More from: 仕事

クールビズ

私の仕事場では先日から”クールビズ”が始まっている。
昨日や今日みたいに暑くなるのを見越していたのかねぇ(笑)。
とにかく暑くなってもネクタイを締めなくてはならないのは厳しいからなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

またまた定着ユニットを交換

現場のプリンタ(CanonのLBP-441e)でA4用紙に印刷すると上下に1cm弱の幅で印刷してい無い筈の文字らしきもの(要は汚れだが)が印刷されるとのこと。
試しにプリンタの機能でクリーニングをしてみると、クリーニングパターンの印刷の時点で既に用紙にトナーが乗らない部分があるので、ほぼ間違いなく定着ユニットのシートに汚れが乗っていると思われた。
たまたま廃棄するLPB-8710eから外しておいた定着ユニットがあったので、それと交換するために定着ユニットを外して見ると思った通り定着ローラーのシートにトナー数が帯状にこびり付いていた。
印刷枚数が多くなるので経費節減のための裏紙の使用や互換トナーの使用が原因と思われるが、トータルの印刷枚数も28万枚を超えているので定着ユニットの寿命を超えている。
取り敢えず用意した中古の定着ユニットと交換したところ汚れは気にならなくなったが、いつまで使えることやら(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

データは救い出せそうだ

先月の半ば過ぎに遠隔地の現場から共有フォルダへのアクセスが非常に遅いとの連絡があり、電話で対応している内にアクセスでき無くなった。
その共有フォルダはWindowsサーバー上にあって、導入から10年以上も経過しているのでHDDの経年劣化と思われた。
電源の切入りをしてもらうとOSが起動しないことが判ったのでこちらに送って貰って中身のデータをサルベージすることにした。
その代わりにこちらのサーバーに新しいフォルダを作って、今後はそこを使って貰うことにした。

その後、なかなかサーバーが発送されず一度催促したが、それから一週間後の今日になってようやく届いたので電源を入れてみるとOSの起動途中でリセットがかかってしまう。
オンボードのSATAポート二つを使ってソフトウェアRAIDを組んでいて、片方ずつ外して試しても結果は同じ。
ということで不調なのはHDDでは無くマザーかメモリ辺りではなかろうかいうことになり、2枚あるメモリも交互に外してみたがOSの起動途中でリセットがかかる症状に変化は無かったのでメモリの異常でも無さそう。
ということでHDDを外して他のPCに繋いでみたがエラーが有って読みだせない。
すぐにchkdskをかけても良いんだけど万が一それでHDDに致命傷を与えてしまうもの怖いので、「EASEUS DiskCopy」で別のHDDにクローンコピーを作ったが、その際の読み出しエラーは皆無だったのでHDDに異常は無かった模様。
そうしてクローンコピーしたHDDをPCに繋ぐとやはりエラーが有ってアクセス出来ないとなる。
そこでコマンドプロンプトからchskdskをかけてみるとやはりエラーが発見されたので、修復のためにchskdsk /F x:(ドライブ名)をしてディスクを修復。
修復が終わると同時にエクスプローラーのウィンドウが開いて中のファイルにアクセスすることが可能になった。
それからすぐに新しくサーバーに作ったフォルダにファイルのコピーを始めたところ、全部で30万個以上、容量にして100GB近くのファイルが有ったので終わるまでに数時間もしくはそれ以上かかりそうだ(汗)。
それでも大事なデータを無くさないで済んで良かったよ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

古いなぁ、、、

遠隔地の現場からPCの電源が入らないとの連絡が来たのが2日前のこと。
今日そのPCが手元に届いたので早速チェックすると見事に電源が入らない。
こんな時は電源を外して放電させるのがパターンなんだけど、件のPCはノートPCなので、ACアダプタだけでなくバッテリーも外してから電源SWを2-3度空押し。
その後バッテリーを装着して電源SWを押すとBIOSが立ち上がってきたのでDIAGプログラムを起動して高速チェックを実行。
このDIAGプログラムでは異常は無かったのでハードウェアのトラブルでは無かった模様。
このまま返却しても良いんだけど、念のためOSの起動もチェックしたところこちらも異常無し。
ところがOS(Windows10Pro)のビルドをチェックしてみるとなんと”1711”だったので愕然としてしまった(汗)。
早速アップデートを始めたが、最新の”21H2”では無く先に”1903”を当てる必要があり、そのダウンロードに時間がかかっている。
さて、この作業は今週中に終わるのだろうか?
少なくとも今夜は起動したまま(アップデートプロセスを起動したまま)にしておき、明日の朝にどこまで進んでいるかだな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

”データ量無制限”は今後出て来ない?

実は先日とある現場で有線の通信が不安定になり修復工事までの間の代替手段としてモバイル端末をルーターに接続して利用したが、三日目の朝になって「ネットが遅くて使い物にならない!」とのクレームが来た。
調査を依頼したモバイル端末を貸してくれた業者が後日教えてくれたのは「10GBの容量制限がかかっていて2日で使い切ったようです」とのこと。
ということは一ヶ月同じペースで使うと150GBもの容量が必要になる。
そんな容量に対応した通信プランとなると、無制限しか無いわけで、調べてみると無制限プランはMNO4社とも提供している。
NTT docomoは5G専用の無制限プラン「5Gギガホプレミア」を提供中だが、5Gに対応した端末で無ければ契約できない。
その他の3社は4G/5Gの両方とも利用可能だが、auとソフトバンクはテザリングでの利用は月30GBまでの制限があり、楽天モバイルはまだまだ狭い自社エリアのみ無制限でau回線のエリアでは月に5GBまでの制限がある。
となるとNTT docomo一択となるんだけど、この中では料金が最も高い。
同じようなサービスを元々安い料金を設定しているMVNOでも出来ないかな?と思ったが、IIJの人に訊いたところ「申請したけど総務省に却下された」とのこと。
その人が言うにはMNO社のサービスも後々無くなってしまう可能性もあるとのことだったので、総務省はデータ無制限のサービスには否定的らしいなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

”カスペルスキー”のウィルス対策ソフト

ロシア製のセキュリティ会社「カスペルスキー」社のウィルス対策製品は以前から評判が良く、企業等での導入も多い。
ところがロシアによるウクライナ侵攻に絡み米国政府が同社を「安全保障上の脅威がある企業」に指定し、ドイツ政府も高リスクなので同社製品を排除し他社製品に切り替えるように呼び掛けている。
これを受けて私の仕事関連で利用しているサービスの提供会社から”同社製品に関して不具合等が無くセキュリティ上の問題となるような実装は無いことを確認しているため、提供には問題無いものと判断しているが、希望があれば同社製品の使用を停止することが出来ます。その場合アンチウイルスエンジンの数が減少するためウイルスの検知率が低下するリスクがあります。”との連絡が来た。
まぁこの提供会社としてはそのような対応を取らざるを得ないんだろうなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

復旧したようだ

先週ネットへの接続が不安定になった現場でのNTTの作業が終了し接続が回復した。
pingの反応を見ていても復旧後は取りこぼしが無いので安定して接続出来ている様だ。
今日は朝からネットが重くて使えないとクレームが入っていたが、これでなんとか安定して使って貰えそうで助かった。
後はNTTから原因と対策の報告をして貰って上に報告せねば(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

予定が早まりそうだ

先週末に現場の回線が不安定になった件でNTTの対応が早まりそう。
当初予定では工事の件で連絡が来るのが明日3/23の予定だったが、日曜日になって今日3/22の午後に工事に来れるとの連絡が入ったとの連絡が今朝になって入った(ちょっとややこしい)。
LTEモデムで接続は維持しているものの、現場からは「重くて使えない」との苦情も入っているので、工事予定が早まるのは大助かりだよ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

なんとかなった・・・

NTTの回線の不具合で通信が安定しなくなった現場の問題はなんとかなった。
今日になって4G端末をルーターに接続して回線に接続することが出来るようにして貰えた。
さすがに光回線に比べると速度は遅い(pingへの応答時間が10倍以上orz)ものの今のところ安定した接続が実現できている。
この連休を乗り切ってしまえばNTTに対応して貰える・・・と思ったら、NTTから修理に関する”連絡”が来るのが翌々営業日である3/23(水)になるとのことorz。
一体いつになったら回線が復旧するんだろう???

←クリックしてくれると嬉しいです。