More from: CANON

もうはや「EOS R」の中古品だと?

全国チェーンのカメラショップの中古コーナーに発売されたばかりのCanonのフルサイズミラーレス機「EOS R」のボディが掲載されていた。
もうはや手放した人がいるんだなぁ、、、

出たばかりということもあってか価格は20万円強と同じショップの新品の価格からそれほど下がってはいない。
買ったは良いけど好みに合わないのか使い方に合わないのか理由は判らないけど、手放すなら早いほうが値落ちが少ないから良いのかもね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン EOS R ボディ
価格:233181円(税込、送料無料) (2018/12/6時点)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM」が入荷している・・・

市内の中古カメラショップにCanonのAPS-C機用広角ズームレンズ「EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM」が入荷していた。
同社の「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」と比較するとズームレンジが望遠側に広く、明るさも明るい。
手振れ補正は無いけれど、こちらのほうが使いやすそう。
中古なので価格も手ごろで良いなぁ(汗)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Canon レンズ EFS10-22/USM EFS10-22/USM
価格:91727円(税込、送料別) (2018/12/6時点)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

EF-Mマウント用の縮小光学系内蔵マウントアダプター?

CanonがEFマウントレンズをEF-Mマウントに装着するための”縮小光学系”を内蔵したマウントアダプターの特許を申請しているらしい。
記事によると倍率は0.8倍でF値は1/2段分明るくなるとのこと。
つまりAPS-Cサイズセンサーの「EOS M」シリーズに装着した場合(それ以外のケースは考えられないが)、焦点距離換算が1.28倍となってEFマウントレンズが今より使いやすくなる。
実際に開発されて発売されるかどうかは未知数だけど、発売になったら「EOS M」システムが魅力的になるなぁ。
ん?となると、イメージサークルの小さいEF-Sレンズは使え無いような気が・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

印字が薄いって・・・

十日ほど前に現場からプリンタの印字が薄いという連絡を貰っていた。
使っているプリンタはCanonの「LBP-8610」で、このような場合の原因は殆どのケースでレーザーユニット内のミラー等の汚れ。
当方の手元に届いたプリンタのレーザーユニットを外してみたら思った通りミラーがかなり汚れている。
レーザーユニットを分解して清掃しても良いんだけど、時間がかかるので用意しておいた清掃済みのユニットと交換したところ印字がかなり濃くなった。
ここまで通常なら30分以内で作業は終わるんだけど、今回のは背面のカバーを外したところで内部にかなり埃が溜まっているのが判ったので内部の清掃もしたら1時間近くもかかってしまった。
なにせ、「あれ?このケーブルってこんなに太かった?こっちのギアのフランジもこんなに厚くない筈だよな?」と思ってしまうくらい埃(というかゴミ)が溜まっていた(汗)。
冷却ファン周辺なんて埃が溜まりすぎてフィルターになっていたほどで、埃を取ると細かい砂のような汚れが落ちてくるという・・・
ま、今回清掃したからしばらくは動いてくれるのではないかな?

この手の障害で業者に修理をお願いするとレーザーユニットを新品に交換されるので結構高くつく(パーツ代が税抜き14,320円+工賃等で税込み4万円オーバー)ので、なるべく自分でやってるんだけど以前メーカーのサービスの人には”やらないでくれ”と言われてしまった(笑)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS 20D」と「EOS 40D」が入荷している・・・

札幌の中古カメラショップにCanonのAPS-C一眼レフ「EOS 20D」と「EOS 40D」が入荷している。
「EOS 20D」は2004年、「EOS 40D」は2007年の発売と古い機種だけど、動作さえすれば写真を撮るには支障は無い。
私も両機種を持っていてたまに使っていて特に不自由は感じていない。
さすがに高感度が必要な場合には厳しいこともあるけど、日中のスナップ等に使うなら十分現役を張れると思う。
発売から10年以上経っているのでメーカーの修理受付は終わっているけど、「EOS 20D」のほうは安いうえにシャッター数が少ないのですぐに売れてしまったようだ。
私の「EOS 40D」は11万回を超えているので予備にもう一台あっても・・・(爆)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS R」に75MPセンサー搭載機?

海外のサイトでCanonのフルサイズミラーレス機「EOS R」シリーズに75MPのセンサーを搭載したモデルが出るかもしれないとの情報が掲載された。
これまでCanonのフルサイズ機で高画素というと「EOS 5Ds」「EOS 5DsR」があったが、これらのモデルは後継機が開発されないとの話もこれで裏付けられることになる。
風景用として使われるのであれば連写性能もそれほど必要とはされず、高画素であることが求められる。
さらにミラーレスだとミラーショックが無いので高画素でもブレには強い。
そう考えると「EOS R」の高画素機の存在意義は十分あるし、わざわざレフ機で開発する必要もなくなる。
ただし、レンズの解像度がこれまで以上に求められるが、新しいRFレンズも開発中とのことなので大丈夫かと。
ま、出ても私には縁のないモデルになるのは間違いないな(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

別のショップにも入荷している・・・

市内の中古カメラショップにCanonのAPS-C機用広角ズームレンズ「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」が入荷したようだ。
先日別のショップにも入荷しているが、そちらよりも安い価格が付けられている。
新品よりは安いけど、半額までも下がっていないので中古としては高値感があるなぁ、、、

この新品の方が保証もあるしお買い得かも?(汗)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonが来年3機種のAPS-C一眼レフを出すという噂

Canonが2019年に3機種の一眼レフ機を出すという噂が出て来た。
しかもその3機種ともAPS-C機とのこと。
現在Canonが出しているAPS-Cの一眼レフ機は7Dシリーズ、二桁D機、4桁D機、kiss2機種の4ライン5機種。
それぞれのモデルチェンジサイクルは7Dが約5年、二桁Dが約3年弱、4桁Dとkissが約2年。
さらにそれぞれの最新モデルの発売が7D2が2014年、80Dが2016年、9000Dが2017年、X9i/X9が2017年で、2019年は全てモデルチェンジの時期となる。
さてさて、どれが出てくることになるんだろう???

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Nikonの「Z7」とCanonの「EOS R」に触ってみた

先日、久しぶりに大型量販店に行ったので、ついでにカメラ売り場に行ってNikonとCanonのフルサイズミラーレス機に触ってみた。
どちらもファインダーが明るくて見やすく、さらに動体への追従性も良くて十分だと思えた。
触ったのは合わせても数分だし、店内の光景だけしか見なかったけど、このファインダーなら通常使用になにも問題は無さそうと感じた。
#まぁ両メーカーとも通常使用で支障が出そうなモノは出さないだろうけど(汗)。
重さも意外と軽く感じたなぁ、、、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニコン Z7 24-70+FTZマウントアダプターキット【送料無料】
価格:547000円(税込、送料無料) (2018/11/12時点)

楽天で購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン EOS R ボディ
価格:233182円(税込、送料無料) (2018/11/12時点)

楽天で購入

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。