ACERのAspire5220

タイトルのPCが手元に来た。
なんでもしばらく前にHDDが壊れてしまい、現在は使っていないとのこと。
実際手元に来たのを開けて見るとHDDが入っていない。
HDDの仕様は2.5インチのSATAで、ちょっとググッたところ取り付けるHDDに拠ってはリカバリでエラーになることがあるらしい。
大まかな仕様は、
CPU:Mobile Sempron 3600+(2GHz動作、ソケットS1)
メモリ:DDR2 512MB(メモリスロット2本の内1本に実装:手元に来たのは512MB増設済み)
チップセット:GeForce 7000M+nForce 610M
HDD:80GB
ディスプレイ:15.4インチWXGA
OS:Windows VISTA Home Basic
VRAM:32M-256M(メインメモリを使用、容量はBIOSにて設定可)
とまぁこんな感じ。
チップセットが上位のCPUであるTurion64にも対応しているので、同じソケットS1のTurion64X2辺りも載るのかな?もし載ればデュアルコア化が可能ということになるな。
#CPUソケットは裏蓋を開けたら見えるのでソケットS1であることは確認済みで、CPUの交換は比較的簡単に出来そうだ。
ただメモリが合計1GBではVISTAを動かすには辛いので(よく我慢して使ってたなぁ)、メモリを交換するかOSをXpにするかのどちらかが必要だ。

このノート、HDDが壊れてからしばらく(1年以上も)使っておらず、その間電源を繋いでいなかったのに久々に電源を入れたところ内蔵の時計が動いていてびっくりした。
AC電源を繋がないと起動は出来なかったのでバッテリーは放電しきっていたと思うが、内蔵のバックアップ電池は生きていたということだよなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す