More from: HONDA

ARTA NSX GTが今季初優勝

自動車レースのSUPER GT第2戦が昨日富士スピードウェイで行われた。
クラッシュによるFCY-SCからの赤旗中断を挟む波乱のレースとなり、赤旗中断からの再開後の59周目の直線で3号車のCRAFTSPORTS MOTUL Zがスロー走行していたGT300のマシンを避けようとしたところバランスを崩しスピンしてフェンスに激突。
マシンはコクピットブロック以外が無くなってしまうほど破壊されコマのように回転してコース上にストップしレースは再び中断。
再スタートしたものの二度に渡るレース中断で時間がかかり、SC中の62周目に最大時間での終了となった(規定の周回数である75%を満たしていないので獲得ポイントは1/2となる)。
フィニッシュは39号車DENSO KOBELCO SARD GR Supra、37号車KeePer TOM’S GR Supera、8号車ARTA NSX-GTの順だったが、上位2台にペナルティが課された結果8号車が優勝となった。
HONDA勢としては初戦の100号車STANLEY NSX-GT(今レースは5位)の2位に続いての表彰台で5台のNSX-GTの中でトップを切っての優勝となった。
ARTA NSX-GTの優勝は昨年の第7戦以来となる。

それにしても3号車のクラッシュは酷いもので、GT500では2012年の第5戦鈴鹿1000kmで130R立ち上がりでの17号車KEIHIN HSV-10のクラッシュ(原因は右リアタイヤのバーストによるスピン)以来の酷さに見えた。
今回はメインスタンドの目の前でのクラッシュだけに観客の大半が目にしたと思われる。
ドライバーの高星 明誠選手の命には別状はなかったというのが不幸中の幸いか。

←クリックしてくれると嬉しいです。

SUPER GTは今日から第2戦

自動車レースのSUPER GTは今日5/3から富士スピードウェイに舞台を移しての第2戦。
決勝は明後日5/5の予定。
GT500では第1戦で2位に入った一昨年のチャンピオンマシンである100号車STANLEY NSX-GTの活躍を期待したいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

HONDAが「CIVIC e:HEV」を先行発表

HONDAはこの七月に発売予定の「CIVIC e:HEV」を先行発表した。
先代(9代目)アコードに初搭載され(当時は”SPORT HYBRID i-MMD”の名称)て以降、「ステップワゴン」(5代目)や「インサイト」(3代目)等に搭載されたシステムが遂に「CIVIC」にも搭載されて発売されることになった。
HONDAで「e:HEV」を搭載する車種としては8車種目となる。
HONDAには純EVの「Honda e」もあるが、電動化の主流はやはりガソリンエンジンとのハイブリッド。
欧州等での電動化に対する動きとしては至極全うではないかと(いや、ハイブリッドも禁止するという国は多いけどね)。
今の純EVはまだ航続距離や充電時間でガソリン車には敵わないし、雪があって寒い北海道では長距離をEVで移動するのは怖いんだよね・・・
なのでハイブリッド化は大歓迎だよ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

トニー・ボウが開幕3連勝

オートバイのX-TRIAL第3戦がMADRIDで行われ、Repsol Honda TeamのToni Bou選手が3連勝を飾った。
2位はチームメイトとなったGabriel Marcelli選手で今季初の表彰台をゲット。
Bou選手はRound1-2ともトップ通過でボーナスポイントを獲得し、トータル22ポイントを得て65ポイントでランキングトップを堅守し2位とのポイント差を23まで広げた。
次戦は4/10の同じスペインでもMADRIDからは離れたBARCELONAで行われ、Repsol Honda Teamが本拠地を置くこの地での活躍を期待したい。

←クリックしてくれると嬉しいです。

トニー・ボウ選手がXトライアル70勝目

少し前の話になるが、先週末のXトライアル第1戦ニース大会でHONDAのトニー・ボウ選手がこのシリーズ70勝目を挙げた。
今大会から実施要項が変わり、予選となるラウンド1、セミファイナルのラウンド2、そして3人だけが進めるファイナルで行われた。
ボウ選手はラウンド1-2ともトップとなる減点1でクリアし、それぞれでボーナスポイント1点を獲得、ファイナルでも減点が僅か2というスコアで2位の選手の13に大差を付けて圧勝した。
これで選手権ポイント22を得てXトライアル16連覇に向けて幸先の良いスタートとなった。

←クリックしてくれると嬉しいです。

訃報

二輪の世界GPで日本人として初めて優勝する等の活躍をされた高橋国光氏が今日3/16に亡くなられました。

1999年に現役ドライバーを引退されてからは「チーム国光」の監督に専念され、日本の四輪レースである”SUPER GT”にも参戦されており、昨年(2021年)は最終戦の最終ラップの最終コーナーからの立ち上がりで劇的なオーバーテイクで優勝し、チームとドライバーは年間チャンピオンにも輝きました。
謹んで哀悼の意を表させていただきます。

←クリックしてくれると嬉しいです。

HONDAが新型「STEP WGN」を初公開

HONDAは今年の春に発売予定の新型ミニバン「STEP WGN」をオンラインイベントで初公開した。
フロントマスクを見ると吊り目だったライトがかなり水平に近くなり、現行モデル(狭山工場の閉鎖に伴って既に生産を終了?)に比べると遥かにおとなしい感じを受けた。
特にサイドウィンドウの下端がほぼ水平になったので視界が良くなっていると思われるのは良い点。
現行モデルの特徴と言える”わくわくゲート”(跳ね上げ式リアドアの左1/3ほどがヒンジドアのように開くドア)は映像で見る限り廃止になったようだ。
インテリアでは2列目シートがキャプテンシートで前後スライド量が大幅に長くなり、床下収納の3列目シートを格納して後端まで下げると足元が凄く広くなってまるでアルファードのロイヤルラウンジかと思えるほど(シートにオットマンも装備されているし)。
家族が4人以上とか多人数乗車をする機会が多い人には良い車なのかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

Hondaが初優勝!

群馬県庁前をスタート/ゴールとする7区間100Kmを舞台に駅伝日本一を決める実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)が行われ、創部51年目のHondaが優勝した。
Hondaは1区と2区で下位に沈んだものの、3区と4区の走者がそれぞれ9人抜きを演じる等順位を上げ、6区では区間賞を取って1位に躍り出た。
2位のSubaruと16秒差でスタートした最終7区では途中で5秒差まで詰め寄られたが、8.5Km付近の下り坂でペースアップし差を広げてそのまま独走態勢で背後を脅かされることなくフィニッシュし念願の初優勝を果たした。
選手を始め関係者の皆さん、おめでとうございます!

←クリックしてくれると嬉しいです。

Verstappenがチャンピオントロフィーを受け取った!

自動車レースのF1GPで今年2021年の年間チャンピオンとなったRed Bull Racing HondaのMax Verstappenが昨日12/16に行われたFIAの表彰式で念願のチャンピオントロフィーを受け取った。
チャンピオンを決めたAbu Dhabi Grand Prix(Yas Marina)終盤でのセーフティカー(SC)の導入方法等に対して抗議し、受け入れらなかったとして上訴すると息巻いていたライバルチームが上訴を取り下げると発表してチャンピオンが確定した。
このチームで年間2位に入ったドライバーは出席を義務付けられている表彰式への出席をしなかったので、FIAからなんらかの罰則を受ける可能性もある。
まぁ、1年間戦ってきて残り1周で逆転されたんだから悔しいんだろうけど、義務を果たさないのはいただけないな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Verstappenが自身初のチャンピオン獲得!

自動車レースのF1GP今季最終戦のRound 22 Abu Dhabi Grand Prixの決勝が行われ、Red Bull Racing HondaのMax Verstappenがラストラップで逆転し優勝した。
レース前まで同ポイントで並んでいたライバルを上回り自身初のF1年間チャンピオンとなった。

Verstappenはポールポジションからのスタートだったが、スタート直後にLewis Hamiltonに先行され2番手となってしまった。
レースはそのまま順調に進んでいたが、35周目のAntonio Giovinazziのトラブルでバーチャルセーフーティカーの出動があり、このタイミングでのピットインでタイヤ交換を行う等でHamiltonとの差を縮める戦略を採ったりしていたがなかなか逆転できなかった。
残り6周となったところでNicholas Latifiがクラッシュしセーフティーカーが出動すると、VerstappenをはじめHONDA PUを搭載する4台全てがタイヤ交換のためにピットイン。
残念ながらSergio PerezはこのタイミングでマシンのPUにエラーが出てリタイヤとなった。
レースは残り1周でグリーンフラッグが振られて再スタートとなり、わずか1周での超スプリントレースとなった。
交換したばかりのフレッシュなソフトタイヤを履くVerstappenは長い周回を走ったハードタイヤを履くHamiltonのマシンに対しターン5で綺麗にイン側に飛び込みオーバーテイク!
ターン9で抜き返そうとするライバルを見事なディフェンスで抑え込むと、その後は少しずつリードを広げてフィニッシュし優勝した。
Verstappenはファステストラップも記録し満点の28ポイントを獲得して2位に入ったHamiltonに8ポイントの差を付けて年間チャンピオンの座を獲得。
HONDAとしては1991年以来6回目となるチャンピオン獲得となった。
コンストラクターズポイントはMercedesを逆転することは出来ず2位に終わった。

HONDA PUを搭載するもう1チームであるScuderia AlphaTauri Hondaは角田裕毅が自己最高位の4位でフィニッシュ、Pierre Gaslyも角田に続く5位でフィニッシュしポイント(角田12:Gasly10)を獲得した。

HONDAとして参戦するシーズンはこれで最後となったが、PU自体は来年以降もRed Bullが開発を継続することが決まっているので、来期以降も良い結果を出し続けて欲しい。

Max Verstappenを始めとする関係者の皆さん、おめでとうございます!!

←クリックしてくれると嬉しいです。