NIKONが「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」を発表

NIKONがDXフォーマット用標準ズームレンズの新型「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」及び「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G」を正式に発表した。
現行の「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR(II)」と異なるのはAFモーターが超音波モーター(SWM)からステッピングモーターに変更されている点。
動画撮影やコントラストAF使用時にはこちらのほうが良いと見る向きもある。
他に「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」のほうの手ブレ補正効果は4段分で「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR」の3段分に比べると一段遅いシャッターが切れることになる。
また”VR”無しのバージョンである「AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G」も発表されているが、これは海外向けの安価モデルだと思うがどうだろうか?
光学系も見直されているようなので、実際に国内で発売されることになればレビューが楽しみだ。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す