More from: レンズ

NIKONがZマウント用レンズ2本を発表

NIKONがZマウント用の2本のズームレンズを正式に発表した。
今回発表したのは「Z 14-30mm f/4 S」と「Z 24-70mm f/2.8 S」の2本。
超広角ズームレンズにも関わらずフィルター装着が可能な「Z 14-30mm f/4 S」と標準ズームの「Z 24-70mm f/2.8 S」。
うーん、どちらも”S”レンズかぁ、、、
利幅の大きい高級レンズを充実させるのも良いけど、「Z6」と組み合わせる安価なレンズも揃えないと台数が出ないと思うんだけどなぁ?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS RP」のキットレンズは「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」?

Canonのフルサイズミラーレス機の2番手「EOS RP」のキットレンズは国内では比較的安価な「RF35mm F1.8 MACRO IS STM」になるらしい。
RFマウントの廉価版標準ズームレンズが無い現状ではベターな選択では無いかな?
ボディが安くてもレンズが単体で実売12-13万円もするんじゃキットにしてもエントリークラスの価格にするのは難しいだろうから、35mmとの組み合わせが(価格的に)ちょうど良さそうだ。
フィルム時代の「EF 28-105mm F3.5-4.5 USM」のような安価な標準ズームもその内に出してくれないかな?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン RF35mm F1.8 MACRO IS STM 広角マクロレンズ[02P05Nov16]
価格:63102円(税込、送料無料) (2019/2/13時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン RF24-105mm F4 L IS USM 標準ズームレンズ[02P05Nov16]
価格:138123円(税込、送料無料) (2019/2/13時点)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」ねぇ、、、

Canonのフルサイズミラーレス機向けの新レンズがリークされた。
まとめて5本リークされた中に「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」という10倍ズームレンズがある。
同時期に噂の「EOS RP」のスペックと価格に関する新たな噂も出てきて、それによると重さが400g(ボディのみ)と非常に軽く、ボディの価格も1,300ドルと先日の噂よりも200ドルも安い。
本当にこの価格で出てきたら先の「RF24-240mm F4-6.3 IS USM」と合わせて旅行用として多いに売れるかも?

それにしても400gって本当かなぁ?私が持っているAPS-C機のNikon「D60」が395gだから、それとほとんど同じでフルサイズってのは信じ難いが・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

半端なくデカイ!

カメラ関係の情報サイトにNikonの「Z 50mm f/1.8 Sと「Z Noct Nikkor 58mm f/0.95」の比較写真が掲載されていた。
それを見ると「Z Noct Nikkor 58mm f/0.95」が半端なくデカイことが判る(笑)。
単純に考えても有効口径は2倍以上あるわけで、その分大きく重くなるのは頭では判るんだけど、実際に比較した写真を見ると想像以上だなぁ、、、(汗)。
価格は6,000ドル程度との噂もあるから実際に売るつもりなんだろうなぁ、、、いやまぁ発売予定とはなっているのは知ってるけどねぇ(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

17mmのF2.8が入っているか

市内の中古カメラショップにオリンパスのマイクロフォーサーズ用パンケーキレンズが入荷している。
入荷したのは「M.ZUIKO DIGITAL 17 F2.8」の中古。

E-PL6用の小型レンズが欲しいところでパナの12-32mm辺りを狙っていたけど、この単焦点も良いかも?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

KIPONがRFマウント・Zマウント用フォーカルレデューサーを発売

KIPONがCanonのRFマウント及びNIKONのZマウント用のフォーカルレデューサーを発売した。
これらの製品は先の2マウントに各種中判カメラ用レンズを取り付けるためのもので、ハッセルブラッド・マミヤ645・PENTAX 67&645用がラインナップされている。

0.7倍のレデューサー内蔵されているので画角は中判カメラに近いものになるようだ。
PENTAXの67を持っている人を知っているけど、その人はデジタルカメラに興味は無さそうだから「EOS R」も「Zシリーズ」も買わないだろうなぁ・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM」が入荷している・・・

市内の中古カメラショップにCanonのAPS-C機用広角ズームレンズ「EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM」が入荷していた。
同社の「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」と比較するとズームレンジが望遠側に広く、明るさも明るい。
手振れ補正は無いけれど、こちらのほうが使いやすそう。
中古なので価格も手ごろで良いなぁ(汗)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Canon レンズ EFS10-22/USM EFS10-22/USM
価格:91727円(税込、送料別) (2018/12/6時点)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

別のショップにも入荷している・・・

市内の中古カメラショップにCanonのAPS-C機用広角ズームレンズ「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」が入荷したようだ。
先日別のショップにも入荷しているが、そちらよりも安い価格が付けられている。
新品よりは安いけど、半額までも下がっていないので中古としては高値感があるなぁ、、、

この新品の方が保証もあるしお買い得かも?(汗)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

パナの20mmF1.7か

市内の中古カメラショップにパナソニックの20mmF1.7が入荷している。
マイクロフォーサーズ用の単焦点広角レンズで、電動ズームの使いにくさに閉口している私が気になっているレンズの1本。
新品でも安いレンズだけど、サブのサブのようなカメラなのでちょっと躊躇ってしまうんだよなぁ(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonの「EOS R」はエントリー機

CanonEuropeの人のインタビューによれば、「EOS R」は同社の「EOS 6D MarkII」の少し上に当たるモデルだとのことだ。
なるほど、それなら連写速度の物足りなさ等も判るような気がする(納得するかどうかは別として)。
また同インタビューでは2019年にRFマウントの”大三元レンズ”を発売し、同年にはEFマウントレンズの新製品は出ないとのこと。
新しいラインである「EOS R」を普及させるためにはレンズラインアップの拡充を優先するのは理解できるけど、レフ機の(特にAPS-C機)ユーザーの為にも旧めの「EF-S」レンズのモデルチェンジをして欲しいな、、、特に18-200とか・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。