フジの「GFX50s II」に関する噂

フジの中判カメラ「GFX50s II」に関して判明しているスペックの一覧を見た。
元々センサーは現行機と同じと言われていたのでAFは像面位相差が採用されておらずコントラストAFのみなのはちょっと物足りないが、その他ではいろいろと進化している様だ。
特に6段分の効果とも言われるボディ内手振れ補正の搭載や映像エンジンの換装をしているにもかかわらず、価格が5499ドルから3999ドルへと大幅な値下げされているのが凄い。
ボディ価格だけならフルサイズ機と同じか下のレベルになってきているし、他の噂では安価な標準ズームレンズも発売が見込まれるとのこと。
私には買えないカメラだけど、中判への乗り換えを考えている人にはとても魅力的なカメラになっていると思うな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す