More from: 旨いもの

やっぱり休みだったか・・・

帯広に来たので茶来居のお蕎麦を食べたいと思い、念のためにお店に電話をしてみると、半ば予想していたように新型コロナウィルスの感染拡大のために11月一杯は休業とのことだった。
しばらく食べに行っていないが、こんなことになるんだったら先々月にでも行っておけばよかったな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

サンマが安くなるかも?

ここのところ秋の味覚の代表格であるサンマの値段が高い。
先週末に近所のスーパーで一匹98円の”特価”で販売されていたのでその日の夕食はサンマになったが、以前は一匹50円以下が当たり前だったことを思うと物凄い値上がりだ。

価格高騰の原因は漁獲量の減少で、その原因は海水温が高くなって主な漁場である三陸沖にサンマが南下してこないことが挙げられている。
他にも過去には日本くらいしか獲らなかったサンマを近隣の他国も獲るようになって乱獲が進んだということも言われている。
そのサンマがようやく南下してきたらしく、少しづつ漁獲量が増えてきたという報道があるので、これからは少しは値下がりして来るかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

筋子の時期は終わりかけ

北海道で秋になると道東を中心に鮭の水揚げが増える。
同時に鮭の卵であるイクラも売られるようになるんだけど、自宅でしょうゆ漬けにする人も多いのでお店では生の”筋子”も売られるようになる。
近年は値上がりしていたが今年は鮭の不良ということもあってさらに高値が付いている。
そんな中で先日、妻がいつも目を付けているスーパーで安売りがあったので朝から行って買いこんで来てしょうゆ漬けを作っていた。
妻と子供の今日の朝食はそのイクラを載せた”イクラ丼”。

写真は子供の分で、喜んで食べていたよ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

帯広「琥羊」さんのラム料理

先だっての連休は帯広に行ってきた。
せっかく帯広に来たのだからと二日目は刺身を食べに海鮮系居酒屋に行き、さらに生ラムのたたきも食べたかったので”北の屋台”にある「琥羊」さんに行ったら案の定満席。
なのでその場で翌日の夕方に予約を入れてその場は帰宅し、翌日に再出撃。
入って頼んだのは”ビール”(ハートランド)で、その後すぐにお目当ての「生ラムのたたき」を注文した。

生ラムのたたき


さらに壁のメニューには珍しい「ラムレバテキ」と「ラムハツ焼き」もあったので、どちらにしようか迷ってから「ラムハツ焼き」を頼んだ。

ラムハツ’(心臓)


その後、結局は「ラムレバテキ」も頼んでしまった(汗)。

ラムのレバー


どれもとても美味しく頂け、追加で「秋サケの白子のバター焼き」「ミンククジラのユッケ」も頼んでしまった。
これらも美味しかったなぁ、、、

ラム(生後12カ月未満の子羊)は身体が小さいので心臓(ハツ)も肝臓(レバー)も小さく、食肉として流通することがあまりなく、「琥羊」さんでも入ってくるのは珍しくて私も何年か前からお邪魔しているけど見たのは初めてだった。
今回はたまたま入荷したとのことだけど、入荷量が少なくてそれぞれ2-3人前程度しか無かったとのこと。
しかもハツのほうは私たちが頼んだのが最後とのことで、関西から来たというお客さん達がすぐ後に注文した時には品切れ・・・
せっかくなので、私たちの分からお裾分けしたら喜んでもらえて良かったな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「ニセコオータムフードフェスティバル2020」

今年は新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐためという理由で大型のイベントが殆ど開催中止になる中で、ニセコで行われる予定の「ニセコオータムフードフェスティバル2020」は9/17-21の日程で開催予定となっている。
札幌からだと100Km前後あるので気安くは行けないけど、たまには遠出も良いかなぁ?

←クリックしてくれると嬉しいです。

今頃「朝ラー」特集?

道内のローカル番組で札幌の朝ラー(朝ラーメン)が紹介されていた。
番組での紹介の仕方はまるで最近になって始まったように見えたが、実際には数年前から始まっていたから違和感があった。
私の昔からの知り合いのお店も紹介されたので、明日から混み合うだろうなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

1年ぶりのウニ

昨日(8/1)は積丹半島の付け根の町である古平町に行ってきた。
目的はこの時期に採れる地元産のウニ。
私は子供のころからウニが苦手でずっと食べなかったけど、茨城県に住んでいた当時にたまたま連れて行ってもらった常陸太田のお寿司屋さんで頂いたウニの軍艦が美味しくてビックリした。
つまり、子供の頃に食べて嫌いになったのは”とてつもなく不味い”ウニだったというわけ。
その後は美味しいウニ(明礬処理しておらず新鮮なもの)ならば美味しく食べられるようになった。
それでも注文して美味しくなかったら全く食べられず勿体ないので、滅多に注文することが無いし、スーパーや鮮魚店で買うことも殆ど無い(汗)。
そんな中で私が安心して食べることのできるのが古平町にある「新家寿司」さんのウニで、しかも地元産限定。
今年は間もなく漁期が終わるがまだ食べに行っていなかったので行ってきたというわけだ。
例年、この時期はウニ目当てのお客さん(大半が観光客)で物凄く込み合うので早めに札幌の自宅を出発したのが良かったのか、11時過ぎにお店に着いた頃には駐車場にも車が少なく、お店の中に入っても先客は一組6名だけと空いていた。
私たちはいつもの如くカウンターに座ってお好みで注文し始めたところ、次々とお客さんが入ってきて程なく満席に。
私たちはタイミングが良かったらしい(汗)。
握りを頼む前に真っ先に頼んだのが「ウニの小鉢」でしかも味の濃い”赤”。
ほぼ1年ぶりに食べるウニは相変わらず美味しかったなぁ。
その他に握りを少し頼んで、最後に頼んだのが「ウニの軍艦」。
こちらは”白”と”赤”を食べ比べた。
”白”はどちらかというとあっさり目で、”赤”は濃い味で、どちらも美味しくいただくことが出来た。
今度ウニを食べるのは来年のこの時期になるだろうなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

「純あま」も赤くなってきた

ベランダで育てているミニトマトの内、「シュガーミニ」は数日前から食べているが、今朝見たらもう一種の「純あま」の実も赤くなっていた。
数日前にはオレンジ色だったんだけど、今朝は食べられるくらい真っ赤になっていた。

2020/08/01朝の「純あま」の実


Facebookを見ると去年の7/31に真っ赤になった「純あま」の実の写真をアップしているから、今年はちょっと遅いかな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

赤い実が増えてきた

ベランダのミニトマトに赤い実が増えてきた。
先に赤くなり出した「シュガーミニ」だけでなく、「純あま」の方も赤くなってきているので、こちらももう少しで収穫出来そうだな。

2020/07/29朝の「純あま」の実。まだ食べるにはちょっと早い。


2020/07/29朝の「シュガーミニ」の実。

←クリックしてくれると嬉しいです。