More from: AMD

「Ryzen Threadripper」の新型

AMDのCPU「Ryzen Threadripper」の新型が凄いらしい。
最上位モデルは32コア64スレッドってどうやって使い切るんだろう?(汗)
そりゃ動画エンコードやマイニング等を常に行うのであれば有用なのだろうな。
普通の人なら性能の1%も使えないんじゃ無いだろうか?
TDP250Wの発熱を暖房代わりにしたくても、よほど負荷をかけないと熱くはならないだろうなぁ・・・(笑)

←クリックしてくれると嬉しいです。

”VAIO”が来た

我が家にまたまたノートPCが来た。
今度来たのはSONYのVAIOで6‐7年位前の製品。
ディスプレイサイズが11.6型と小型なので外に持ち出して使うには良いかも?
CPUはAMDの”FUSION”APUの一つである「E-350」で、メモリスロットが2本あって最大で4GBまで対応しているようだ(メーカーサイトによる)。
同じ「E-350」を搭載したPCでも最大8GBまで対応の製品もあったらしいので、もしかするとこのノートも8GBまでOKかも?
ちょっと試してみようかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

新品のCPUが980円?

今週のツクモ札幌店の週末特価チラシに980円のCPUが載っている。
もちろん新品。
私も目を惹かれたのでよく見てみると、モノはAMDの「Sempron 2650」(2コア、1.45GHz動作)。
TDP25Wの省電力タイプのAPUで、発売は2014年の4月という古い製品で、発売当初から実売価格4,000円弱の廉価版。
対応ソケットはAM1、、、って、マザーを探す方が大変かも(笑)。
今時、どこからこんな商品を発掘してきたんだろう???

←クリックしてくれると嬉しいです。

今週もRYZENは売られるようだが・・・

ツクモ札幌店のチラシを見るとAMDの新CPU「RYZEN7」3モデルが載っているので、発売直後には入荷しなかった最廉価モデルの1700も入荷したらしい。
これで少しは買いやすくなるか、と言うとそうでもなくマザーボードが見当たらない。
全国的に品不足のAM4マザーなので、入荷があれば少なくともチラシには掲載する筈だが、載っていないということは入荷していないか、入荷するにしても僅か(ちなみにRYZEN発売日には僅か5枚)しか無いかのどちらかだと思う。
しばらくはCPUはあってもマザーが無い状態が続くのかな?
GIGABYTE AMD X370チップセット搭載マザーボードGA-AX370-Gaming 5
B06XCC7P4W

←クリックしてくれると嬉しいです。

安いフルHDノート

通販サイトからのメールにフルHD液晶を搭載していながら安価なノートPCが載っていた。
どれくらい安いかと言うと、三万円台半ばという低価格。
こりゃ安いな、と思ったので店舗のサイトに行ってモデルを見るとHPの「15 ba-000」というモデルだった。
スペックを見るとCPUにAMDの「E2-7110」というAPUを採用したモデルで、エントリークラスのノートPCのようだ。
ネットで調べてみるとEシリーズのAPUだけあって動作は全体的に重く、軽めの作業にしか向かないようだ。
中には「ストレスが溜まらない」と褒めているレビューもあったが、よく読むとやはり同様に「軽い作業を行う分には」という条件付き。
まぁ値段なりということなのだろうが、それでもHDDをSSDにしたり、メモリを標準の4GBから2倍の8GBに増設すればそれなりにはなるのかも?
とにかくこの価格でフルHD液晶を搭載しているのはポイントが高いかも。
HP 15.6型ノートPC[Win10 Home・AMD・HDD 500GB・メモリ 4GB] HP 15-ba000 ホワイト W6S93PA#ABJ (2016年9月モデル)
B01M3RFGGH

←クリックしてくれると嬉しいです。

「RYZEN」は売れているようだねぇ

先週末にAMDが発売した新CPU「RYZEN」は売れ行き好調のようだ。
新ソケットAM4でチップセットも新型ということでマザーボードも新しくしなければならないので対応マザーも飛ぶように売れている。
札幌のショップで話を聞いたら、発売初日は対応マザーの在庫が僅か5枚しか無く一瞬で売り切れ、その後も1-2枚程度しか入荷が無いそうな。
おかげでCPUの方も最廉価版の「RYZEN 7 1700」は「マザーが無いから売れないでしょ」と東京の店舗に取られてしまい商品が無くて売れないということだ。

話をしてくれたお店の方の個人的な意見として、価格はまだ下がると思うので今は(真っ先に購入した)先人たちの動作報告を待っているところだとのこと。
実際、一部のネットユーザーの報告では既に一部のマザーとの相性があるらしく、BIOSアップデート等の対応がされてからのほうが安全かとも話していた(これはいつものことだけど)。
まぁ真っ先に買うのは一部の新しもの好きのコアユーザーで、そういう人たちがいろいろ検証してくれるのはありがたい。
今回発売になったのは上位のモデルなので、少々値が張る(それでもスペックを考えれば安い)が、今後出てくる下位モデル(「RYZEN 5」「RYZEN 3」)に期待かな。
それにしても3GHzオーバーで動く8コア16スレッドCPUのTDPが95Wとか凄いねぇ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

AMDの「RYZEN」

先週金曜日(3/3)にAMDの新CPU「RYZEN」が発売になった。
上位3製品だけが発売になったけど、その全てが8コア16スレッドという個人向けとは思えないスペック。
いっそのことサーバーを組んで仮想環境でも構築してくれと言わんばかり(笑)。
同クラスのIntelの製品比べると安価なのはいつも通りなんだけど、ここまでのスペックはもう必要ないんじゃないかなぁ?
この後に予定されている下位の製品の方が気になるところかな。
AMD CPU Ryzen7 1800X AM4 YD180XBCAEWOF
B06W9JXK4G

←クリックしてくれると嬉しいです。

「Kaveri」ベースのA8及びA6が発売された。

AMDが先月末に発表していたAPU「A8-7600」及び「A6-7400K」が発売になった。
両製品とも「Kaveri」ベースでは初のA8/A6製品となる。
「A8-7600」は4コアで動作クロックはベースが3.1GHzでターボコア時3.8GHz、搭載GPUはRadeonR7(6コア、最大720MHz動作)。
「A6-7400K」は2コアで動作クロックはベースが3.5GHzでターボコア時3.9GHz、搭載GPUはRadeonR5(4コア、最大756MHz動作)。
両APUともcTDP(Configurable TDP)に最適化されておりTDPは45W/65Wとなる。
さらに「A6-7400K」は末尾のKが示すように倍率ロックがされていない。
cTDPに最適化されていて倍率アンロックされるのはこの「A6-7400K」が初となる。
実売価格は「A8-7600」が1万2千円弱、「A6-7400K」が9千円前後となっている。

←クリックしてくれると嬉しいです。

電源ユニットはどこにあったかなぁ?

昨日の朝電源が入らなくなっていた自宅のPC。
昨夜帰宅後にチェックしようとケースを開けた。
マイクロATX用の小型ケースなのに大型のCPUクーラーを取り付けているせいで整備性が非常によろしくない。
マザーボード(GIGABYTEのGA-F2A85XM-D3H)のレイアウトの関係もあってCPUクーラーを外さないと電源ケーブルを外すことが出来ない。
そこで最初にCPUクーラーを外したので、ついでにCPUを以前使っていたA8-5800Kに交換してみた。
結果はNG、電源の入らない原因はCPUではなかったらしい。
次に電源ユニットを交換して・・・と思ったら手近にATX電源が見当たらない・・・
あれ?だいぶ前に小型ケースから外したSFX電源があった筈なんだけどなぁ?どこに埋もれているんだろ?
こうなったら検証用に一個確保しておこうかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

PCが死んだ・・・

自宅でメインで使っているPCが起動しなくなったorz
今朝方電源SWを押してもウンともスンとも言わず、電源のリセットをしてみても変化が無い・・・(涙)
細かい検証はしていないが、電源ユニットかマザー(GIGABYTEのA85マザー)かCPU(AMDのA10-6700)のどれかが逝ってしまった公算が大きい。
うーん、困った。
とりあえず他のPCから電源ユニットを移植して試してみるかー。
それで駄目なら余っているCPUに交換してみて、それでも駄目ならマザーの交換だなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。