Verstappenが表彰台をゲット!

自動車レースのF1GPはRound 19 Brazilian Grand Prixの決勝が行われ、HONDAのPUを搭載するRed Bull Racing HondaのMax Verstappenが2位でフィニッシュし表彰台をゲットした。

2番グリッドからスタートしたVerstappenはスタート直後のターン1でトップに立つとSergio Perezも2番手に浮上しRed Bullが1-2体制で順調にレースを進めたが、10番グリッドからスタートしたLewis Hamilton(Mercedes)が猛烈な追い上げを見せ48周目にはVerstappenの直後にまで迫ってきた。
Verstappenは必死に首位を守ろうとして激しいバトルを見せたが、59周目のターン4の手前でDRSを効かせたHamiltonに先行されてしまい、そのまま2位でフィニッシュ。
この週末のHamiltonのマシンはICE交換のためかパワフルで直線でのスピードは中継映像で見ていてもはっきり判るほど速かった。

その他のHONDA PU勢はPerezが(VSC時にタイヤ交換をしてアンダーカットに成功した)Valtteri Bottasに先行され4位となったが、最終盤でソフトタイヤに交換してファステストラップを記録し13ポイントを獲得。
Scuderia AlphaTauri HondaのPierre GaslyがAlpine勢2台の前で7位フィニッシュし、コンストラクターズポイントでAlpineと同点のままとした。
角田裕毅は4週目にLance Stroll(Aston Martin)をパスしようとインに飛び込んだ際に後ろを見ていなかったStrollのマシンと接触、角田のマシンはフロントウイングを失い緊急ピットイン。
さらのこのインシデントの原因を作ったということで10秒のペナルティを課され入賞圏内から脱落、結局スタート時と同じ15番手でフィニッシュとなった。

次戦は三連戦最後で初開催となるQatar Grand Prix。
MOTO GPは開催されているが、F1GPは初開催なので経験という点ではどのドライバーも同じ条件ということになりそうなので、角田にも十分チャンスがあるということになるかな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す