マツダがミニバン市場から撤退

マツダがミニバン市場から撤退するのでは?という噂が以前から出ている。
マツダのミニバンと言うと大きい方から「MPV」「ビアンテ」「プレマシー」があるが、どれも見かけることの少ない希少車といえる。
たしかに1月の販売台数を見ると「ビアンテ」と「プレマシー」が3ケタだが、一番高い(=利幅の大きい)「MPV」は僅か42台。
3車種合計でも千台も売れておらず、「ヴォクシー」や「セレナ」の数分の一という悲惨さ。
モデルライフが一番古い「MPV」が丸10年、「ビアンテ」が7年半、最も新しい「プレマシー」でも5年半なので、どれもフルモデルチェンジをしてもおかしくない。
元々の人気の無さに加えモデル末期ともなればよほどのことが無い限り販売台数が上向く事は無い。
かといってモデルチェンジをするには多大なコストがかかるが、そこまでしても売れると言う保証はないわけで、この際いっそのこと3モデルとも廃止する方向ではなかろうか、と言われている。
マツダではミニバンの替わりに現在販売好調なSUVのラインアップを拡充するということらしい。
たしかにマツダの車で売れているのはコンパクトカーの「デミオ」の次は小型SUVの「CX-3」だし、それより大きい「CX-5」がその次だから判らないでも無い。
もし噂通りで「プレマシー」まで廃止になったら日産にOEM供給している「ラフェスタハイウェイスター」も廃止と言うことになるのだろうな。
一時期「ラフェスタハイウェイスター」も良いかな?と思ったことがあるけど、4WD車の燃費が悪過ぎて検討対象から外してしまった。
なんで「スカイアクティブ-G 2.0(PE-VPS)」をFFにしか採用しなかったのだろう?(4WD車は旧型のLF-VEのまま)。
組み合わせるミッションのせいかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」第二十一話

いやぁ、まさかまさかの展開でビックリ!
確かに前回と言い今回と言い随分と出番が多いなぁ、と思っていたら実は死亡フラグだったとは・・・
フミタンの死はある意味必要だったかもしれないけど、今回の彼の死は必要だったのだろうか?
長井監督はどこを目指しているのだろう?
まさか今後毎回重要なキャラが死んでいくようなことは無いだろうなぁ、、、
”V”みたいなラストは嫌だよ?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

サンヨンも入っていたのか・・・

市内の中古カメラショップにCANONの「EF300/4L IS USM」も入荷していたらしい。
気付いた時には既に売れてしまっていたが、価格を見ると中古の相場より結構安かったらしく、欲しい人がたまたま見かけたのかな?
このレンズの評判を見ると古いレンズでISの効きもイマイチだけど、使い方によっては使えるようだ(野鳥等は難しいらしいが)。
サンニッパに比べると軽くて安いのが魅力だねぇ。
Canon 単焦点望遠レンズ EF300mm F4L IS USM フルサイズ対応
B00005QF6R

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「世界の山ちゃん」でカード支払いでポイント5倍

「世界の山ちゃん」といえば名古屋発祥で手羽先が有名なチェーン店。
このお店で支払いに楽天カードを使うとポイントが通常の5倍付くと言うキャンペーンが始まっていた。
キャンペーンにエントリー(メールマガジンの購読が必須)して、「世界の山ちゃん」での支払いを楽天カードで行うと、6月末頃に通常のカード利用ポイント以外に4%分のポイント(7月末まで有効の期限付き)が付与されるとのことだ。
一見お得のように思えるけど、期間限定ポイントを使うために買い物をしてしまうことになり、場合によっては不要な出費をしてしまうことになりそう。
もちろん、ちょうど必要なものがあれば買い物をする足しにはなるんだろうけど、今から7月の買い物の予定は立てられないものなぁ(汗)。
あー、でも久しぶりに手羽先が食べたくなってきたな(笑)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ソフトウェアまで統一されていたのか・・・

MotoGPのレギュレーションが今年から(も?)変わった。
まずタイヤのサプライヤーがブリジストンからミシュランへ変更された、ということはサスセッティングを始めいろいろとマシン側も弄らなくてはならない。
さらに制御ECUのソフトウェアもこれまでの独自開発から指定のものに統一されたとか。
もちろん各種パラメータの変更は可能だけど、どのパラメータをどう弄るとどう変わるかは”やってみなくては判らない”。
こりゃ各チームともシーズン開始まで(開始後も)セッティングで悩みそうだねぇ・・・

それにしてもそこまで統一するなんて、コスト削減とはいえよくやるなぁ・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS Kiss X7」も入荷かぁ

市内の中古カメラショップの在庫情報が更新され、新たにほぼ新品のCANONの「EOS kiss X7」が追加された。
既に「X8i」が出ているとはいえ現役で販売されている入門機。
それがほぼ新品で中古ショップに出て来たということは、なにかあるのだろうか?
後継機となる「EOS kiss X8」は噂は流れているけど、CP+でも発表されなかった(上位機種の「80D」はCP+前に正式発表された)。
それでももうすぐ出て来るだろうとは思われるので、在庫処分で安く流れたのを購入した人がすぐに売ったのだろうか?
そもそもCANONは「EOS kiss X8」を出した後は「EOS kiss X7」を販売をやめるのかな?
それとも「EOS kiss X70」のような廉価版として継続販売するのかな?
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 ボディー KISSX7-BODY
B00BXVR6XE

個人的にはkissシリーズは「EOS kiss X4」があるのであまり食指は動かないなぁ。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

昨夜の吹雪

昨日の札幌は一日中断続的に風と雪が強くなり、外装工事の足場が崩れる等の被害が出た。
夜になっても時々吹雪になって視界が悪くなることも(汗)
storm20160301
上の写真を撮った後も激しく降って積雪が15cmほど増えた(汗)。
まだまだ春は遠いなぁ・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

うわ!「EOS 50D」が入荷か!

市内の中古カメラショップにCANONの「EOS 50D」が入荷した。
先日ジャンクで引き取った「EOS 40D」の後継機種で、一時期本気で購入を検討したこともあるカメラだ。
引き取った40Dはシャッターの先幕が動かず撮影が出来ず、修理するか中古で買うかを検討していた時に、せっかくなら50Dかさらに後継機種の60Dが良いと思いヤフオクで探してみたが、意外と高くて見送っていた。
今回入荷したのは外観の状態はあまり良く無いみたいだけど、その分価格は手頃。
本来はボディだけで良いんだけど、バッテリーグリップとバッテリー2個と充電器も付いている。
ボディ以外は手元にあるんだけど、手持ちの用品(バッテリーグリップと充電器)を下取りに出して買おうかなぁ?
他にも使わないレンズとかもこの際売りに出してしまうかな?
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 50D ボディ EOS50D
B001ET6OEC

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

今日から札幌ドームでオープン戦

プロ野球の北海道日本ハムファイターズはキャンプを行った沖縄から札幌に戻り、今日3/1から札幌ドームでオープン戦を行う。
今日と明日は読売との2連戦で、週末の3/5-6は横浜との2連戦が予定されている。
来週はQVCマリンスタジアムでロッテとの対戦後、翌日からは鎌ヶ谷で横浜と埼玉西武の2連戦をこなし、週末には甲子園で阪神2連戦が予定されている。
開幕まで一カ月を切り段々と盛り上がってきたかな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ブガッティ ヴェイロンの後継「シロン」がお目見え!

最高速度400Km/hというふれこみでデビューし、昨年完売したブガッティ「ヴェイロン」の後継「シロン」がジュネーブモーターショー2016でワールドプレミアとなった。
1001hpという当時としては桁違いの出力のエンジンを搭載してデビューした「ヴェイロン」だったが、後継の「シロン」はさらに上を行く1500hpというとんでもない最高出力でのデビューとなった。
パワートレインは「ヴェイロン」と同じ8LのW16気筒4ターボエンジンだが、改良を加え「ヴェイロン」のスーパースポーツの1200hpを25%も上回る出力を手に入れている。
その走行性能は最高速度420Km/h、0-100Km/h加速は僅か2.5秒という”非日常的”なもの。
とはいえ0-100Km/h加速の数値は「ヴェイロン」と同じで、最高速度のみ「ヴェイロン」の公称値である407Km/hを僅かながら上回っている。
発売は今年の秋の予定で、先行予約で販売予定台数500台の1/3の注文が入っているとか。
価格はベース価格が240万ユーロ(およそ2億9400万円)で、これにいろいろとオプションが付くといったい幾らになるのだろうか(笑)。
なんて気にする人には買えないことは間違いない(笑)。

ちなみに車名の「シロン」というのはかつてのブガッティのレーシングドライバー”ルイ・シロン(Louis Chiron )”から取っていると思うけど、「ヴェイロン」発表前の1999年のフランクフルトモーターショーでコンセプトカーとして公開された「EB18/3シロン」が復活した形だね。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。