大谷が3試合ぶりの安打

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は敵地でのホワイトソックス戦に3番DHで先発出場。
この2試合はともに5打席無安打で連続打席無安打が10打席に伸びていたが、この試合は初回の第1打席で3試合ぶりの安打を放った。
初回の打席では一塁線に強い当たりを放ち、打球が一塁ベースを直撃、この打球を回りこんだ二塁手が捕球して一塁に送球したが大谷の足が速く内野安打となった。
五回の第3打席では外角へのスライダー(?)を腕を伸ばして引っ掛け、大谷シフトで深めに守っていた二塁手の前に緩い打球が飛び、ここでも大谷は俊足を飛ばして内野安打とし、9試合ぶりのマルチ安打となった。
この打席では初球を右翼席の後方まで飛ばしたが、惜しくもファールとなって5試合ぶりの今季第45号本塁打にはならなかった。
本塁打こそ出なかったが、五回の打席ではスタンドまで大きなファールを飛ばしたし、安打も出たので復調気味と思える良い内容だったのではないのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す