More from: 旨いもの

真駒内の「森のパン」

先月知り合いがSNSに新規オープンしたパン屋さんを紹介していた。
私の妻がパン好きなので一緒に行くことにして住所を頼りにGoogleMapsで場所を探した。
新しいお店なのでまだ掲載されていないと思ったが、地図には既にピンが表示されていた(航空写真にはまだ店舗は写っていなかったけど)。
そのピンの場所を頼りに車で向かったのだけど、地図上の場所は公道から外れて私道に入って少し行ったところなので、当然ながら個人の土地に足を踏み入れることになるわけで、ストリートビューも無い。
とにかく近くまで行ってそれらしい道を見つけて入ってみたがSNSに載っていた写真のようなお店は見当たらない。
二ヶ所ほど入ってみたけど見つからないので諦めて帰宅してしまった(汗)。
帰宅後にあらためてPCでGoogleMapsを見ると、私が見つけたのとは少し違う場所に似たような名前のお店のピンが立っているのに気が付いた。
その日は出かける気力が無かったので後日に再度行ってみることにして、GoogleMapsに場所の訂正の提案だけを出しておいた(数日中に最初のピンは削除されていた)。

先週の日曜になって再度訪問することにして車で向かい、正しい場所を見るとすぐにお店を見つけることが出来た。
というか、先だっての時も知っていればすぐに見つけることが出来ていた筈、なにせ公道のすぐ脇のスペースにお店があって道路からも見えていたのだから(汗)。

お店の前の駐車スペースには既に数台の車が停まっていて、店内にも客がいるのがガラス越しに見えていた。
コロナ禍なので密になるのを避けようと店内の客が減るまで入口の前で数分ほど待ち、それから入店。
待っている間にもパンの焼ける良い香りがしてきてもう堪らない(汗)。
店内に入ると棚には数種類のハード系のパンが並んでいたが、思っていたほど種類は無かった。
その中で美味しそうなのを3種類ほど選び、さらにもうすぐ焼きあがるという「ブルーベリーのブレッド」をお願いして、焼き上がりまで外で待つことにした。
ほどなくして焼き上がったパンを受け取って帰宅し、早速食べたところとても美味しかった。
流石に価格は安くは無いし、場所も車で20分ほどと近くは無いので頻繁には買いに行けないけど、また機会を見つけて買いに行きたいな。

そのお店は「森のパン」。

ブルーベリーのブレッド、1/2欣で640円


ドライトマトと黒オリーブ、450円


じゃがいものパン(チーズ/ハーブ/ペッパー入り)400円

下はお店の前の空きスペースで、ここにイートインコーナーというかカフェのような場所を作る計画もあるとか。

お店の外観

「森のパン」


営業日は木曜から日曜までで営業時間は基本的に10時から”完売まで”となっていた(6枚目の写真の右端の扉に営業日カレンダーが貼ってある)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「焼鳥酒房ひなた」

札幌市電の藻岩山ロープウェイ最寄り停留所である「ロープウェイ入口」近くにある「焼鳥酒房ひなた」。
開店当時は焼き鳥の塩加減が酷くて食べるのに苦労したが、昨年になってしばらくぶりに訪れてみると劇的に改善されて凄く美味しくなっていたので驚いた。
ここのお勧めは何といっても「鶏レバー」の串焼き。
焼き加減と塩加減が絶妙で”ふわトロ”な鶏レバーを味わえる。
ご飯ものは焼きおにぎりしか無く食事として行くには少々残念だけど、焼き鳥を食べに行くには良いお店だと思う。

日向でご主人が焼いているところ。向かって左から鶏ささみ・ポンポチ・鳥はつ・鳥レバー。鶏レバーの所だけ炭の火加減を弱めてある。


鶏レバー

席に運ばれて来た鶏レバー。


#写真は全て許可を頂いて撮影しています(というかご主人は「どんどん撮って下さい」というスタンスなので拒否されることは無いかと)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

今年も行者ニンニクの芽が出ていた

ベランダの鉢に植えている行者ニンニクが今年も芽を出していた。
この冬は最初は雪が少なく鉢にも積もらず土が見えていたので土が凍ってしまうかと不安だったが、数度の”ドカ雪”で土どころか鉢全体が雪に埋まって凍結の危険性は低くなり安心できた。
少し前からの陽気でベランダの雪がすっかり無くなり、今朝方見たところ数本の芽が出ているのが確認できた。
去年よりも数が少し多くなったような気もするが、まだまだ食べられるような数じゃ無いなぁ・・・

2022/03/30朝の行者ニンニクの芽

←クリックしてくれると嬉しいです。

やっぱり休みだったか・・・

帯広に来たので茶来居のお蕎麦を食べたいと思い、念のためにお店に電話をしてみると、半ば予想していたように新型コロナウィルスの感染拡大のために11月一杯は休業とのことだった。
しばらく食べに行っていないが、こんなことになるんだったら先々月にでも行っておけばよかったな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

サンマが安くなるかも?

ここのところ秋の味覚の代表格であるサンマの値段が高い。
先週末に近所のスーパーで一匹98円の”特価”で販売されていたのでその日の夕食はサンマになったが、以前は一匹50円以下が当たり前だったことを思うと物凄い値上がりだ。

価格高騰の原因は漁獲量の減少で、その原因は海水温が高くなって主な漁場である三陸沖にサンマが南下してこないことが挙げられている。
他にも過去には日本くらいしか獲らなかったサンマを近隣の他国も獲るようになって乱獲が進んだということも言われている。
そのサンマがようやく南下してきたらしく、少しづつ漁獲量が増えてきたという報道があるので、これからは少しは値下がりして来るかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

筋子の時期は終わりかけ

北海道で秋になると道東を中心に鮭の水揚げが増える。
同時に鮭の卵であるイクラも売られるようになるんだけど、自宅でしょうゆ漬けにする人も多いのでお店では生の”筋子”も売られるようになる。
近年は値上がりしていたが今年は鮭の不良ということもあってさらに高値が付いている。
そんな中で先日、妻がいつも目を付けているスーパーで安売りがあったので朝から行って買いこんで来てしょうゆ漬けを作っていた。
妻と子供の今日の朝食はそのイクラを載せた”イクラ丼”。

写真は子供の分で、喜んで食べていたよ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

帯広「琥羊」さんのラム料理

先だっての連休は帯広に行ってきた。
せっかく帯広に来たのだからと二日目は刺身を食べに海鮮系居酒屋に行き、さらに生ラムのたたきも食べたかったので”北の屋台”にある「琥羊」さんに行ったら案の定満席。
なのでその場で翌日の夕方に予約を入れてその場は帰宅し、翌日に再出撃。
入って頼んだのは”ビール”(ハートランド)で、その後すぐにお目当ての「生ラムのたたき」を注文した。

生ラムのたたき


さらに壁のメニューには珍しい「ラムレバテキ」と「ラムハツ焼き」もあったので、どちらにしようか迷ってから「ラムハツ焼き」を頼んだ。

ラムハツ’(心臓)


その後、結局は「ラムレバテキ」も頼んでしまった(汗)。

ラムのレバー


どれもとても美味しく頂け、追加で「秋サケの白子のバター焼き」「ミンククジラのユッケ」も頼んでしまった。
これらも美味しかったなぁ、、、

ラム(生後12カ月未満の子羊)は身体が小さいので心臓(ハツ)も肝臓(レバー)も小さく、食肉として流通することがあまりなく、「琥羊」さんでも入ってくるのは珍しくて私も何年か前からお邪魔しているけど見たのは初めてだった。
今回はたまたま入荷したとのことだけど、入荷量が少なくてそれぞれ2-3人前程度しか無かったとのこと。
しかもハツのほうは私たちが頼んだのが最後とのことで、関西から来たというお客さん達がすぐ後に注文した時には品切れ・・・
せっかくなので、私たちの分からお裾分けしたら喜んでもらえて良かったな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「ニセコオータムフードフェスティバル2020」

今年は新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐためという理由で大型のイベントが殆ど開催中止になる中で、ニセコで行われる予定の「ニセコオータムフードフェスティバル2020」は9/17-21の日程で開催予定となっている。
札幌からだと100Km前後あるので気安くは行けないけど、たまには遠出も良いかなぁ?

←クリックしてくれると嬉しいです。

今頃「朝ラー」特集?

道内のローカル番組で札幌の朝ラー(朝ラーメン)が紹介されていた。
番組での紹介の仕方はまるで最近になって始まったように見えたが、実際には数年前から始まっていたから違和感があった。
私の昔からの知り合いのお店も紹介されたので、明日から混み合うだろうなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。