RFマウントの超望遠は”ゴーヨン”が最初か?

CanonがRFマウント用の超望遠レンズとして「RF500mmF4L」が計画されているとの噂がある。
というか、新マウントなので既に発売された以外のレンジのレンズが開発されるのは当然。
ただ、超望遠に関しては今のところマウントアダプター経由で使えるレンズがあるのと、広角域よりは短フランジバックの恩恵を受け難いので優先順位は低いのかも?
特に昨年発売された「EF 600mF4LIII USM」は先代モデルより1Kg近く軽量化されているので、マウントアダプターを入れても軽量と言う評判(とはいえ3Kgを超えるけど)。
Canonとしてはこっちを買って欲しいというのもあるのかも?
それでもゆくゆくは現行のEFマウントレンズのラインアップと同等までは出してくるんだろうなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

コメントを残す