More from: MLB

大谷が今季初登板で100マイル

米MLBのエンゼルスに所属する大谷翔平選手がオープン戦で初登板した。
大谷は一回2/3を投げて3安打1四球の1失点、奪った三振は5個でアウトは全て三振と言う内容だった。
今季初めての実戦登板で41球を投げ、最速は100マイルと過去にない順調な仕上がりぶりだという。
MLB1年目から二刀流で世間の注目を浴びたが、毎年故障してマウンドでの活躍があまり見られないが、今年はシーズンを通して投打の活躍を期待したいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ダルビッシュが移籍

米メジャーリーグのダルビッシュ有投手がサンディエゴパドレスに移籍すると発表された。
面白いことに日本のメディアで速報として流された時には本人には球団からの連絡は入っていないと本人がtweetしていた。
マスコミの先走りをよく表している行為で、時に大きな誤報となることもあるからもうちょっと考えて報道すればよいのにねぇ、、、そんなに早く報道することに視聴者サイドに意味があるとは思えないんだけどなぁ・・・
報道する側にとっては意味があるのかもしれないけど、そんなのは自分たちの都合の押し付けにしかならないことを理解していないんだろうな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズの有原がポスティングシステムでメジャーに挑戦!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは11/26に有原航平投手のポスティングシステムを利用した米国・メジャーリーグ)移籍を承認したと発表している。
既に申請済みで有原とメジャー球団の交渉期間は日本時間同日22時から12/27の7時までとなっている。

2014年のドラフトで1位指名を受け、2015年に入団してその年に8勝(6敗)をあげて新人賞を獲得。
昨年(2019年)には15勝で初の最多勝も獲得しているファイターズのエース。
今季は序盤でなかなか勝てずに苦しんでいたが、それでも最終的には8勝(9敗)をあげている。
今季までの6シーズンで二けた勝利3回と主力として活躍してくれた投手にいなくなられるのは痛いけど、今回のメジャー移籍が実現したらアメリカでも活躍して貰いたいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ダルビッシュが最多勝!

米MLBはレギュラーシーズンの日程を終了した。
シカゴカブスのダルビッシュ有投手は今季8勝(3敗)をあげ、日本人初(アジア人として2回目)の最多勝を獲得した。
今季は新型コロナウィルスによる感染症拡大防止のために試合数が大幅に少なくなったが、その中でも勝ち星を重ねた。
おめでとうございます。

←クリックしてくれると嬉しいです。

レイズの筒香がデビュー戦で本塁打!

米メジャーリーグのタンパベイ・レイズに移籍した筒香嘉智選手が今季開幕戦に3番で先発出場。
1-6と5点ビハインドで迎えた第三打席で2点本塁打を放ち鮮烈なデビューを飾った。
日本人メジャーリーガーでデビュー戦で本塁打を放ったのは5人目で、2016年4月6日のパドレス戦の第2打席で本塁打を打ったドジャース(当時)の前田健太投手以来4年ぶり。

←クリックしてくれると嬉しいです。

カブスのダルビッシュが一試合8連続奪三振のチーム記録を達成!

米メジャーリーグ(MLB)のシカゴカブスに所属するダルビッシュ有投手が17日(日本時間18日)のレッズ戦に登板し、二回から四回にかけて打者8人を連続で三振に打ち取った。
これはカブスのチーム記録で、日本人メジャーリーガーとしてもこれまでの7連続を上回る最多記録となった。
#MLB記録はトム・シーバーが1970年に記録した10連続。

試合は4-2でレッズが勝利しており、ダルビッシュは七回を投げたが負け投手となっている。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が前半戦最終試合で14号を放つ

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手はオールスター前最後の試合となったアストロズ戦で今季14号の2点本塁打を放った。
2-2で迎えた三回の第2打席は走者を三塁においた場面、ここで大谷は左中間に大きな当りを放つと打球は外野手が見上げる高さのままスタンド上の看板を直撃。
左打者が左中間に打った打球とは思えない軌道の本塁打となった。
試合は10-11でエンゼルスが敗れ勝率五割を切ってしまった。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷、ホームランダービー出場ならず

米メジャーリーグエンゼルスの大谷翔平選手はオールスター前夜に行われるホームランダービーへの出場はならなかった。
発表された8選手には含まれないことで出場の機会は無くなった。
野球ファンとしては見てみたい気もするが、昨年10月に受けたトミー・ジョン手術による右ひじへの影響が懸念される。
ホームランダービーは制限時間(4分)以内に何本のホームランを打てるかを競うため、試合時よりも短い間隔でスイングをせざるを得ず、このことがひじに与える影響が心配だ。
来年にも投手復帰を見込んでいるので、オールスターへの出場機会はまだまだあるだろうから、来年以降に期待だな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が今季初の一試合2本塁打

米メジャーリーグ、エンゼルスの大谷翔平選手が6/30(日本時間7/1)の対アスレチックス戦で2本の本塁打を放った。
大谷は第二打席と第四打席でそれぞれ今季第11号と第12号のソロ本塁打を放った。
一試合2本塁打は今季初、昨季からの通算で三度目。
これで六月の月間本塁打数は昨年九月の7本を上回り自己最多の9本となった。

昨季は12号を打ったのが8/7なので、それよりも一ヶ月以上早いペース、しかも今季は肘の手術の関係で試合に復帰したのは開幕から一ヶ月以上も経った5/7なので、ちょっと異常ともいえるペース。
七月最初の試合は不幸にも中止となってしまったが、このペースで打っていたら今年は何本の本塁打を打つことになるのだろう?(汗)。

試合はエンゼルスが3-12と大敗し三連敗となった。

←クリックしてくれると嬉しいです。

イチローが引退!?

米メジャーリーグ、シアトルマリナーズのイチロー選手(45)が今日のアスレチックス戦後に引退を発表すると報じられ大きな話題となった。
昨季は殆ど試合に出ることなく、今季も日本での開幕シリーズ以降はロースターから外れるのでは?と言われていたが、その前に引退表明となった模様。
お疲れさまでした!と言いたい!

←クリックしてくれると嬉しいです。