「EOS R5」「EOS R6」のスペックがリーク

今夜正式発表が予告されているCanonのミラーレス機「EOS R5」と「EOS R6」の詳細スペックを掲載した記事がフライングで情報サイトに掲載された。
記事にはオンラインショップでの価格も掲載されていて、それによると「EOS R5」が46万円(税抜き)で「EOS R6」が30万5千円(同)になるようだ。
量販店では同程度、専門店では多少低い価格になると思われるが、”廉価版”と予想されていた「EOS R6」が意外と高いなという感じがする。
そもそもR6は”廉価版”ではなく標準機という位置付けらしい。
対するR5は”ハイエンド”ということになるということでスペックも物凄いことになっていて、特に動画関係が他社モデルと一線を画すると言って良いほど。
それでいて50万円を切る”動画機としては”異常に安価な設定なので静止画ユーザーよりも動画ユーザーにかなり売れそうだ。
さらにR5はボディ内手振れ補正を搭載し、ISレンズとの協調動作可能で最大8段もの補正効果があると謳っている。

一方R6にはボディ内手振れ補正機構は非搭載のようなのが残念、これで30万円オーバーだと微妙な価格設定だと思うなぁ・・・
動画に関してもR5ほどでは無いが結構なスペックなので、こっちも動画目的の人には受けるかも?
静止画ユーザー向けに動画関係の機能をオミットして価格を下げたモデルを出しても良いのでは?
「EOS 1DX III」のセンサーをベースに画素数を抑えて高感度耐性が高いと噂されているので星撮り向けにもそういうモデルがあっても良さそうなんだけどね(もしかして後から「EOS R6a」とかを出したりして?)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す