交通事故による死亡者が多い国は?

WHO(世界保健機構)が世界182カ国の交通事故死者数について調査した結果が公表されている。
その資料(WHO「Global status report onroad safety 2013」)によると最も事故死者数が多かったのは中国でその数なんと27万超。
2番目に多いのがインドで23万超となっていて、ちょっとした地方都市がまるまる無くなってしまうほどの死者数だ。
この2カ国は人口が多いということもあるが、基本的に安全に対する意識が低いのではないだろうか。
日本の2010年の事故死者数は4,863人と発表されているが、これは事故後24時間以内に死亡した人の数で、当レポートによると6,625人とされている。
人口10万人当りの事故死者数も公表されていて、こちらでトップになったのは南太平洋(南緯19度、西経169度)にある「NIUE(ニウエ)」という国(日本は国家として承認していない)。
人口10万人当たりの死者数(交通事故死率)は68.3で、2番目に高いドミニカ共和国の1.5倍以上とダントツに高い数値。
これはニウエの人口(2010年当時)が僅か1,465人と少ないためで、事故死者は1人しかいなかったのにも拘わらず10万人当りに換算すると高い数値となってしまったため。
交通事故死率の高い方から並べると、
2位 ドミニカ共和国:41.7(死者数:4,143人)
3位 タイ王国:38.1(死者数:26,312人)
4位 ベネズエラ:37.2(死者数:10,791人)
5位 イラン:34.1(死者数:25,224人)
6位 ナイジェリア:33.7(死者数:53,339人)
7位 南アフリカ共和国:31.9(死者数:14,804人)
8位 イラク:31.5(死者数:9,962人)
9位 ギニアビサウ:31.2(死者数:472人)
10位 オマーン:30.4(死者数:845人)
となる。
事故死者数が多い中国とインドは10位までに入ってきていないのは、両国とも人口が多いため。
日本の交通事故死率は5.2で順位は163位で下から20番目と低く、上位にランクされた国々と比較すると遥かに安全と言えそう。
それだけにランク上位に入っている国に行く場合は日本にいる時よりも注意しなくてはならないと思う。
特に3位のタイ、5位のイラン、6位のナイジェリア、7位の南ア、8位のイラクは死者数そのものでも多い方から15位以内に入るので、これらの国に行く場合は車に乗る場合も道を歩く場合もいっそう気を付ける必要がありそう。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

3 comments to this article

  1. 千歳

    on 2015 年 1 月 22 日 at 9:32 AM -

    タイはよく行きますが、とても交通事情が悪いです。
    東南アジアの生産拠点と言う事もあり、車の台数が非常に多いのに、道路や信号の整備が遅れています。
    また、東南アジアの気質からか、歩行者もあまり注意深く道路を渡りません。
    救急車などの整備も遅れており、事故が多い上に助かりにくい環境だと思います。

    海外に行ってから日本に帰ってくると、日本の土木は非常に優秀でメンテナンスされている印象です。いい国です(w

  2. tan

    on 2015 年 1 月 22 日 at 10:19 AM -

    >千歳さん
     日本は1970年代頃の所謂”交通戦争”時代を経験して長年かけて環境を整備してきましたからね。
     当時は警察庁発表の交通事故死者数が1万人を超えていたものですが、今では車の台数が増えても死者数は半減しています。
     ホント、世界的に見ても安全な国になったと思います。

コメントを残す