More from: 仕事

ワークステーションを預けられた・・・

ユーザーからNECの小型ワークステーション「Express5800/53Xg」を預かった。
何年も使ってきて新しい機種にリプレースしたために不要となったもの。
”パーツの使いまわしでも出来れば”と思ったが、メモリはDDR3でしかもECC付きだし、HDDも160GBと今となっては小容量だし、CPUはXEONだしと普通のPCには流用が出来ない(笑)。
#CPUはXEONのE3系(SandyBridge)でLGA1155だから対応マザーなら動くと思われる。
メモリとCPUに関しては小さくてもワークステーションだからな、と思うがHDDが160GBだと最新のWindows10を入れるには少々不安。
メモリ容量も4GBと少ないのでWindows10を入れるには厳しいうえ、2GB2本の構成なので2本しかないメモリスロットは両方とも塞がっている。
せめて4GBの1枚構成なら増設の余地があったんだけど、それもECC付きとなるとあまり現実的では無いか。
OSもWindows7Proというわけで廃棄処分だなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

誰が設定した?

現場のユーザーのPCでpdfファイルが表示できないとの連絡が来た。
聞き出したところによるとpdfビュワーとして使っているのが”IrfanView”だということだ。
業務で使用するPCでは通常adobeのリーダーかフリーのpdfビュワーを設定してあり、”IrfanView”を使う様に設定することは無い(そもそも初期設定手順には”IrfanView”のインストールが無い)。
ところがユーザーは頑なに”IrfanView”を使っていたと主張している。
そもそも”IrfanView”でpdfファイルを見るためには単にインストールするだけでなく、追加のプラグインのインストールと日本語対応版 Ghostscriptのインストールをしたうえで、さらに”IrfanView”上でプラグインの設定を変更しなければならない。
こんな手間のかかることをしないとならないが、それを誰が行ったのかは不明。
また今回のユーザーのPCの中にはpluginsフォルダが無くなっていたので、pdfファイルを開けなくなったのはこのことが原因だけど、何故消えたかも不明。
ウィルス対策ソフトが誤認識して消すにしてもフォルダ一括で消すとは考え難いので、誰かが誤って(もしくは故意に)消したとしか思えない。
うーん、件のPCで一体なにが起きたのだろう?

←クリックしてくれると嬉しいです。

接触不良かな?

ユーザーの中にはPCの替わりにマイクロソフトのタブレット端末「Surface Pro 3」にディスプレイとキーボード/マウスを外付けにして使っている人もいる。
さすがに古い機種なので時々不具合が出ることもあり、最近も外付けディスプレイの画面が消えるということが何度か発生した。
本体側の画面には表示が出ているので出力側では無くディスプレイ側の問題かと思ったが、接続ケーブルを弄ったところ直ったうえ、ケーブルの接続が緩んでいたのでそれが原因と判断した。
ところがほどなくして再発したので出力用のケーブルもしくは変換アダプタ(下の製品)の内部での接触不良を疑って変換アダプタを交換してみた。
ところがこれでもディスプレイ側の表示が消えるので、ディスプレイ側のケーブルの接触を調べようと電源ケーブルを触ったらとても緩かったorz。
しっかり挿し直したら問題無く表示されるようになったので、電源ケーブルが緩んでいてなにかのはずみで接触不良になったり解消したりしていたようだ。
なんとも人騒がせなことだけど、「Surface Pro 3」自体が古いので、そろそろ普通のノートPC(月に一度程度持ち歩くため)に交換して欲しいな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「Windows modules installer worker」???

ユーザーから「PCが重くてアプリが開かない」との連絡が来た。
リモートで操作してタスクマネージャでみるとCPU負荷はそれほどではないけれどHDDの負荷が100%近くのままで、pingへの応答時間も他のPCの2-3倍ほど長くなっている。
動いているプロセスの中に「Windows modules installer worker」というのがあり、これがHDDにアクセスしまくっている。
なにかと思ってググってみたらWindowsのアップデート後やディスクのクリーンアップの処理を担うプロセスで、下手に止めると取り返しがつかなくなると書いているサイトもあった。
仕方が無いのでしばらく(30分ほど)放置している内に処理が終わったらしくHDDへのアクセスが激減し、pingの反応も他のPC並みに落ち着いた。
これで使って貰ってまだなにか問題があれば再度連絡して貰うことにしたが、その後連絡が来ないので落ち着いたと思われる。

←クリックしてくれると嬉しいです。

今年は楽だったな

例年、年末年始の休み明けはトラブルが多く忙しくなる。
これは数日間暖房を止めるためにPC等が冷えてしまい、古い機械だと電源を入れてもきちんと動作をしないことがあるため。
なので暖房を入れて機械を温めてから電源を入れてくれれば出ないトラブルなんだけど、ユーザーはなかなかそうはしてくれない(汗)。
それでも昨年中にPCのかなりの部分を入れ替えて新しくなったので、PCのトラブルは無く楽だった。
あったのは古いLANハブとLANケーブルが寒さで接触不良(?)を起こしていてLANが不安定になった現場があった程度。
ここもハブとケーブルを入れ替えるだけで解決したので、今年は例年と比較するとかなり楽だったな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

お米を頂いた

仕事場に打ち合わせに来た人からお米(ゆめぴりか)を頂いた。
その人はIT関連企業の方で、IOTを利用して作られたお米をノベルティとして顧客に渡しているということだった。
今は農業分野でもIOTを活用していて、省力化や品質向上を図っている。
その手伝いをその企業では行っているということで、今回頂いたお米を作る水田に足を運んで杭打ちをしてきたそうな。
いろいろとやっているんだなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

携帯電話が新しくなった

仕事場で支給されている携帯電話の機種が更新された。
機種はauの”KYF39”というガラホで、前の”KYF34”とよく似ているので新しいという感じはあまりしないなぁ。
古い方はバッテリーがヘタっていた以外は不満は無かったので、バッテリーの交換だけでも良かったんだけどな。
#バッテリーは型番こそ異なっているけど仕様も外形も同じなので、入れ替えたら使えそうだったな。

機種変更はkddiのサイトで手続きを行なえば5-15分ほどで新しい方の端末で通話が可能になった。
電話帳の移行もbluetooth接続で行えたので簡単だったが、やりかたを知るまでちょっと時間がかかった。
終わってから箱の中に手順書が入っているのを見つけた(笑)けど、私は手順書とは異なる手順で実行したんだよなぁ。
新しくなったらストラップホールの位置が変更になっていて左で持つ時に少々邪魔になるようになったのが不満だけど、支給品だけにどうしようも無いな・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

デスクトップがきれいになった?

ユーザーから「いつものようにPCにログインしたらデスクトップになにも無くなってしまった」との連絡が入った。
調べてみるとログオンユーザー名が”TEMP”となっていたので、どうも一時ユーザープロファイルがロードされてしまったようだ。
ローカルユーザーでは無くドメインユーザーでのサインインで、なんらかの理由で本来のユーザープロファイルがロード出来なかったらしい。
取り敢えず本来のユーザーフォルダのデスクトップから必要なものをコピーして業務が出来るようになったので当面はそれで良しとしたが、回線が遅いわけでも無いのに一時プロファイルがロードされた理由が判らないのは困ったなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。