More from: CANON

「5D」が値下げされていた

市内の中古カメラショップに入荷していたCanonのフルサイズ機「EOS 5D」が値下げされていた。
少し前に見つけていたんだけど、値下げ後の価格だったら買っていたかも(汗)。
今回のは既に売れてしまっていて私が買うことは出来なくなったが、これで良かったのかも(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

高画素版「EOS R」の噂が出てきた

Canonのフルサイズミラーレス機「EOS R」シリーズに新機種の噂が出てきた。
以前から噂が出ては消えていた高画素機に関する噂で、今回はかなり信憑性が高いらしい。
その噂によるとセンサーは90MP級ということで、フジの「GFX100」の100MPに迫るもの。
ここまでの高画素となると一般向けではなく、大判ポスター等の撮影をするプロ向けということになり、価格もかなりのものになると予想される。
加えて1枚当たりのファイルサイズもかなり大きくなるので、現像処理にも高スペックのPCが必要になりそう。
まぁ、このクラスのカメラに比べたらPCなんて安いものだから、本当に必要とする人は一緒に買い替えてしまうのかなぁ?(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

また「5D2」が入ってる・・・

市内の中古カメラショップにCanonのフルサイズ一眼レフ「EOS 5D MarkII」のボディが入荷している。
先日も入っていたが今回のはさらに安くなっているなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS R6」のAFは凄いらしい・・・

デジカメ関連の情報サイトにCanonの新型ミラーレス一眼「EOS R6」のレビューが載っていた。
それによると、AF性能が凄いらしく、”飛んでいる鳥の眼を捕捉する”らしい。
既に人間のみならず動物の眼を捉えるAFシステムは他社製品でも当たり前になっているが、飛んでいる鳥にも対応しているというのは凄いと思う。
これだけでも飛ぶもの系を撮る人には魅力的だろうな(問題はEVFの追従性になるが、120FPSにすればかなり改善されるとのこと)。
不思議なのは画素数の多い「EOS R5」に比べて電子シャッター時のローリングシャッターによる影響が大きいということ。
画素数が少ない方が有利かと思っていたけど、読み出し速度の関係なのかなぁ???

←クリックしてくれると嬉しいです。

「5D3」が値下がり?

市内の中古カメラショップにCanonのフルサイズ機「EOS 5D MarkIII」のボディの在庫がある。
一月ほど前にもあったような気がするんだけど、その時に比べて数千円だけど安くなって10万円を切っている。
これは値下げされたのか、それとも別の個体なのか???
どちらにしても安いことは安いんだよなぁ、、、(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

遅い!早い!

いつもプリンタを発注している業者さんから連絡があり、現在注文している2台が納品になるという。
片や先月注文してから3週間ちょっとでかなり待たされた。
片や今週注文したので僅か4日での納品。
いくらなんでも遅すぎ&早すぎじゃないの(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonが「EOS R5」「EOS R6」を正式に発表

Canonが昨夜、新型のミラーレス一眼「EOS R5」及び「EOS R6」を正式に発表した。
スペックは直前にリークしたのとほぼ同じ内容なので割愛するが、昨日の記事で書いた”R6にはボディ内手ブレ補正は搭載されない”は間違いで、R5と同様”最大で8段の効果”の機構を搭載してきた。
これで
R5は動画も含めて高画素機
R6は高速連写&高感度機
という位置付けがはっきりし、R6は当初噂されていた”廉価版”とは全く異なるモデルになっていることが確定(EVF等R5よりスペックダウンしている部分はあるが)。
となると、近々本当の”廉価版”モデルとして「EOS RP」の後継機が出ることも考えられるし、価格を抑えたAPS-C機が出てくることも有り得るなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS R5」「EOS R6」のスペックがリーク

今夜正式発表が予告されているCanonのミラーレス機「EOS R5」と「EOS R6」の詳細スペックを掲載した記事がフライングで情報サイトに掲載された。
記事にはオンラインショップでの価格も掲載されていて、それによると「EOS R5」が46万円(税抜き)で「EOS R6」が30万5千円(同)になるようだ。
量販店では同程度、専門店では多少低い価格になると思われるが、”廉価版”と予想されていた「EOS R6」が意外と高いなという感じがする。
そもそもR6は”廉価版”ではなく標準機という位置付けらしい。
対するR5は”ハイエンド”ということになるということでスペックも物凄いことになっていて、特に動画関係が他社モデルと一線を画すると言って良いほど。
それでいて50万円を切る”動画機としては”異常に安価な設定なので静止画ユーザーよりも動画ユーザーにかなり売れそうだ。
さらにR5はボディ内手振れ補正を搭載し、ISレンズとの協調動作可能で最大8段もの補正効果があると謳っている。

一方R6にはボディ内手振れ補正機構は非搭載のようなのが残念、これで30万円オーバーだと微妙な価格設定だと思うなぁ・・・
動画に関してもR5ほどでは無いが結構なスペックなので、こっちも動画目的の人には受けるかも?
静止画ユーザー向けに動画関係の機能をオミットして価格を下げたモデルを出しても良いのでは?
「EOS 1DX III」のセンサーをベースに画素数を抑えて高感度耐性が高いと噂されているので星撮り向けにもそういうモデルがあっても良さそうなんだけどね(もしかして後から「EOS R6a」とかを出したりして?)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「5D」と「5D2」が入ってる・・・

市内の中古カメラショップにCanonのフルサイズ機「EOS 5D」と「EOS 5D MarkII」が入荷している。
どちらもメーカーによる修理対応が終わっているので以前に比べると価格が落ちている(特に「5D2」は下がった感が強い)。
「5D2」のほうはシャッター回数が9万回オーバーなので、耐久性の目安となる15万回まで余裕があるようにも思えるが、「5D」のほうは不明なのでちょっと不安があるなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。