米政府がカスペルスキー製品を排除

アメリカ連邦政府はロシアのセキュリティー大手「カスペルスキー」の製品を連邦政府機関の情報ネットワークから排除すると発表した。
ロシア政府による米政府のネットワークに侵入する可能性があると判断したため。
発表によると「特定の同社社員とロシア情報機関のつながりなどを懸念している。」ということで、断言はしていないがロシア政府による連邦ネットワークへの侵入を疑っていると思われる。

たしかにセキュリティー対策は疑うことから始まるわけだけど、こうまで大々的に発表するということはロシア政府他に対するある種のメッセージなんだろうな。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す