More from: 販売台数

「N-BOX」が早くも20万台突破!

先週発表された軽自動車の販売状況(10月分)によると、ホンダの「N-BOX」が20,512台でトップ。
前月よりは台数を減らしたものの、これで今年に入ってのトータルが205,777台となり20万台を超えた。
昨年は11月に20万台を突破しているので一か月早いことになる。
年間2位(10月は3位)のスズキの「スペーシア」(128,149台)とは7万台余りの差があって、残り二ヶ月での逆転はほぼ不可能で「N-BOX」の年間トップはほぼ決まりだろう。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ソニーのフルサイズミラーレスのシェアが大幅にダウンしているようだ

BCNランキングによると、10月のフルサイズミラーレスカメラのシェアはトップのソニーが67%、2位のCanonが22.1%、3位のNikonが10.4%とのこと。
Nikonが9月末に、Canonが10月末にこの市場に参入して新製品(「Nikon Z7」「Canon EOS R」)を発売し、8月までのソニーのシェア(99.5%)を一気に減らした格好だ。
機種別でも発売後一週間しか経っていないCanonの「EOS R」がトップで、2位と3位がソニーの「α7III」(ボディ単体及びレンズキットで、合計すれば34%でトップ)、Nikonの「Z7 24-70mm FTZアダプターキット」は台数ベースのシェアでは5%と少ないが、価格が高く金額ベースではシェアがもう少しある筈。
とは言え、ソニーは全体の2/3のシェアを持っているわけ(半分は「α7III」)で、今後NikonとCanonがどの位上積みしてくるかが注目される。
特に「Z7」がイマイチ伸びていない印象のNikonは安価な「Z6」が今月末に発売になるのでメーカー別のシェアを伸ばしてくるのはほぼ確実。
Nikonが伸びる分、他の2社の数字がどう変化してくるものなのか?

NikonにしてもCanonにしても他社からの乗り換えユーザーがどれほどいるのだろう?
購入者の殆どが自社のレフ機からの乗り換えならメーカーとしては旨味がないだろうなぁ・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

九月も「N-BOX」が販売台数トップ

九月の軽自動車販売台数が先週発表され、ホンダの「N-BOX」が22,540台を販売してトップとなった。
これは登録車を含めてもトップの数字となる。
「N-BOX」は昨年九月のフルモデルチェンジ以降13カ月連続で軽自動車月間販売台数トップとなっており、既に今年に入ってからのトータルも185,265台に達し、2位のスズキ「スペーシア」に6万台近い差を付けてダントツのトップ。
登録車のトップが日産「ノート」の108,872台なので、それの1.7倍も売れていることになる。
昨年の九月以降の合計は272,932台で、月平均にするとおよそ2万1千台弱。
うーん、この時代に平均で2万台を超えるとは、、、数字を見るとあらためて凄い販売台数だということが思い知らされるねぇ、、、

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

先月も「N-BOX」が首位を独走

軽自動車及び登録車の六月の販売台数が発表され、ホンダの軽自動車「N-BOX」が相変わらず全車種中のトップにたっている。
「N-BOX」の販売台数は三カ月ぶりに2万台を超えた20,682台で、前月比109.9%、前年同月比117.2%、本年累計台数127,548台、累計前年比120.1%を記録。
モデル末期の昨年も売れに売れていたが、新型になってそれを上回る好調な売れ行きを示している。
2位はスズキの「スペーシア」で13,450台となっているが、それを7,000台以上も上回っているのだから今のところ敵無し状態。

気になるのは今月発売予定と言われている同じホンダの「N-VAN」が出たらユーザーがそちらに流れるのではないかということ。
「N-VAN」は商用車(4ナンバー)とはいえ、上級グレードは乗用車としても魅力的なモデルなので、「N-BOX」を買おうという人の一部はそちらに行くかもしれないなぁ・・・
私も「N-BOX」のラッゲージスペースに少々不満があるので、「N-VAN」が気になっているんだよね(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ホンダの「N-BOX」が早くも10万台を突破

ホンダの軽自動車「N-BOX」が販売好調で、五月も18,817台を売り上げ、今年に入っての累計販売台数も106,866台と10万台を突破。
これは自動車全車種中で最も早く、昨年よりも一カ月早い。
昨年九月のモデルチェンジ以降は常に前年同月比が100%を超えていて、中には150%を超えた月もあるほど売れている(生産能力の関係か3月は102.8%と僅かな伸びにとどまったが)。
「N-BOX」の昨年1年間のトータル販売台数は218,478台で、今年は既にその半分近くを販売したことになる。
ホンダの四輪全体(登録車・輸入車含む)の販売台数が323,118台なので、1/3が「N-BOX」ということになるが、もし「N-BOX」の売り上げが止まったらホンダは大変なことになりそうで怖いね。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ホンダの「N-BOX」が年間販売台数トップ

自動車の年間販売台数が昨日4/5に公表され、ホンダの軽自動車「N-BOX」が年間販売台数22万台超でトップとなった。
昨年フルモデルチェンジした「N-BOX」は昨年度の販売台数が223,449台で、前年度の192,368台から3万台ほどの上乗せをして、2位のおよそ1.5倍を売り上げトップとなった。
2位はトヨタの「プリウス」で販売台数は149,083台、3位はダイハツの「ムーブ」で145,643台。
以下、
4.日産「デイズ」136,505台
5.ダイハツ「タント」134,660台
6.日産「ノート」131,119台
7.トヨタ「アクア」128,899台
8.スズキ「ワゴンR」121,224台
9.スズキ「スペーシア」113,691台
10.ダイハツ「ミラ」104,221台
11.トヨタ「C-HR」102,465台
と、ここまでの11車種が年間10万台を超えた。
前年度はフルモデルチェンジした「プリウス」にトップの座を奪われた「N-BOX」だったが、反対にフルモデルチェンジして首位に返り咲いた。
フルモデルチェンジ後は月間2万台オーバーのペースで売れている(3月は26,851台)ので、今年度もこのまま順調に売れればトップは固いかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「N-BOX」がダントツ

今日発表された軽自動車の2月の販売台数を見ると、昨年フルモデルチェンジしたホンダの「N-BOX」が絶好調で2位の日産「デイズ」の1.5倍に当たる2万2千台余りを販売してトップを独走、これでフルモデルチェンジした昨年9月から6カ月連続でのトップとなった。
#「ムーヴ」にトップを譲った8月はモデルチェンジ直前でユーザーの買い控えがあったとはいえ1万台オーバーで、それ以外の月はトップだった。
3位はこれもフルモデルチェンジしたスズキの「スペーシア」で、以下6位の「ワゴンR」までが1万台を超えている。
1 ホンダ    N-BOX  22,005
2 日産     デイズ    14,294
3 スズキ    スペーシア  13,620
4 ダイハツ   ムーヴ    13,479
5 ダイハツ   タント    12,911
6 スズキ    ワゴンR   11,460
登録車で1万台を超えたのは4位の日産「セレナ」までなので、軽自動車税が上がったとはいえ相変わらず軽自動車の人気は高いということだな。
その登録車のランク(1万台以上)は以下の通り。
1 日産     ノート    13,769
2 トヨタ    プリウス   11,507
3 トヨタ    アクア    11,167
4 日産     セレナ    10,408
日産の「ノート」は人気の”e-Power”が販売台数の大部分を占めているそうで、このおかげで販売は好調。
ただ、この4台とも前年同月比はマイナスで、「プリウス」は3割近くも減っている。
2015/12のモデルチェンジから2年以上が経過して新車効果は無くなっているが、それでも同社の「アクア」とどっこいの勝負というのはメーカーの当てが外れたと言えるかも。
見慣れたとはいえあのデザインは好みが分かれるだろうから仕方ないのかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

今は50位まで発表されるのか

久々に日本自動車販売協会連合会のサイトを見て驚いた。
これまで30位まで発表されていた車名別販売台数ランキングが50位までの発表になっていた。
過去の分も同様に変更されていたので、見てみるとなかなか面白い。
なにせ1,000台未満の車の販売台数も見えてくるので、レクサスの高級車とかの(一部の)販売台数も判る。
また、タクシー専用車として昨年10月に発売になったトヨタの「ジャパンタクシー」がこの2月には832台も売れている(登録された)のも判った。
この変更をありがたいと思う人もいるのだろうな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「Nintendo Switch」が1000万台突破とか

今年の3月に発売されたゲーム機「Nintendo Switch」の世界累計販売が1000万台を突破したと発表された。
もうそんなに売れてるんだ、と思ったが、私の周りで買ったという人を知らない。
私自身ゲーム機で遊ぶことが無くなっているし、新しい物へのとっつきが悪くなっているので買うことは無いだろうな。

今でも品薄状態らしく、プレミア価格が付いてるな・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ホンダの「N-BOX」が今月もトップ!

軽自動車の10月の販売台数が”一般社団法人 全国軽自動車協会連合会”(全軽自協)から発表になった。
それによるとフルモデルチェンジして9/1に発売になったばかりのホンダの「N-BOX」が21,234台で2ヶ月連続のトップ。
発売月である9月の26,983台には及ばないが、圧倒的な多さでライバルに大差を付けてのトップとなった。
2位にはダイハツの「ムーヴ」が13,972台で入り、3位は同じくダイハツの「タント」が10,660台とここまでが1万台オーバー。
9月に15,153台で2位だった日産の「デイズ」は完成車検査の問題の影響からか5,961台と大幅に落ち込み順位も8位へ後退した。

トップの「N-BOX」は今年に入り、トップの座を譲ったのは新型発売直前の8月だけという強さ。
うーん、やはりバケモノだなぁ、、、

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。