More from: 健康

昨日より1割減った

札幌市が今日1/28に発表した新型コロナウィルスの新規陽性反応者は1,430人。
過去最多を大幅に更新した昨日より1割も減り、陽性率も少し下がって29.9%で30%を下回った。
患者数は前日から850人増えて8,368人。
また80歳代の男性1人の死亡も発表されている。

北海道では他に北海道発表分が過去最多を更新する1,050人、旭川市発表分が97人、函館市発表分が159人、小樽市発表分が39人で合計では2,775人で過去最多となった昨日よりは減少した。
また北海道は70歳代の女性1人と80歳代の男性2人の合わせて3人の死亡を発表している。

←クリックしてくれると嬉しいです。

”マンボウ”初日に1,000人オーバー!

札幌市が「まん延防止等重点措置」適用初日の今日1/27に発表した新型コロナウィルスの新規陽性反応者は一気に1,000人をオーバーする1,590人で過去最多を大幅に更新した。
また、50歳代の男性と70歳代の女性1人ずつの死亡も発表された(ともに1/25死亡)。
陽性率は32.1%で1/24発表分の37.1%よりも低いが、これは検査数が大幅に増えた(2,369人→4,954人)ため。
患者数は治療終了者が484人と多くなってきたために前日からの増分は1,104人で7,518人となった。

北海道では他に北海道発表分が過去最多を更新する929人(石狩273人、胆振144人、釧路107人他)、旭川市発表分が86人、函館市発表分も過去最多を更新する214人、小樽市発表分が37人で合計2,856人で2日連続で2,000人を超えた。
また北海道は6人の死亡もあわせて発表している。
死亡したのは全て高齢者で70歳代が3人、80歳代90歳代100歳代が1人ずつとなっていて、高齢者は死亡のリスクが高いことを示している・・・と言う人も多いのだろうが、この年齢になると他の要因での死亡も十分に考えられ、たまたま死亡時に感染していただけとも考えられるからこの数字だけからは何とも判断出来ないね。

今日からの「まん延防止等重点措置」で飲食店等には営業時間の短縮等の要請が出ているので、1週間から10日後には新規陽性反応者数の減少が期待出来る・・・かな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

円楽師匠が入院!

落語家の三遊亭円楽さんが昨日1/25に入院したことを所属事務所が発表した。
発表によると円楽師匠は脳梗塞のために入院して治療中で本人に意識はあるが、オミクロン株の感染拡大の影響もあって家族ですら面会できない状況で詳細は不明とのこと。
新型コロナウィルスへの感染では無いとのこと。
大事に至らないことをお祈りします。

←クリックしてくれると嬉しいです。

今日も最多を更新

札幌市が今日1/26に発表した新型コロナウィルスの新規陽性反応者は過去最多となる953人で、2人の死亡も発表された。
陽性率は24.6%で30%を下回った。
患者数は前日から438人増えて6,414人となった。

北海道では他に北海道発表分が過去最多となる861人(石狩229人、釧路125人等。道外19人を含む)、旭川市発表分が92人、函館市発表分が初の3桁となる143人、小樽市発表分が42人で合計で初めて2,000人を超す2,091人となった。

明日1/27からは全道を対象に「まん延防止等重点措置」が適用されるが、これでどれくらい抑え込むことが出来るか・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

今日はさらに減った!

札幌市が今日1/25に発表した新型コロナウィルスの新規陽性反応者は前日より620人(うち再陽性31人)。
これは前々日から20人以上減った昨日1/24よりもさらに260人も少なくなった。
とは言え、これは検査数が前日分よりさらに少なかっただけで、陽性率は30.7%と前日よりは低くなったもののまだまだ高水準。
併せて80歳代男性1人の死亡も発表された。
患者数は前日から94人増えて5,976人となった。

北海道では他に北海道発表分が過去最多となる729人(石狩218人を始め釧路と胆振で100人オーバー、他道外3人を含む。加えて死亡2人)、旭川市発表分が54人(加えて死亡1人)、函館市発表分が最多となる98人、小樽市発表分が35人で合計1,536人となった。
先導で発表された死者4人は全て高齢者(80歳代3人、90歳代1人)で、やはり高齢者が感染した場合の死亡リスクが若年層よりも高いということなのか。

←クリックしてくれると嬉しいです。

今日は月曜なので少し減った

札幌市が今日1/24に発表した新型コロナウィルの新規陽性反応者は880人(再陽性48人)。
月曜日なので検査数が少なく陽性反応者数は少し減ったが、誤差だよなぁ、、、
陽性率は反対に跳ね上がって37.1%、患者数は前日から594人増えて5,882人と6,000人間近になった。

北海道では他に北海道発表分が622人(石狩201人、釧路111人、胆振105人等3管内で100人超え他)、旭川市発表分が32人、函館市発表分が38人、小樽市発表分が17人で合計1,589人となった。

政府は明日25日に「まん延防止等重点措置」の適用を決定すると思われるが、効果が出るまで10日前後はかかるのではないかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

今日も900人超え

札幌市が今日1/23に発表した新型コロナウィルスの新規陽性者は前日より減って903人。
連日の過去最多の更新はストップしたが、依然として多いことに違いは無い。
陽性率も20.3%で若干下がってはいるものの相変わらず高い水準。
患者数は前日より622人増えて遂に5,000人を超えて5,288人となり昨年5/28の5,252人を超えて過去最多となった。

北海道では他に北海道発表分が586人、旭川市発表分が34人、函館市発表分が33人、小樽市発表分が35人で合計1,591人で前日よりは少し減った。

北海道全体も札幌市も僅かとは言え前日より減少したので、これで減少に転じてくれれば良いんだけどねぇ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

今日も900人越え!

札幌市が今日1/22に発表した新型コロナウィルスの新規陽性反応者は907人(内、再陽性47人)で2日連続で900人を超え、4日連続で過去最多を更新した。
陽性率は21.7%と相変わらずの20%越え、患者数は前日から746人増えて昨年6/1以来となる4,000人越えとなる4,666人にまで増えた。

北海道では他に北海道発表分が597人(石狩180人、胆振97人、釧路62人他、道外3人を含む)、旭川市発表分が38人、函館市発表分が37人、小樽市発表分が26人で合計1,605人となり2日連続で1,600人を超えた。

札幌の新規陽性反応者を年代別に見ると20歳代が302人で最も多く全体のほぼ1/3を占め、次いで10歳代が129人、30歳代が128人と100人を超えており、この年齢層だけで全体の半分を超える559人となる。
比較的若い世代に多いということは、やはり年末年始の帰省に併せての会食や20歳前後の人は成人式とそれに伴い集まった人による会食等で拡散したとも考えられる。
昨年12月半ばまでは1日当たりの新規陽性反応者数が一桁となっていて気が緩んだ人たちが年末年始等で集まって感染を拡大させたとしか思えないなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

連日の最多更新

札幌市が今日1/21に発表した新型コロナウィルスの新規陽性反応者は902人。
三日連続での過去最多を更新となった。
陽性率は20%超えの22.2%と依然として高い水準。
患者数は前日から785人増えて3,920人と昨年6/1以来の4,000人オーバーが目前となった。

北海道では他に北海道発表分が593人(石狩222人他、道外29人を含む)、旭川市発表分が45人、函館市発表分が53人、小樽市発表分が51人の合計1,644人で函館市小樽市と共に過去最多を更新した。
病床使用率も17.9%となり、知事がまん延防止等重点措置の適用申請の目安とした20%を数日中に超える見込みとなったために国に対して適用を申請すると発表された。
まぁ、ここまで感染が拡大してしまったのでは否が応でも適用して飲食店等の営業を規制しないとダメという判断をせざるを得ないよなぁ・・・
これでまた飲食店関係者から非難されるだろうけど、それは甘んじて受けるということか。

←クリックしてくれると嬉しいです。

さらに記録を更新

札幌市が今日1/20に発表した新型コロナウィルスの新規陽性反応者は過去最多を記録した昨日よりさらに増えて793人で2日連続で最多記録を更新した。
陽性率は21.0%と再び20%を超え、患者数は前日から705人増加し昨年6/7以来の3,000人超えとなる3,135人となった。

北海道では他に北海道発表分がやはり過去最多となる515人(石狩203人、胆振71人、釧路49人他道外1人を含む)、旭川市発表分が51人、函館市発表分が前日と同じ46人、小樽市発表分が32人で合計1,437人でこちらも過去最多を更新した。
病床使用率は前日から0.6%上昇して15.8%となり、道が”まん延防止等重点措置”の適用を申請する目安としている20%に少し近付いた。
鈴木北海道知事は1/21に適用を申請するか判断するとしているが、新規陽性反応者数の増加数だけで見ると申請してもおかしくは無いなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。