More from: ホンダ

ホンダ勢は2台のみポイントゲット

自動車レースのF1は第14戦のトルコGPが昨日決勝を行い、HONDAのパワーユニットを搭載する4台中2台が10位以内でフィニッシュしポイントを獲得した。

レースウィークを通して雨に見舞われたこのレースで、HONDAのパワーユニットを搭載する2チームの内、ASTON MARTIN RED BULL RACINGの2台は予選で2番手と4番手を獲得。
対照的にSCUDERIA ALPHATAURI HONDAの2台は15番手と17番手と下位に沈み明暗を分けた。
決勝でも雨の影響でタイヤの選択(と言ってもスタート時はフルウェットでレインタイヤしか選べない)と交換タイミングで順位が変動し、RED BULLのアルボンが良いペースで上位を伺うが、オーバーテイク時にスピンをしてタイヤ交換が必要となり後退。
結局、RED BULLのフェルスタッペンが6位、アルボンが7位でポイントを獲得したが、ALPHATAURIの2台は後方でのレースとなり前をふさがれた形でポジションを上げられず、クビアトが12位、ガスリーが13位でのフィニッシュとなった。
両チームで明暗を分けた形になったが、RED BULLの2台ももっと上位で終わりたかったところなので、結果には不満だなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

HONDAがF1撤退を発表!

自動車レースの最高峰と言われるF1(フォーミュラー1)にエンジン(のみでは無いが)サプライヤーとして参入しているHONDAは、2021年のシーズン限りで撤退することを発表した。
昨年は3勝(Red Bull:3勝)、今年は2勝(Red Bull:1勝、AlphaTauri:1勝)をあげており、優勝という目標も達成し一定の成果が上がったということなのだろうか?
2021年限りとしているのは2つのコンストラクターやFIAとの契約の関係もあるのだろうが、残念なことだなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

フェルスタッペンが6戦連続で表彰台ゲット!

自動車レースのF1GPは先週末スパ・フランコルシャンで第七戦のベルギーGPが行われた。
HONDAのパワーユニット(PU)を搭載する2チーム4人のドライバーの中ではAston Martin Red Bull Racingのマックス・フェルスタッペン選手が3位に入賞して6戦連続の表彰台を獲得した。
フェルスタッペンは終盤まで2位のボッタス(メルセデス)を追い上げたが、最後はタイヤのグリップ低下で3位をキープすることになった。
チームメイトのアレクサンダー・アルボンは最後にオーバーテイクを許しスタート時より1ポジション落とした6位でフィニッシュ。

このレースで“ドライバー・オブ・ザ・デイ”に選ばれたのがSCUDERIA ALPHATAURI HONDAのピエール・ガスリー。
HONDA勢で唯一ハードタイヤでスタートしたガスリーは11周目のセーフティーカー導入時に4番手まで順位を上げる等健闘したが、ラスト17周というところでタイヤ交換のためにピットインし、順位を16番手まで落としながらもそこから怒涛の追い上げを見せた。
10番手を走るチームメイトのダニール・クビアトに追い付くと、クビアトはガスリーを先行させ、それに応えたガスリーはさらにRACING POINTの2台をもパスして最後には8番手でフィニッシュ。
なんと17周で8台を抜くという離れ業を見せた。
クビアトは12位でのフィニッシュとなったが、HONDA勢は4台中3台がポイントをゲットという結果になった。
メルセデス勢が圧倒的に速い中、HONDA勢のチャンピオン獲得は非常に困難になって来たが、次週(今週)末のイタリアGP(モンツァ)でもプッシュして少しでもポイント差を減らすように頑張って欲しいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

HONDA勢の中で3台がポイントを獲得!

自動車レースのF1でHONDA勢4台の内3台が入賞しポイントを獲得した。
イギリスのシルバーストーンで行われた第4戦では予選で相変わらずMERCEDES勢が速く、ASTON MARTIN RED BULL RACINGのフェルスタッペンが1秒以上離されて3番手に付くのが精一杯。
HONDA勢の他の3台はQ2を通過することが出来ず11番手以降(11,12,19)からのスタートと苦しい展開が予想された。
決勝ではアクシデント等がありながらHONDA勢は健闘し、3番手スタートのフェルスタッペンが終盤にタイヤのパンクに襲われたMERCEDES勢の内ベッテルを抜いて2位に上がり、すぐにソフトタイヤに交換しトップを追い上げそのままフィニッシュ。
他の3台の内クビアトは11週目にクラッシュしリタイアとなったが、残るガスリーとアルボンは先行車をオーバーテイクしながら順位を上げ、最後にはガスリーが7位、アルボンが8位でフィニッシュ。
それぞれポイントをゲットしている。
トップのMERCEDESとのポイント差はまだまだ大きいものの、残りレースでどこまで近づくことが出来るだろうか。

次戦は同じシルバーストーンで今週末に行われる。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ブレーキパッドとディスクローターを交換した

ウチの車(2008年式フリード)のフロントブレーキから擦るような音が出てきたので、ネットで見つけた修理工場で見積もりを取った。
見積もりによるとブレーキパッドの他にディスクローターの交換も必要と言われ、部品と工賃を合わせて4万円ちょっとになった。
ちょうど新型コロナウィルス対策で特別給付金が貰えることになっていたのでこの金額でも良いかと思ったが、パーツ代が高いかな?と思って楽天で探してみたら下の商品を発見。

なんと工場が提示して来たローター1枚分強の価格で全部揃うことになっている。
その他にもいろいろな組み合わせを検討したが、安さには勝てずこの品物を注文した。
適合性も確認しての注文だったのでその日の内に出荷され、翌々日には手元に届いた。
問題は交換作業の依頼先なんだけど、仕事の関係で日曜日か隔週の土曜日にしか車を持ち込めない。
ネットで修理工場を探してみても日曜に作業して貰えるところは工賃が結構高いし、最初に見積もりを出してもらったところは部品持ち込みだと見積もりより工賃が上がってしまう。
そうこうしている内に日にちは経ってしまったが、ネットで見つけた有限会社大麻(おおあさ)自動車というところに問い合わせたところ費用も安いし日程的にもこちらの希望に沿う形で作業をしていただけることになった。
今日がその作業日だったので午前中に車を持ち込んで作業をしていただきフロントのディスクローターとパッドが新品になった。
古いローターは錆が凄くて周囲や内側の一部はボロボロになっていて手で触ると錆が剥がれてくるほど酷い状態だったし、パッドの方も使用限界を超えていた(汗)。
交換して貰ったので異音もしなくなり、これでまた何年かは安心して乗れるようになったよ。
交換作業をしていただいたのはココ。

費用は全部で7,700円(税込)だった。
タイヤ交換も安くやって貰えるみたい。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ホンダが「CIVIC TYPE R」のマイナーチェンジ延期を発表

ホンダは今年の夏に予定していた「CIVIC TYPE R」のマイナーチェンジ版の発売を延期すると発表した。
新型コロナウィルスの影響で生産活動に影響が出ているのがその理由としていて、新たな発売日に関しては未発表。
なにせイギリスで生産している車で、彼の国では未だに感染者及び死者の発生が収まらない状況なので仕方ないものと思われる。
普通の人には縁のない車だけど、待っていた人もある程度はいるんだろうな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

HONDAが「CLARITY FUEL CELL」の個人向け販売を開始

HONDAが同社の燃料電池車「CLARITY FUEL CELL」の個人向けのリース販売を昨日(6/11)から開始した。
今のところ燃料供給の可能な水素ステーションが設置されている都道府県のみのHonada Cars35法人での扱いとなり、販売方式はリースのみ。
価格は7,836,400円(税込み)だが、リースのみなのでメーカーサイトでは販売店へリース料金を問い合わせて欲しいとなっている。
これまで法人及び自治体へのリーズ販売だけだった「CLARITY FUEL CELL」が個人向けに供給されるようになって街で見かけることも出来るようになるかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

ホンダが4車種のリコールを発表

ホンダが昨日「ステップワゴン」等の4車種のリコールを国土交通省に届け出た。
リコールの内容は昨年の八月から九月にかけて製造された「ステップワゴン」「フィット」「VEZEL」「シビック」の4車種(計8,390台)において、後部座席のシートベルトが正常に動作せず、急激に引き出された場合でも固定されない場合があるというもの。
今日6/5から対象車の購入者にダイレクトメールで連絡し対処するとのこと。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ホンダが「シビック」等5車種をリコール

ホンダが日本国内及びイギリスとアメリカの工場で製造された合わせて5車種のリコールを国土交通省に届け出た。
対象は下記の通り。
”ホンダ オブ ザ ユーケー”で2018年8月21日~2019年9月13日の間に製造された「シビック」7,572台
”ホンダ オブ アメリカ”で2018年9月5日~2019年10月4日の間に製造された「NSX」36台、
国内工場で2018年6月4日~2019年6月28日の間に製造された「CR-V」7,601台、
同じく「インサイト」2,878台、
同じく「シビック」1,427台、
同じく「レジェンド」521台
合計で20,035台となっている。
リコール内容は低圧燃料ポンプ内のインペラの成型条件不良により燃料によってインペラが膨張しケースに接触し、最悪の場合は燃料の圧送が停止して走行中にエンジンが停止する恐れがあるというもの。

私も過去に信号待ちの最中等にいきなりエンジンが停止して焦ったことが2回ほどあるけど、走行中(特に高速道路では)に止まったらと思うと怖いよなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

HONDAのNEW「アコード」は明日(2/21)発売

HONDAは明日2/21に新型「アコード」を発売する。
今モデルで10代目となる「アコード」はプラットフォームから新設計とのことで、デザインも先代モデルとはかなり変化した印象を受ける。
6ライトキャビンなんてどこかのクラウンかと思ったよ(笑)。
パワートレインは相変わらずハイブリッドオンリーで、呼び方が「i-MMD」から「e:HEV (イー エイチイーブイ)」となっただけで目新しさは感じられない。
駆動方法も先代同様FFのみで、雪国で重宝する4WDの設定は無し。
うーん、HONDAは本気で国内販売をする気があるのか疑問なんだけど、もともとメインの市場は北米だから、”日本でも多少希望があるので売りますよ”といったところなのだろう。
国内での月間販売目標が300台なのもその表れなのだろうな・・・
つか、先代モデルからの買い替え需要が無くなったら月に100台も売れないのではなかろうか???

←クリックしてくれると嬉しいです。