大谷は今日も四球攻め

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は地元でのアストロズ戦に2番DHで先発出場。
前の試合同様に勝負を避けられ、第2打席から3打席連続で四球を選んで出塁したが安打は打たせて貰えなかった。
相手がプレーオフ進出がかかっていて是が非でも勝ちたいアストロズ相手に2試合10打席で7四球となり勝負を避けられているのがはっきりと判る結果に。
第1打席から第3打席まで相手投手は殆どストライクゾーンに投げて来ず、大谷は少々のボール球でも手を出してファールを打ち、第1打席は最後に際どい球を見送ったらストライク判定で三振。
第4打席はストライクゾーンの球が増えたが、大谷は真ん中の球を打ち損ねてファールにしてしまっていた。
最後はストライクか?と思えるボールだったが主審の右手は上がらず四球となった(相手チームの監督は試合後にストライクだったと主張している)。
結局、自分のスイングをさせて貰えなかった大谷はこの日も無安打に終わり、本塁打数も変わらず45本のまま。
うーん、バットを振らないと本塁打を打つことは出来ないから焦る気持ちもあるんだろうけど、四球で出塁するのも単打と同じと考えることも出来るんじゃないのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す