More from: 鉄道

砂原支線・・・

先日、稚内に行って来たので宗谷本線の美深以北の区間に乗ることが出来た。
これで道内の路線で乗っていないのは根室本線の釧路以東(花咲線)、釧網線の東釧路-止別間、函館本線の森-大沼間(砂原支線)となった。
どれも札幌から遠くて気軽に行くことは出来ないが、別々になら日帰りで乗ってくることも可能。
そこでこの中で最も札幌に近い函館本線砂原支線に乗って見ようと思い、時刻表を調べてみた。
そうしたら札幌を朝の10時過ぎに出る函館行きの特急に乗り、長万部か森で普通列車に乗り換えてそのまま函館もしくは新函館北斗まで行って、札幌行きの特急に乗れば夜には札幌に帰って来ることが可能。
特急料金が高いので普通列車だけで行けないかと思ったが、砂原支線を通る普通列車が一日に4.5往復と少なく、上りの森発が8時台の後は14時台となってしまうが、それに乗るために長万部まで行こうとしても長万部に13時台までに着く列車は函館本線では早朝7時台、室蘭本線では9時前に到着するのしかなく、その列車に乗るには前日から倶知安もしくは室蘭に行っていないと無理(=日帰り不可能)。
それでも特急利用を長万部までにすることが出来ることを発見したけど、結構きつそう。
なので、行きは森まで特急、帰りは新函館北斗から特急利用と言うのが現実的かなぁ?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

帰宅~

19時半頃に札幌の自宅に到着。
昨日、自宅を出たのが6時半頃だったので、およそ37時間ぶりの帰宅という計算。
今朝、稚内のホテルをチェックアウトしたのが9時半頃だったと思うので、それから10時間ほどかけて自宅にたどり着いた(笑)計算になる。
これといったトラブルも無しに帰って来れて良かった。
多少の疲れはあるものの、それ以上に楽しい二日間だった。
今回で宗谷本線の未乗車区間だった美深以北の区間に乗れたので、道内で残る釧網線の止別と東釧路の間と、根室本線の釧路以東(花咲線)と函館本線の砂原支線もいつか乗りに行きたいな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

札幌に到着

旭川で乗ったライラックは3分ほど遅れて札幌駅に到着。
降車してから土産物屋に行って稚内っぽい商品を探したが、そんな都合の良い商品は無い。
それでもなんとか旭川の商品があったのでそれを購入した。
そうして地下鉄とバスを乗り継いで自宅に向かっているところ。
帰ったら先ずは何か食べないと、お腹が空いて堪らない。
お昼がかけ蕎麦一杯では足りなかったな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

久しぶりの、と思ったら

旭川から乗ったライラックの車両は廃止されたスーパー白鳥に使われてた789系電車の0番代。
一昨年の東北旅行で乗って以来なので久しぶりだな、と思ったら昨年の四月に札幌から岩見沢まで乗っていたことを思い出した。
さすがに電車特急だけあってエンジン音がしなくて静か。
でも、欲を言えば改良型の1000番代のカムイに乗りたかったな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

士別を出た

列車は士別駅を定刻に発車。
終着の旭川まで残す停車駅は和寒だけとなった。
士別でも何人か乗って来たようだけど、その人たちや名寄から乗って来た人たちも私と同じく旭川で札幌行きのライラックに乗り換えるんだろうなぁ。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

混んで来た

旭川行きの特急サロベツ4号は名寄まではガラガラに近い状態だったけど、名寄から私の乗っている車両に10人以上が乗って来た。
つまり座席数(51)の4分の1前後が一気に埋まったわけだ。
それでも昨日の状況よりは随分とマシだけどね(隣がずっと空いてるから楽だ)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。