レノボが「ThinkPad X260」を発表・・・

レノボ・ジャパンが12.5型のノートPC「ThinkPad X260」を発表した。
CPUに第六世代Core iシリーズ(Slylake)を採用し、メモリはDDR4最大16GB。
直販モデルの場合、ストレージは500GB/1TBのHDDかPCIe接続(PCIe-NVMe)もしくはSATA接続のSSDの選択式(販売代理店モデルは500GBのHDDもしくはSATA接続の192GBのSSD)。
ディスプレイは12.5型のHD(1366×768)が標準だが、直販モデルのみフルHD(1920×1080)の解像度も選べる(ベースになるモデルによって異なる。代理店モデルの場合でもカスタマイズで可能かも?)。
スペックは立派なんだけど、どんどんThinkPadらしさが失われていくようで、最近の製品には魅力を感じないなぁ、、、
特にキーボードは以前のほうが良かったと思うし、スライドパッドは要らないなぁ(今使っているR61やR500では無効化している)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す