CanonのフルサイズミラーレスはEFマウント採用?

海外サイトでCanonのミラーレス機に関しての噂が流れている。
確証は無いし信憑性も低いということながら、Canonはフルサイズミラーレス機を開発している。
しかもそのミラーレス機のマウントは現行のフルサイズ一眼レフ機と同じEFマウントを採用する、となっている。
現在、フルサイズのミラーレス機と言うとソニーのα9等になるが、マウントはミラーレス専用のEマウントとなっている。
Canonがレフ機と同じEFマウントを採用するというのは、既にあるEF-Mマウントではフルサイズに対応させるのは不可能ではないにしてもかなり厳しく、しかも現行のEF-MマウントレンズはAPS-C用なので、フルサイズ用のレンズ群を新たに開発しなくてはならない。
それならいっそのことレフ機と同じマウントにしてしまえばボディのみの開発で済むということなのだろうか?
そうしてレフ機ならミラーボックスに当たる部分になんらかの機構(内蔵フィルター、手ブレ補正レンズ等)を配置するということも考えられる。
たしかにフルサイズ用に新しいマウントとレンズ群を開発するよりは現実的だとは思うけど、それならEF-Mマウントを採用してマウントコンバーターでEFレンズを使えるようにするというのも手ではないかな?
でも、やっぱりEF-Mマウントでフルサイズのイメージサークル対応は無理なのかなぁ???

コメントを残す