大谷が今季9度目の3安打

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は地元でのマリナーズ戦に2番DHで先発出場。
4打席までに3本の安打を放つ活躍を見せている。

初回の第1打席は空振りの三振に終わったものの、三回の一死一塁で迎えた第2打席は右前への安打を放って一三塁と好機を広げ、続くRengifoの適時打を呼び込んだ。
五回の第3打席では左翼に今季4本目となる三塁打を放ち2打席連続安打を記録、さらに七回の第4打席は二死一塁の場面でここでも中堅への安打を放って3打席連続安打とした。
大谷の1試合3安打以上は11試合ぶり今季9度目で、2019年の自己最多と並んだ。

大谷がこれだけ打っても得点につながったのは三回の1本だけで、試合はマリナーズが六回に3点を奪って逆転し、八回を終了した時点で2-3でエンゼルスが追う形となっている。
さらに九回表にマリナーズが3点を追加して2-6となったので、”なおエ”になりそうだなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す