよねー。これくらいちょっと考えれば解りそうだけどなぁ。
しかも出品者はオンラインだけで営業しているショップだって。
こんなショップは信用できないなぁ・・・・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

放電で直った?

仕事で使っているノートPC(NEC Lavie PC-LN500/SG6W)が起動しなくなったということで、九州から送り返してもらった。
受け取って試してみると確かにWindows(VISTA HP)が起動せず、途中でブルースクリーンで止まってしまう。
何度試しても同じなので、こりゃリカバリするしか無いと思ったが、駄目元でメーカーのサポートに問い合わせてみた。
電話がつながるまで20分程かかったがフリーダイヤルなので、料金を気にせずに待っていられた。
ま、実際にはモニタスピーカに切り替えて他の事をしていたんだけど。
で、いざオペレータにつながり症状を説明すると、「パソコンの放電は試されましたか?」と訊かれた。
はぁ?放電?と思い何故そんなことが必要なのか意味が分からずに訪ねて見ると、「PC内に静電気が溜まって起動しなくなることがあります」とのこと。
#マニュアルにも放電のことは載っているが本気にしていなかった(爆)。
半信半疑(というか殆ど疑っていた)でPC本体からバッテリとACアダプタを外して、再度取り付けてから電源SWを押すと、先ほどまでと違う挙動を示すではないか!。
そのまま待っているとWindowsVISTAの修復ウィザードが起動し、復元ポイントからの復元を促してくる。
そのまま画面の表示に従って手順を進めたところ、無事にWindowsが起動した。

それにしても何故こんなことが起きるんだろう?
ブルースクリーンに出たメッセージはWindowsの起動に必要なファイルが無いか壊れているとのことなので、HDDからそのファイルの読み出しが出来なかったのであろうと思われる。
ということは溜まった静電気のせいでHDDからの読み出しが邪魔されていたのだろうか?
HDDとマザーを接続するケーブルないしは基板上のパターンにノイズが混入していたのであろうか?
つまりシールドの不良もしくは不足なのか?
使用している人に訊くと結構頻繁に発生するらしいので、基本的な設計に何か欠陥があるのかもしれない。
ただ、同じPCが4台ほどあるがこの現象が出るのは(今のところ)1台だけなので、個体差があるのかも?
どちらにしても今後は要注意だな<NEC製PC

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

LANカード

昨日の帰りにPCIeのLANカード(Gb対応)を買って取り付けてみた。
買ったのはセンチュリーの「CIF-GBE [PCI-Express x1接続 ギガビットイーサネットホストインターフェイスカード ロープロファイル対応 ポートを増やしタイ]」という製品。
ヨドバシカメラで一番安かったのが選んだ理由。
ドライバの設定でジャンボフレームを使えるようにしたせいもあるのだろうけど、2台のPC間でファイルの転送をしてみたら、大体500Mb/Secくらいのスピードが出た。
こうなると殆どローカルのHDDにアクセスしている感じ。
ちなみにジャンボフレームの設定は「デバイスマネージャ」からネットワークアダプタのプロパティを開いて、「詳細設定」のタブの中の設定項目中に「Jumbo flame」ってのがあるから、それを選んで右側のBOXでMTUの数値を選べばOK。
ちなみに今回は選べる中での最大値(約9K)に設定した。

でも500Mb/SecってことはPCIでも良かったのかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

せっかく・・・・

自宅のハブを1000BASE-T対応にしたのに、メインで使っているPCの内1台のオンボードNICが10BASE-T/100BASE-TXだったorz。
最初100Mでしかリンクアップしないのは、LANケーブルがCAT5のものだからかなぁ?と思って手元にあったCAT6のに交換したけど、やっぱり100Mでしかつながらない。
マザーがPC CHIPSのA15GというAM2+対応のもので、新しいから当然NICはギガビット対応だと思っていたが、スペックを見ると10BASE-T/100BASE-TXということが判明。
安いマザーだったけど、こんなところでコストを削減していたのね・・・・・
こりゃぁ1000BASE-T対応のNICを買って付けるしかないかぁ。
今日の帰りにでも買っていくか、、、、、
PCIとPCI Expressとどっちにしようか?帯域を考えると少々高くてもPCI Expressかなぁ?
PCIだと133MB/Sec=1066Mb/Sec、PCI Expressなら1レーンで250MB/Sec=2Gb/Secなので、PCIで実効80%とすると帯域が足りないし、他のPCIデバイスがあればそちらにも帯域を食われるので、やはりPCI Express x1のボードにするかぁ。
もう1台のNICは1G対応だったので、こちらはCAT6のLANケーブルに交換したら1Gでリンクした。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

mailの差出人

仕事柄いろんなところから来る電子メールを見ることがあるが、メーラの設定がいい加減なものも結構見かける。
仕事でmailを使うのにFromの欄に社名も担当者名も入れずに、部署名だけというものや、逆に担当者の苗字だけというもの等がある。
お互い顔が見える自社内でやりとりするmailならそれでも良いかもしれないが、他社に出すmailでは不適切。これなら日本語で設定しないほうがまだマシ。
subjectも内容を全く表していないもの(単に「お世話になります」だけとか「○○のXXです」とか(自分の名前とかはFrom欄に書け!)とかね)や、空欄とかひどいのになると顔文字だけ(!)ってのもある。
ここまでくると差出人の頭の中身を疑ってしまうね。自分が出したmailを見る人のことなんか全く考慮していないんだろうね。
内容も単にテキストで書けば済むのに、html形式でベタベタと絵や写真を貼り付けていたり、文字の色を変えていたりして見難いこと甚だしい。
おかげでRBLに登録されてしまって常にSPAM扱いになってる(ま、ある意味SPAMだけどね)。
添付ファイルも意味も無く巨大なEXCELファイルだったり、ひどいのになると自分のPC内のファイルへのショートカットだったり(笑)。
巨大と言えば1通20M超のmailを100箇所以上へ同報送信するのってどういう神経してるんだ?
しかもToフィールドに宛先全てを記述しているから、どこに送っているかが丸見え・・・・・Bcc使えよなぁ、、、

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。