More from: CANON

「EOS 6D」が入っていた・・・

市内の中古カメラショップにCanonのフルサイズエントリー機「EOS 6D」が入っていた。
ところが先ほど見るとリストから消えている・・・
入ったのを見たのは一昨日なんだけど、早くも売れてしまったのかなぁ???

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

RFマウントの”大三元レンズ”は七月にも発表される?

Canonのフルサイズミラーレス「EOS R」シリーズ用のRFマウントレンズは現状ではラインアップが乏しい。
そのRFマウント用の所謂”大三元レンズ”がこの七月にも発表されるという噂が出ている。
この3本のレンズが出たらプロ向けのレンズはある程度揃うことになるので、ボディの方も(特に「EOS R」の)売れ行きが良くなるかも。
ただなぁ、安価な「EOS RP」のほうはもっと安いキットレンズ(28-80mm F3.5-5.6のような)が出ないとジリ貧かなぁ、、、
企業として利幅の大きい高級レンズを出して利益を確保したいのは理解できるんだけど・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

貰った

片づけをしていたらバッテリーマガジンが出て来たが、既に使うカメラが処分されてしまって使うあてが無いとのことで貰って来た。

貰ったのはCanonのバッテリーグリップ「BG-E2(N)」「BG-E4」用の「BGM-E2」で、私はBG-E2Nがあるので使える筈。
ま、使う機会があるかどうかはわからないけどね(汗)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonは63MP、NikonとSONYは60MPセンサーを採用か?

激しさを増すフルサイズミラーレス機の競争で、CanonとNikonの新型機の噂もいろいろと出回っている。
そんな中で高画素センサーに関する噂が出てきている。
それによるとCanonは63MPのセンサー(35MM63MXSCD)、NikonはSONY製の60MPのセンサー(IMX455)を高画素機に採用するらしいとのこと。
さらにSONYはNikonに提供するのとは異なった60MPセンサーを新型α9に採用するのではないかとのことだ。
これまでフルサイズ機の高画素機というとレフ機ではCanonの「EOS 5Ds/5DsR」の50MPを筆頭にNikonの「D850」の46MP、ミラーレス機ではSonyの「α7RII」の42MPというのがあったが、これらを超える60MP~63MP機が登場することになるわけだ。
正直言って私にはそれほどまでの高画素機は不要なんだけど、必要とするユーザーは存在するわけだし、メーカーとしても無視できないのだろうな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

久々に「E012-0001」が出た

現場に設置してあるCanonのレーザープリンタ「LBP8710e」がエラーを表示して印刷できないとの連絡が来た。
表示されるエラーは「E012-0001」とのことで、リモートで見ると「デバイスの電源を切り、しばらく待ってから入れなおしてください。」となっていた。
連絡してきた人は何度も電源の切入りをしたが直らない、と言うので予備のプリンタに置き換えることにした。
その後、調べてみるとこの機種では無いが過去に使っていた機種(LBP-3930)でも同じエラーが出たことがあり、エラーの内容は”メインモーターもしくはDCコントロール基板の異常”とのことだった。
その通りのエラーであればメーカーまたは修理業者での修理が必要となるが、メインモーターの故障は滅多に発生しないし、実際に以前発生した際はトナーの交換で直っている(という記録が残っていたし、このブログで2009年と2010年に書いている)。
過去記事
プリンタのエラーコード(2009 年 9 月 11 日)
「E012-0001」(2010 年 3 月 1 日)

今回も同じ原因のような気がするなぁ、、、

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonの「7D3」は出ない?

海外のカメラ情報サイトに「Canonの「EOS 7D MarkII」後継機は発売されない」との噂が載った。
以前からCanonのAPS-C機「EOS 80D」と「EOS 7D MarkII」の後継機は統合される、との噂があったが今回の噂では統合どころか後継機が出ないということになっている。
「EOS 7D」シリーズは”望遠に強い高速連写機”として主に”飛ぶもの系”(飛行機、野鳥)やモータースポーツ等の撮影をするユーザーがターゲット。
「7D」の下位との位置付けされる”二桁D機”(現在は「EOS 80D」)の性能(AF性能、連写速度)が上がってきて両モデルの差別化が難しくなってきているうえ、「EOS R」シリーズを出したことによりモデル数が増え、製造から販売までのコスト増も一部モデルの廃止の理由として考えられる。
とはいえ、望遠効果のあるAPS-Cでの高速連写機のニーズはあるので、やはり「EOS 80D」の後継機はその辺りもターゲットとしたモデルになるような気がするな。
私のようなスナップ撮影ばかりのユーザーはミラーレスの「EOS RP」か、レンズ資産を考えても先日発表された「EOS kiss X10」で十分だし、もっと上なら「EOS R」シリーズか「EOS 5D MarkIV」がある。
一眼レフのラインアップをもう少し整理して「EOS 9000D」辺りも廃止でも良いんじゃないかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS 80D」「EOS M5」後継機が年内に出るかも?

海外サイトにCanonの新型機の噂が載った。
それによると年内に同社の中級機が出るだろうとのことで、それは「EOS 7D MarkII」の後継では無く「EOS 80D」の後継機ではないかとのこと。
Canonの二桁D機は2010年(60D)2013年(70D)2016年(80D)と発売されているので、サイクルから行くと今年出ても不思議は無い。
このところCanonは「EOS R」のほうばかり出していたが、ここら辺りでレフ機も出そうということか?
併せて完全新規開発の24MPセンサーを搭載した「EOS M5」後継機も出るらしいから、EF-Mマウントも捨ててはいないということだな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

新型「EOS kiss」の名前

Canonが昨日発表したエントリークラスの一眼レフ「EOS kiss X10」。
この機種の呼び方がどうなるのか?
これまでは「キスデジ」とか「キスナナ(kissX7)」とかの呼び方をしていたと思うが、今回のは「キスジュウ」とでもなるのだろうか?
それとも数字部分を英語読みして「キステン」とでも呼ぶのだろうか?
でも「キステン」って「キス天」みたいだな(笑)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonが「EOS kiss X10」を正式に発表!

Canonが今朝方の記事に書いた「EOS kiss X10」を正式に発表した。
スペック等は事前リーク情報通り。
センサーは24MPで映像エンジンはDigic8、AFもデュアルピクセルCMOS-AFで測距エリアは画面内の高さでほぼ100%、幅で88%をカバー。
サーボAF/動画サーボAF時は瞳AFが動作する。
連写速度はファインダー使用時で毎秒5コマ。
Wi-Fi及びBluetooth搭載で撮影しながらのスマートフォンへの転送もサポート。
背面液晶もバリアングルだし、なんか、私のメインカメラである「EOS 60D」を悉く上回っているorz。
もう、これ1台あれば用は足りるんじゃないか?と思えて来たよ(汗)。
バッテリーがLP-E17というのが個人的にはネックかなー?
あーでも、これだったら「EOS kiss M」でもいいような・・・?
手持ちのレンズがそのまま使える点は「EOS kiss M」よりマシだけどね(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「EOS kiss X10」の画像とスペックがリーク

先日噂になったCanonのデジタル一眼レフ入門機「EOS kiss X9」の後継機の写真とスペックがリークされた。
それによると日本での機種名は「EOS kiss X10」(写真にて確認)。
詳細スペックを見ると、動画関係が強化されているように見える。
というのも「デュアルピクセル CMOS AF」のエリア拡大と、瞳AFの搭載、対応レンズ装着時に限られるが5軸の手振れ補正搭載等があるため。
この内AFエリアの拡大と瞳AFはスティル撮影時にも有効だが、当然ながらライブヴュー撮影時のみなので、半分ミラーレス化したような感じがするなぁ(汗)。
※スペックだけを見ると中級期並みだよねぇ、、、
これが予想価格でボディのみで8万円台前半、レンズキットで9万円台半ばなんだもんなぁ、、、

組合わされるレンズは写真で見る限り現行の標準ズームレンズである「EF-S 18-55mm F4-5.6 IS STM」らしいので、先日の新型標準ズームの登場というのは間違いのようだ。
発売予定は4/25とのこと。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。