角田裕毅がポイントを獲得!

自動車レースのF1はRound10のイギリスGPが行われ、HONDAパワーユニット勢ではScuderia AlphaTauri Hondaの角田裕毅が10位に入り貴重なポイントを獲得した。
レースはRed Bull Racing HondaのMax VERSTAPPENがポールポジションからスタートを決めてトップに立ったが、高速セクションのCopseコーナーでイン側からLewis HAMILTON(Mercedes)が左のフロントタイヤをVERSTAPPENの右リアタイヤに接触させ、VERSTAPPENのマシンはコントロールを失いコースアウトして高速でタイヤバリアに激突しリタイアを余儀なくされた。
バリアへの衝突時のGは51Gとも言われたが、幸いにもVERSTAPPENは自力でマシンから降りて歩くことが出来、生命にも問題は無いとのこと。
このインシデントではHAMILTONに10秒のペナルティが課せられたが、ちょっと甘いのでは無いだろうか?
大怪我をしなかったのは幸いだけど、これは幸運だっただけで、場合によっては重大な事故になった可能性もあるので、もっと厳しい処分(1レース以上の出場停止等)が科せられるべきではないだろうか?

このVERSTAPPENだけでなく、他のHONDAパワーユニット勢も角田を除き10位以内には入れずノーポイントに終わり、厳しい週末となってしまったのは残念。
チャンピオンシップポイントもドライバー/マニュファクチャラー共にMax VERSTAPPENとRed Bull Racing Hondaがトップのままだが、ポイント差が大きく縮まってしまった。

次戦は2週間後の8/1決勝のハンガリーGPとなる。
Red BullにもAlphaTauriにも挽回を期待したい。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す