大谷が負傷交代

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は敵地でのホワイトソックス戦に3番DHで先発出場。
初回の第1打席では四球を選んで出塁したものの、その後3打席は全て内野ゴロに打ち取られ、3打数無安打1打点で2試合連続の無安打に終わった。
また七回の第4打席で投ゴロ(併殺打)を打って一塁に走塁する際に途中でスピードを緩め大谷らしからぬ姿を見せた。
右股関節の張りがあるということで九回の打席で代打を送られた。
大事に至らなければ良いね。

試合は九回表までエンゼルスが6-0とリードし、その裏に1点差まで詰め寄られたが逃げ切って6-5で勝利、貯金を7に増やして地区首位を堅持した。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す