More from: パソコン

ThinkPad R500の液晶を交換した

WUXGAの液晶パネルにライン抜けが目立ってきたので使われなくなったThinkPad R500(以降R500と表記)の液晶を交換した。
交換はパネル単体ではなく、余っていたWSXGA+の液晶ユニットごと行った。
久しぶり(3年ぶりくらい?)にR500の液晶ユニットを交換したので手順を忘れていた(汗)。
そこは以前ダウンロードしておいた保守マニュアルを参照しての作業となったが、作業自体は30分ほどで終了し無事にライン抜けの無いR500が出来上がった。
この記事もそのR500で書いているんだけど、さすがに古い機種だけに動作に重さを感じるなぁ(汗)。
それでも自宅で一番使う機会の多いThinkPad Edge E530よりキーボードのタッチは良いねぇ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ThinkPad R500の液晶を交換しようかな?

先だってThinkPad T60を引っ張り出した際にバッテリー不良だったので互換性のあるR61とR500も引っ張り出した。
両方ともOSはWindows7のままで使えないことは無いんだけどWindows10にアップグレードするにはスペックが少々不足している。
特にR61は公称の最大メモリ容量が4GB(2GBx2)で、これではWindows10はかなり厳しいと言わざるを得ない。
一応8GB(4GBx2)までは搭載できるようだけどDDR2のDIMMなので4GBのモジュールがなかなか無く、見つけたのも結構なお値段。

さすがに古いノートにここまでお金を出す気にもなれないのでR61は現状のままにするか、少ないメモリでも軽快に動く「SPARKY Linux」を入れるかのどちらかにしたい。
一方のR500はメモリがDDR3で8GBを搭載しているのでWindows10へのアップグレードも可能だが、こちらは液晶パネルの縦線に抜けが出てきているのでそのままでは見難くて使い難い。
そこで液晶パネル交換を検討し始めた。
元々R500にはWXGA(1280×800)のパネルが入っていたところにWSXGA+(1680×1050)の上半身を落札して交換、その後他メーカーのノートのジャンク品から取り出したWUXGA(1920×1200)のパネルに交換(液晶ケーブルも対応品に交換)していたことを覚えていた。
そこでWUXGAのパネルの入っていた機種が判ればまた探せるかな?と思って当ブログの記事を漁ると件のノートは「DELL Precision M70」だったことが判明。
さらにWSXGA+の上半身が余っていることも判ったので自宅のジャンク棚を探したらすぐに見つかった(汗)ので、その内に交換してR500を復活させようかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

ThinkPad T60に「SPARKY Linux」をインストールした

昨日記事にしたThinkPad T60に「SPARKY Linux」をインストールした。
バッテリーを外したらフリーズすることが無くなったので安心してインストールしたところ、やはり低スペックのためかインストールには結構な時間がかかってしまったが無事にインストールが終了。
今回はインストール時に無線LANの設定を済ませておいたので、インストール後の最初の再起動にそのまま追加の言語パッケージ等のインストールを実行できたので楽だった。
言語パッケージ等の追加インストールにも結構な時間はかかったもののエラーも無く無事に終了。
早速追加されたFirefoxを起動してsyncの設定をしてブラウジングをしてみると結構快適。
コンソールからtopコマンドで使用メモリ量を見るとやはり数百MBと少なく、実装2GBでも問題無いことが判った。
バッテリーが駄目になっているのでACアダプタは欠かせないが、FRU No.は異なるが互換性のあるThinkPad R61のバッテリーを付けてみると問題無く動作したので、しばらくはこのまま使えそうだ。
となるとR61のバッテリーをどうするか?ってことになるが、WUXGAの液晶にライン抜けが出てきて使っていないR500も互換性があるから、こちらから移植しようかな?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IBM/FRU 92P1141 40Y6799 互換 バッテリー
価格:3278円(税込、送料別) (2020/6/29時点)

しばらく見ない内にT60用の互換バッテリーも随分と値段が下がっているなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

ThinkPad T60を引っ張り出した・・・が?

9年前に中古(ジャンク?)で購入し、いろいろと改造というかパーツ交換を経てWindows7Proを入れて使っていたが、段々と動作が重くなって使わなくなっていたThinkPad T60(1954-G2J)を久々に引っ張り出した。
今となっては低スペック(CPU:Core2Duo T5600、メモリ2GB:最大3GB)なのでWindows10へのアップグレードは端から考えていなかったが、最近知った動作の軽いLinuxディストリビューション「SPARKY Linux」を入れればまだまだ使えるのでは?と考えた。
そこで久々に引っ張り出して起動してみたところ、トラックポイントを動かすと動作が止まってしまうようになってしまった。
HDDに入っていたOSでも止まるし、「SPARKY Linux」インストール用CDから起動した「SPARKY Linux」でも同じなのでソフトウェアが原因とは思えない。
最初はメモリの不良も疑ったが、2枚入っているメモリを交互に抜いても変わらないので、本体(=システムボード系)の問題では無いかと思っている。
うーん、動けばSXGA+(1400*1050)の解像度の画面で「SPARKY Linux」を使えるようになると思ったんだけどなぁ、、、(汗)。

この記事を書いた後で「ThinkPad T60 トラックポイント 動作が止まる」で調べてみるとバッテリーが消耗しきって使用不可になっているとフリーズするということがあることが判った。
私のT60のバッテリーも使用不可なので試しに取り外してみるとトラックポイントを動かしてもフリーズしなくなったのでインストールを始めた。

←クリックしてくれると嬉しいです。

”パソリ”が使えた

随分前に貰ったSONYの非接触ICカードリーダー(パソリ)があったので、今更ながら使えるかどうか試してみた。
今回試したのは「RC-S310/ED4C」というモデル。
先ずはそのままWindows10のPCのUSBポートに繋いでみると、OSがドライバのインストールを始めたが結局”不明なデバイス”扱いで使えない。
ならばとドライバを探したら今でもメーカーサイトからダウンロード可能だったのでそれをダウンロードしてインストール。
そうしたら正しく認識され、これまたダウンロードした対応アプリ「SFCard Viewer2」(Version 2.6.3)をインストールして起動して”はやかけん”を読ませてみると使用履歴(20件)が表示された。
”これなら使えるな”と思ったが、この機種は先日交付を受けたマイナンバーカードを使ってのe-Taxには非対応となっている。
年に一度とは言え、税務署がちょっと遠いのでPCから確定申告が出来たら便利だと思っていたんだけどねぇ(汗)。
かと言ってそのためにわざわざ新しいのを買うのもどうかなぁ?

←クリックしてくれると嬉しいです。

やっぱり動作が軽いなー

古いノートPC(SONYのVG-92S)に入れたSPARKY Linuxは本当に動作が軽い。
今朝もブラウザ(Firefox)でブログの記事を書いたんだけど、今使っているThinkPad Edge E530と変わらない使用感。
CPUは2コアとは言え古いCore2Duoなのにこの軽快さは驚異的。
コンソールを起ち上げてtopコマンドでメモリ使用量を見てもFirefox使用時で700MBちょっとで、バッファ等を除いた空きメモリが1.6GBほど(総容量3GB)。
Firefoxを終了させると使用量が400MB弱に減った。
当然のことながらスワップも起こさないので意図しないHDDアクセスは皆無なのでほぼ全てがオンメモリで動作していることになる。
これなら搭載メモリ量が1GB程度でubuntuで動作が重い古いノートでも使えるように出来るんじゃ無いかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

日本語入力ができるようになった

昨夜インストールしたSPARKY Linuxで日本語入力が出来るようになった。
インストール後の初回起動で不足している言語のインストールをした直後は出来なかったんだけど、一度電源を切っておき先程起動し直したところ日本語入力が可能になっていた。
インストール後にキーアサインを変更してVJE-β風にしたのも有効になっている。
言語パッケージを入れた後は一度ログアウトしないとならないらしい(汗)。

今もそのPCでこの記事を書いているんだけど、ロースペックなのに結構快適に入力できている。
評判通り軽量なディストリビューションだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

”SparkyLinux”を入れてみた

FerenOSを入れたは良いものの動作が重くて使い難かったSONYの「VGN-SZ92PS」に今度は”SparkyLinux”を入れてみた。
公式サイトからisoイメージファイルをダウンロードしてDVDに焼いてインストールした。
インストール自体は全く問題なく完了したが、無線LANの接続設定に戸惑った。
インストール作業中に接続する手順が無く、再起動後も特段設定するように促されることも無く、ただ”ネットワークに接続していません”と言われるだけ。
もしかして無線LANアダプターが認識されていないのか?と思ってコンソールから
#/usr/sbin/ifconfig
と入力するとwlanのインターフェースがあったのでハードウェア的には認識しているのは確認できた。
そこでMenuから設定画面を探しても良く判らず、結局タスクバー右側にいくつかあるアイコンをチェックしてみてようやく見つけた(汗)。
そこでアクセスポイントを選択して接続キーを入れたらすんなり接続されたので、現在初回のアップデート中。
まだアプリケーションは全然使っていないけど、動作はとても軽い感じがしてこれならFerenOSよりは使えそうな感じがする。
後は日本語環境を整えてブラウザ(Firefox)を起動してみてからだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

SparkyLinuxを試したくなってきた

五月にSONYの「VGN-SZ92PS」に”Feren OS”をインストールしてみたが、低スペック(Core2Duo T5600、メモリ3GB)なのでメモリ2GBの「VPCYB29KJ/G」よりも動作が重たい。
しかもディスプレイドライバが適切でないためなのかウィンドウの書き換えで残像が残ってしまい見難いことこの上ない。
そこで別のディストリビューションに入れ替えようかと思っていたところ、Debianベースの”SparkyLinux”というかなり軽いディストリビューションを見つけた。
今度はこれを試してみようかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

2004の予告が来ていた

自宅のPCの内2台のWindows10に最新のアップデート配信の予告が表示された。
昨夜、ThinkPad X201sの指紋認証周りを設定したついでにアップデートをしていたら、”更新とセキュリティ”の項目中に”Windows 10 Version 2004 の機能更新プログラム”と言うのが表示された。
やっと来たかー、と思って読むと、
————————————————————

まもなく、Windows 10 May 2020 Update がリリースされます。 この更新プログラムは互換性のあるデバイス用に提供されますが、お使いのデバイスでは、まだ準備が完了していません。 お使いのデバイスで準備が整うと、このページに更新プログラムが表示されます。 現時点でお客様による操作は必要ありません。

————————————————————

と書かれていたのでまだ適用されるのはまだ先のことらしい・・・
今朝になってThinkPad Edge E530のほうにも同様の内容が表示された。
多少の不具合が報告されているようなのでちょっと不安はあるけど、対策されたのが配信されると良いな。

←クリックしてくれると嬉しいです。