More from: レンズ

面白そうだ・・・

焦点工房が「「7Artisans 35mm F1.2」」の販売を開始すると言うことで安いし面白そうだと思ったが、私はAPS-Cサイズのミラーレス機を持っておらず、対応しているカメラはマイクロフォーサーズの「E-PL6」のみ。
これだと35mm換算で70mmとなってちょっと使い難そう。
なので、同じく焦点工房で販売されている「7Artisans 25mm F1.8」が良さそう。
フルマニュアルでAFもAEも使えないけど、そこが面白そうでお散歩レンズに良さそうな感じ。
ちょっと考えてみるかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

「EF-S17-55mm F2.8 IS USM」が入ってる・・・

市内の中古カメラショップにCanonのAPS-C用標準ズームレンズ「EF-S17-55mm F2.8 IS USM」が入荷した。
”隠れLレンズ”とも呼ばれることもあるレンズで気にはなるが、価格もかなりなモノ。
今回入荷したのは価格が新品の半分以下ではあるが、それでも高いよなぁ、、、(汗)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Canon 交換レンズ EFS17-55/2.8 EFS17-55/2.8
価格:133847円(税込、送料別) (2018/10/9時点)

楽天で購入

←クリックしてくれると嬉しいです。

パナの12-32が入っている

市内の中古カメラショップにパナソニックのマイクロフォーサーズ用ズームレンズ「LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6 ASPH」が入荷している。
私が今使っている同じパナソニックの「G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH.」は同じく沈胴式なんだけど、パワーズームで少々使い難い。
なので、この12-32mmが欲しくて探していたんだけど、今回入荷したのは難点があって私はちょっと購入は出来ない。
その難点とは、「ボディがついてくるので高い」ということ。
レンズだけで売ってくれれば考えるんだけどねぇ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

やはり相性問題が出てるか

TAMRONが同社のレンズをNIKONのZ7にFTZ経由で搭載した際の問題を発表している。
同社によると一部のレンズで正常に動作しないことを確認しているとのこと。
今後は”レンズ機種毎に対応でき次第、順次サポート情報ページにてお知らせ”としているので、なんらかの対応(ファームウェアの更新?)がされるものと思われる。
ファームの更新で済めば良いんだけど、SIGMAの様にユーザーサイドでの更新手段は用意されていたっけ?
ユーザー自身で出来なければメーカー送りになって時間と手間がかかることになるなぁ、、、、

それにしてもどちらかというと相性問題が少ないと思っていたTAMRONでこうならSIGMAは大丈夫なんだろうか???

←クリックしてくれると嬉しいです。

コピターの単眼鏡

数年前に母が亡くなって実家の押入れを片付けようと開けてみたら昔のカメラ等が出て来た。
その中には私が祖父から買って貰った「PENTAX ME」等と並んでコピターの単眼鏡「8〜20倍×45ミリ ズーム単眼鏡」があったので自宅に持ち帰ってきていた。
昨日ちょっと弄って見たら30年以上も前のモノとは思えないほど光学系の状態は良さそう。
目視ではチリ等の混入も見られないしカビの発生も無さそう。
さらにカメラのレンズへの取り付け用のリング(49mm)や説明書、クリーニング用クロス迄揃っていた。
これなら49mm径のレンズの前に付けて超望遠レンズとして使うことも出来そうだが、私が持っているフィルター径49mmのレンズと言うと、「SMC PENTAX-M 50mm 1:1.4」くらいしか無い。
幸いKマウントからEFマウントへのマウントアダプターもあるので、今度カメラに付けて月や星を狙ってみようかな?
あとはステップダウンリングを付けて他のレンズに付けても面白いかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

「EF-S10-18/4.5-5.6IS STM」が入っている!

市内の中古カメラショップにCANONのAPS-C機用広角ズームレンズ「EF-S10-18/4.5-5.6IS STM」が入荷している。
前々からEOS用の広角ズームが欲しかったのでこれは気になる・・・
でも値段を調べて見るともう少し出せば大手量販店で新品が買えてしまうから、今回のは見送りだな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

パナのフルサイズ機のマウントはライカSLマウントらしい

パナソニックが開発しているフルサイズミラーレス機のマウントは当初SLマウントではないか?と噂されていたが、その後にかなり強く否定された。
ところがここにきて噂の元になっている情報サイトがSLマウントであることを確認したとしている。
どうも情報が錯綜していたらしいが、今度こそ決まりなのかな?
さすがにパナソニックが独自マウントを開発するというのは信じ難かったので、これはこれでありかな?と。
ボディよりもレンズ群が遥かに高価となるが、ユーザーは当初(フランジバックの長い)レフ機用のレンズをアダプター経由で使うことで凌げることになるのか?

←クリックしてくれると嬉しいです。

パナソニックのフルサイズ参入は本当か・・・

少し前からネット上でパナソニックがフルサイズミラーレス機を発表するという噂が流れていた。
つい最近では9/25に開発を発表するのが確実という噂が流れ始め、これはどうやら本当らしい・・・
これまでオリンパスと並んでマイクロ4/3機を出していたのが(APS-Cを飛び越えて)いきなりフルサイズ市場に参入とはねぇ、、、
レンズのラインアップはライカブランドのを最初に出して来るのだろうか?
それとも自社ブランド?
どちらにしてもある程度の数を揃えるには時間がかかりそう・・・
ライカのフルサイズ用レンズが使えれば良い(価格の面が問題ではある)が、ライカのSLマウントの採用はしないとの噂もあるし、どうなるんだろうな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

「60-600mm」か・・・

SIGMAが「60-600mm F4.5-6.3 DG OS HSM | Sports」というレンズを近々出すらしい。
既に製品の画像もリークされているのでほぼ間違い無いんだろう。
ラインがSportsとなっているので、屋外スポーツ等がメインのプロ向けかな。
ちょっと気になるレンズだけど、とても買えそうな値段じゃないんだろうな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

こんなに画質が違うとは・・・

昨日届いたNikonのDXフォーマット用標準ズームレンズ「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II」の試し撮りをしてみた。
旧型の「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」で撮影したマンションの壁を新型でも撮影して比較してみたのだけど、写りにはっきりと差があるのが判った。
下の左側が新しい「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II」で撮影、右側が「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」で撮影した画像の一部で、旧型で一番画質が悪かった左上の部分を等倍で切り出したもの。

ボディは両方とも「D60」で焦点距離はワイド端の18mm、絞りは旧型が4で新型が開放の3.5、どちらもJPEG撮って出しなのでレンズ性能の違いだけが異なると言って良いと思う。
正直言ってここまで違うとは思わなかった・・・
ここまで違うと旧型はなんらかの不具合があったのでは無いだろうか?とも思えてしまうなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。