More from: レンズ

球面収差が解消される?

光学レンズには付き物の”球面収差”を解決する理論が出来たと話題になっている。
細かいところは理解出来ない(複雑な式なので見ただけで読む気が失せた)が、その理論に基づいて設計されたレンズの形(断面図)をみてビックリ。
通常のレンズに比べて非常に複雑な曲面で構成されているので、これを実際に商品とするのは大変そう。
それでも理論が出来たことでそう遠くない将来には球面収差ゼロのレンズが発売されることになるかも。
レンズの収差は他にも非点収差とか色収差とかコマ収差とか歪曲収差もあり、このうち非点収差も今回の理論で解消できるらしいが、その他の収差に関してはどうなんだろ?

←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonが「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を正式に発表

CanonがRFマウント用の高倍率ズームレンズ「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を正式に発表した。
2/14の公式リリースで開発を発表していた6本のレンズの中の1本で唯一の非Lレンズ。

このレンズの発表でRFマウント機でも気軽に使えるレンズが登場したことになり、日常使いも可能になったとも言える(35㎜はあったけど)。
国内での発売は九月上旬予定で、価格は最安で12万円弱と先に海外で発表されていた価格より若干高め。

同時にRFマウントのエントリー機「EOS RP」とのキットも発表され、こちらも発売は九月上旬。
価格は25万円強となっている。

うん、このキットなら普段使いにちょうど良いんじゃないだろうか?
というか、他のレンズは高すぎてRPユーザーには買い難いと思うなあ(汗)。
開放f値が4-6.3なんてSIGMAとかTAMRONの便利ズームみたいなスペックだな(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「EF-S 15-85mm」が入ってる

市内の中古カメラショップにCanonのAPS-C機用ズームレンズ「EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM」が入荷している。
同社の「EF-S17-85mm F4-5.6 IS USM」の後継モデル的なレンズ。
キットレンズ等になっている標準ズームよりズーム域が広いので、これ一本でいろんなシーンに対応できそう。
ワイド端が35㎜換算で24㎜相当と広角なので広めの屋内等でのイベントとかに便利かも。
暗いのはISO感度を上げることでカバーかな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

CanonがRFマウント用の高倍率ズームレンズを準備中?

Canonがフルサイズミラーレス用に「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」を出すのでは?という噂が出ている。
現在はLレンズが殆どのRFマウントレンズ群だが、この「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」は非Lでしかも高倍率。
これと安価な「EOS RP」ボディで手軽な旅行用等の組み合わせになりそう。
価格次第だろうけど、セットで20万円台前半になれば売れ行きも良くなるのでは?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン EOS RP マウントアダプターキット
価格:177218円(税込、送料無料) (2019/6/25時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

Nikonの50mmF1.2が入荷している

市内の中古カメラショップにNikonの単焦点レンズ「50mmF1.2」が入荷している。
しかもAiとAi-Sの2本。
現行でも販売されている「Ai NIKKOR 50mm F1.2S」と比べてどうなのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

SONYが超望遠レンズ2本を正式に発表

SONYは噂になっていた超望遠レンズ2本を正式に発表した。
この2本は「FE200-600mm F5.6-6.3 G OSS」と「FE600mm F4 GM OSS」で、価格も噂に近い2,000ドルと13,000ドル。
発売は「FE200-600mm F5.6-6.3 G OSS」が7/26、「FE600mm F4 GM OSS」も八月ということで、直前に出た「ロクヨンは開発発表のみ」という噂を否定した形になった。
「FE200-600mm F5.6-6.3 G OSS」の国内価格は278,000円(税抜き)、「FE600mm F4 GM OSS」は1,795,000円(税抜き、受注生産)と海外での価格から予想されていた価格より少々高目か。
200-600のほうはアマチュアでも手が出せそうだけど、ロクヨンはちょっと無理だねぇ(汗)。

来年の東京オリンピックではどれくらいのカメラマンがこれらのレンズを抱えているのだろう?

←クリックしてくれると嬉しいです。

50㎜ F1.1のレンズが入荷している

札幌の中古カメラショップに50mm F1.1のレンズが入荷している。
この明るさというととても高価なレンズという感じがする(実際、ライカのだと100万円くらい?)が、中国メーカー「七工匠」製のレンズ「7artisans 50mm F1.1」で新品でもamazonで5万円以下という超安価なレンズ。

このレンズが中古でさらに安く売られているのは気になるが、マウントがライカMマウントなので、残念ながら私が所有するボディでは使えない。
あー、残念だ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

SIGMAの18-250mmが入っている

市内の中古カメラショップにSIGMAの便利ズーム「18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM」が入荷したようだ。
モデル名に”MACRO”が入っているので最短撮影距離が35cmになった新型の方だと思われる。
マウントもEFマウントなのでちょっと欲しくなったかも?(汗)

←クリックしてくれると嬉しいです。

ソニーが6/10-11に「FE600mm F4 GM」を発表か

ソニーがロンドン時間の6/10の夕方に「FE600mm F4 GM」を発表するということだ。
日本時間では同日の深夜になるので、国内での発表は6/11ということになりそう。
価格は14,000ドルとのことで、同クラスのNikonやCanonのレンズより1,000ドル程度高価だが、このクラスになったら個人で買うものでも無いし買える価格でも無いから関係無いな(笑)。
#最初は一桁見間違っていた(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。