大谷がメジャー自己最多の6勝目

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平投手は敵地アーリントンでのレンジャーズ戦に先発登板。
2-1の六回で勝ち投手の権利を持って降板し、試合はそのまま2-1でエンゼルスが勝ったためメジャー自己最多の6勝目をあげた。

今季は当初から好投しても援護が無かったり後続の投手が打ち込まれたりでなかなか勝ち星をあげられず、初勝利は4/27(日本時間:以下同じ)のレンジャーズ戦。
五月は1勝も出来ず、2勝目はそれから一ヶ月以上後の6/5のマリナーズ戦で今季8試合目の先発登板時。
六月と七月はそれぞれ4試合に登板し2勝ずつで、八月最初の登板で6勝目をあげた。
二桁の10勝まであと4勝となったわけで、ベーブ・ルース以来の”同一シーズン10勝&10本塁打”の達成が見えて来たかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す