More from: レンズ

TOKINAが一眼レフ用超広角ズームレンズを来月発売か?

トキナーが一眼レフ用超広角ズームレンズ「atx-i 11-16mm F2.8 CF」を今週中に発表し、11/8に発売するとの情報が出た。
マウントはEFマウントとFマウントで、写真を見ると両マウントのモデルの鏡筒のデザインが結構異なることが見て取れる。
Fマウント用はこれまでのトキナーのデザインを踏襲している感じだが、EFマウント用は直線基調でパッと見タムロンのモデルのような印象を受ける。
デザインも変わったけど、モデル名もこれまでの”AT-X”から”atx-i”となり、末尾にも”CF”という文字が追加されている。
これらが何を意味しているかは不明だが、これまでの「AT-X 116 PRO DX II」からどのように変わっているのかが気になるな。
価格は56,000円+税で、実売価格は大手量販店で54,800円(税込み)程度となるという。
明るい超広角ズームだし、距離指標もあるので星撮り(星景撮り)にも向いているかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

このフィルターが欲しい

星空を撮影する際に地上の光が空で散乱してオレンジ色に写ってしまうのを防ぐのが下の「光害カットフィルター」。
ナトリウム灯や水銀灯が発する光の波長を選択的に遮断して色被りするのを防いでくれ、それらの光に星の光が隠されてしまうのも防いでくれる(100%遮断ではない)。
メーカーサイトで透過曲線を見ると、ナトリウム灯の波長(589nm)及び水銀灯の波長の内の一つである577nm付近を90%前後カットしてくれるらしいので、オレンジ色の色被りはかなり軽減することが期待出来る。
特殊な用途向けだけに安くはないし、普段使うものでは無いがちょっと欲しいなぁ、、、(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Nikonの「Ai-S24/2.8」が入っている・・・

市内の中古カメラショップにNikonのMFレンズ「Ai-S24/2.8」が入荷している。
マニュアルレンズだけど、寄れる24mmだしDXフォーマット機で使うと準広角として使いやすい画角になるのでちょっと欲しいかも(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

SIGMAの「18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM」

市内の中古カメラショップにSIGMAの便利ズームレンズ「18-200mm F3.5-6.3 II DC OS HSM」が入荷している。
マウントはEFマウントなので、私が普段使っている「EOS 60D」用にちょうど良い。
今はオークションで手に入れた純正レンズ「EF-S 18-135mm F3.5-5.6 IS」を付けているが、時々望遠側に物足りなさを感じることがある。
そんな時にテレ端200mmのこのレンズだと助かるかも?
同じSIGMAの「18-200mm F3.5-6.3 DC OS HSM」のFマウント用を時々使うが、流石に高倍率だけあって解像度等に不満があるが、旅行等ではこれ一本で済むので重宝している。
今回入荷したのは改良されたII型なので、写りも多少は改善しているかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

Nikonが「Z 24mm f/1.8 S」を海外で正式発表

NikonはZマウント用広角単焦点レンズ「Z 24mm f/1.8 S」を海外で正式に発表している。
価格は999.95ドルと高価だが、”S”ラインのレンズだけに性能は期待出来る。

また、このレンズに関して”F1.8なのに大きくて重くて高い”と評している意見があったが、”S”ラインということを忘れているとしか思えない。
乱暴な例えにはなるが、Canonでいうところの”Lレンズ”に当たるラインアップのレンズに”小軽安”を求めるというのはなんだかなぁ?
まぁ、小さくて軽くて安いレンズを求める人もいるわけで、Nikonは今後そのようなラインアップも用意するだんろうけど、まずは高級品路線を揃えないと商売がねぇ、、、(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Nikonが「D6」の開発を発表

先週”Nikonが9/4に一眼レフのフラッグシップ「D6」に関する発表をする”という噂が流れ、実際に今日「D6」の開発が発表された。
仕様は未公開で発売時期や価格等に関しては全く”未定”ということだが、開発しても発売しないということはまず無い筈(2017年2月には「DL」シリーズが発売中止となった例があるが)なので、これで「D6」を待っていた人たちも安心だろうな。
というか、Nikonとしてもフラッグシップ機のユーザーが他社に流出するのを防ぎたいから早めの発表をしたのだろう。

同時に新型大口径望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR」の開発も発表されている。
こちらに関しては当然ということもあるし、今まで同社のラインアップには無い仕様なのでかなりビックリ。
レンジ的にフィールドスポーツ向けのレンズで、大口径なので夜間の屋外競技で威力を発揮しそうだな。
こちらも「D6」同様プロ向けだろうが価格も凄いことになりそうだ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

ボディがオマケ?(汗)

楽天市場でマイクロフォーサーズ用のパンケーキレンズの中古を探していたらボディとのセットでレンズ単体にちょっと上積みすれば買えるのが出て来た。
まぁボディはオリンパスの「E-PL1」なのでオマケみたいなものだけど、予備機にするにはちょうどよいかも(汗)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OLYMPUS E−PL1 17mm F2.8【中古】
価格:15000円(税込、送料別) (2019/8/23時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

「EF-S18-200mm f3.5-5.6 IS」

市内の中古カメラショップにCanonのAPS-C用便利ズームレンズ「EF-S18-200mm f3.5-5.6 IS」が入荷している。
実は結構前に入荷しているのだけど、なかなか売れずに残っている(汗)。
私が普段使っている「EF-S18-135mm f3.5-5.6 IS」よりもテレ端が長く、ちょっと考えることもあるんだよな、、
でも、18-135のほうはSTM->USMとAFモーターが変更になったモデルが出たが、こちらはずっとモデルチェンジをしていない。
新型が出たら中古の価格が下がるかな?と思っているので、Canonさん新型を出してください(汗)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】キヤノン EF-S18-200/3.5-5.6 IS ランク:B
価格:27000円(税込、送料別) (2019/8/7時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonの「10-18」は売れたか

市内の中古カメラショップに入っていたCanonのAPS-C用広角ズームレンズ「EF-S10-18/4.5-5.6IS STM」がいつのまにか売れていた。
入荷当時にも記事にしたけど、値付けがちょっと高いと感じていて様子を見ていたところ、目を離している間に値下げされ、それからほどなくして売れたようだ。
ちょっと惜しいとも思うけど、何故かそれほど欲しくならなかったレンズなんだよね。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonのm4/3サイズのレンズの特許?

Canonのレンズの特許の中に”像高が10.75mm、対角21.50”のズームレンズの特許がある。
このサイズに近いセンサーはマイクロフォーサーズ(m4/3)ということになるが、Canonはm4/3には参画していない。
となると、それよりも小さいサイズのセンサー用のレンズということになりそうだが、そうなると現状では1型とか2/3型(もしくはAPS-Cのクロップ)とかになる。
コンデジ用?とも思ったが、紹介されているレンズの長さが130mm近くあってコンデジ用としては長すぎるような気がする。
実際に製品化されるかどうかは全く持って不明だが、一体どんなカメラ用のレンズとして想定しているのだろう???

←クリックしてくれると嬉しいです。