今朝は好い天気

昨日までは雲の多い朝が続いたけど、今朝は青空が広がって気持ちの良い天気になっている。
気温は最低気温こそ平年より1度低い13.4度だけど、7時には早くも18度近くまで上がってきている。
予報では今日は晴れで予想最高気温は夏日となる25度。
陽射しもあるから日向では暑くなりそうだ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

緊急事態宣言は効果があったと言えると思う

札幌を含む北海道に5/16から発令されていた緊急事態宣言は昨日一杯で解除された。
今日からは「まん延防止等重点措置」に切り替えられ、飲食店の営業や酒類提供の自粛に関しては緩和されることになった。
緊急事態宣言中に新規の感染者数は減り続け、札幌では5/13には最多の499人だった新規感染者は6/7には100人を下回り、その後一旦は100人超まで増えたが、6/11には76人と再度100人を割り込んでからは今日まで11日連続で100人を下回っている。
特に今日は28人と発表されていて、3/16以来ほぼ三ヵ月ぶりに30人未満となった。
やはり緊急事態宣言とそれにともなう飲食店等への営業時間短縮・酒類提供の自粛の効果が出たと見られる。
ただ、患者数は減っているものの病床の逼迫度は改善していない(自宅等での待機患者数が多い)ので、今後も不要不急の外出及び他人との接触は控えるべきなのは変わらないと思う。
早く安心して遊びに行ける日が来ると良いなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

Red Bullが3連勝!

自動車レースのF1グランプリは第7戦のフランスグランプリの決勝が行われ、Max VERSTAPPEN(Red Bull Racing Honda)が優勝した。

前日の予選でポールポジションを獲得したVERSTAPPENはスタートでトップを取ったが、ターン1の出口で大きく膨らみコース外に出てしまい2番手スタートのLewis HAMILTON(Mercedes)に先行を許してしまった。
レースはそのまま進行したが、18週目のタイヤ交換時にVERSTAPPENが前の周にタイヤ交換し3番手を走っていたValtteri BOTTAS(Mercedes)の前でコースに復帰しただけでなく、次の周にタイヤ交換をしたHAMILTONに先行することに成功しトップに返り咲いた。
その後HAMILTONの追撃を受けながら走っていたVERSTAPPENのタイヤが厳しくなったことでチームは2ストップ作戦を選択、32周目に2度目のピットインをしてミディアムタイヤに交換。
当然この間に後続車には抜かれたが、Mercedesの2台とチームメイトのSergio PEREZに続く4番手でコースに復帰するとそこからハイペースで追撃し、ハードタイヤでロングスティントを走るMercedesを追いかけ、残り9周となった44周目にはトップと5秒差で走る2番手のBOTTASをオーバーテイクし2番手に浮上。
さらに49周目にはPEREZもBOTTASをオーバーテイクしてRed Bullが2-3体制となった。
そして残り2周となった52周目にVERSTAPPENがミストラルストレートでHAMILTONに追いつき、シケインの飛び込みでインを差してオーバーテイクに成功し再びトップに返り咲いた。
VERSTAPPENはそのままリードを広げて(HAMILTONも無理はしなかったのだろう)フィニッシュ、3番手のPEREZもBOTTASとの差を6秒まで広げて3位でフィニッシュ、Red Bullのドライバーが1位と3位で表彰台に登った。
優勝したVERSTAPPENはファステストラップのポイントを含めて26ポイントを獲得し、ドライバーズポイントを131点として2位のHAMILTONとの差を12ポイントに広げた。
コンストラクターズチャンピオンシップポイントも合計41ポイントを獲得し、2位のMercedesとの差を37ポイントに広げた。

予選6番手からスタートしたPierre GASLY(Scuderia AlphaTauri Honda)も7位でフィニッシュし6ポイントを獲得、予選Q1でクラッシュしタイムなしのうえマシンの修理でパーツ交換を行ったことで最後尾及びピットからのスタートとなった角田裕毅も着実に順位を上げ13位でフィニッシュしている。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が3試合連続!

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手が地元でのタイガース戦に2番DHで先発出場。
第2打席までは三振だったが、二塁に走者を置いて打席に立った五回の第3打席ではバックスクリーンに今季第23号となる2点本塁打を放った。
シーズン23本はファイターズ時代を含めて自己最多で、日本人メジャーリーガーの放った本塁打としては2005年の松井秀喜氏に並んで4位タイ、同じく松井氏が2004年に記録した最多の31本にあと8本と迫った。

1-3と2点のリードを許している場面で打席に立った大谷はボールカウント1-2からの真ん中低目に来た85マイルの落ちる変化球に多少泳ぎながらもバットを出すと、打球はバックスクリーンに届く本塁打となった。
打たれた投手も「なんであれが入るの?」といった表情をしていた。

今季2度目の3試合連続の本塁打で、ここ6試合で6本というハイペースで両リーグトップに並んだ。
しかもこの6試合の間に先発登板して投手として3勝目を挙げているなんて現実離れした活躍だねぇ、、、(汗)。

試合は大谷の本塁打でエンゼルスが同点に追いついたが、延長10回3-5で敗れて連勝が3でストップし、勝率五割に戻っている。

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

雲が切れてきた

朝まで雨が降っていて、その後も曇り空だった札幌。
15時を回ってからところどころに雲の切れ目が出来てきた。
時折、その雲の切れ目から太陽が顔を出すこともあり、陽射しが眩しいこともあった。
気温は肌寒く感じた昨日よりは高くなり、最高気温こそ昨日より2度しか高くないが、18時になっても20度近くあって昨日より4度ほど高い状態。
陽射しもあるので、窓を開けていても涼しく感じるだけで寒くは無いのはありがたいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

フランスGPでHONDAがPP獲得

自動車レースのF1の第7戦フランスグランプリはこの週末にポール・リカール・サーキットで行われている。
日本時間で昨夜の予選ではHONDAパワーユニットを搭載するRed Bull Racing HondaのMax VERSTAPPENがただ一人1分30秒を切るタイムでポールポジションを獲得した。
HONDAパワーユニットを搭載するチームとしては今年の開幕戦であるバーレーンGP以来のポールポジション獲得で、HONDAとしては通算82回目となる。
今夜の決勝も楽しみだけど、前2戦と異なりクローズドサーキットなので予選で2番手と3番手を獲得したMercedes勢2台をどう抑えていくかが肝だろうな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ連日の・・・

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは福岡での福岡ソフトバンクとの三連戦の最終日。
昨日は逆転しながらも土壇場で追いつかれての引き分け。
今日は初回に淺間の先頭打者本塁打で先制したものの、その後は得点が無く相手に追いつかれて引き分けた。
先発の加藤が八回を被安打2与四球1のほぼ完ぺきな投球を見せたものの、打たれた安打の1本が同点本塁打だった。
最終回も昨日最後に同点本塁打を浴びた杉浦が三者凡退に抑え、この試合の投手陣は満点の出来。
それに対して打撃陣は毎回走者を出し、3-5回以外は全て得点圏に走者を送りながら”あと一本”が出ずに得点は最初の淺間の本塁打の1点だけに終わり、加藤の好投を活かせなかった。
この三連戦を1勝2分けの勝ち越しで終わらせたのは良かったんだけど、勝ちきれないファイターズの病巣は厄介そうだなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が2試合連発!

米メジャーリーグ(MLB)のロスアンジェルスエンゼルスの大谷翔平選手は地元でのタイガース戦に2番DHで先発出場。
初回の第1打席は空振り三振だったが、1-0で迎えた三回の第2打席では三塁に走者一人を置き、左翼への第22号の2点本塁打を放った。
相手投手の投じた外寄りのボールに合わせるようにバットを出したように見えたが、打球は左翼フェンスを軽々と超えた。
これで直近5試合で5本目の本塁打となり、メジャーデビュー(2018年)の22本に並び自己最多タイとなった(ファイターズ時代も日本一になった2016年の22本が最多)。
シーズンはまだまだ前半戦の途中、この調子で打っていたら50本を超えるペースだよ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。