More from: NIKON

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

NIKON「Z6」は随分と評判が良いみたい

11/23に発売されたばかりのNIKONのフルサイズミラーレス機「Z6」の評判が良いらしい。
海外のサイトの評価が高いということで、その記事(の日本語訳)を読んでみると確かにほぼ手放しで称賛している。
さらにユーザーの評価も見てみようとカカクコムのユーザーレビューも見てみたが、こちらもかなり高い評価が多くなっていて、唯一評価点が平均よりも低いのがバッテリーライフ。
これはカタログ値で310枚と少ないのが原因だろうが、それでも実際の使用では500枚程度は行けると書いている人もいるのでレフ機ほどでは無いが、使い方によってそこそこの枚数は撮影できるのかも。
複数の人が指摘していたのが”ファインダーの出来の良さ”。
これだけ良い評価ばかりを目にしていると思わず欲しくなってしまうよね(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「D70」も入っているのか・・・

市内の中古カメラショップにNIKONのDXフォーマットのエントリーモデル「D70」が入荷している。
流石に古いモデルだけあって格安なんだけど、ちょっと古すぎて食指は動かないなぁ(汗)。
ショット数は極端に少ないので、古くてもそこそこ使えるとは思うんだけどねぇ、、、

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

NIKONが来年前半にも「D760」を発表?

先だってフルサイズミラーレス「Z7/Z6」を発売したNIKONが来年(2019年)の前半にもFXフォーマット機である「D760」を発表するという噂が出て来た。
同時にFXエントリークラスの「D610」はモデル終焉ということなので、この「D760」がエントリークラスとなるようだとも。
ミラーレスを2機種出したNIKONがレフ機ユーザー向けにも新機種を出してくれるんだという点と、これまでミドルクラスだった機種をエントリークラスとするという点で賛否両論となっている。
これまでNIKONのFXフォーマット機はフラッグシップの「D5」、高画素機の「D810」、ミドルクラスの「D750」、エントリークラスの「D610」と4ラインあったが、これを3ラインに整理するということなのだろう。
「D610」ユーザーはミラーレスの「Z6」に行くか、レフ機の「D760」に行くか悩みどころかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

お?「D300」が入ってる!

市内の中古カメラショップにNIKONのDXフォーマット機「D300」が入荷した。
私が「D7000」の中古を買う際に迷った機種で、当時は状態にもよるけど「D7000」よりも高値が付いていた。
今回入荷したのは値段もかなり下がって手頃になってるなぁ、、、

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「D7100」も売れていた

市内の中古カメラショップに入荷していたNikonのDXフォーマット機「D7100」。
入荷後はしばらく売れずに残っていて、少し前に値下げされていた。
その後も残っていたんだけど、昨日在庫をチェックしてみたら売れていた。
これも気になっていたんだけど、売れてしまっていては仕方ないな(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Nikonの「Z7」とCanonの「EOS R」に触ってみた

先日、久しぶりに大型量販店に行ったので、ついでにカメラ売り場に行ってNikonとCanonのフルサイズミラーレス機に触ってみた。
どちらもファインダーが明るくて見やすく、さらに動体への追従性も良くて十分だと思えた。
触ったのは合わせても数分だし、店内の光景だけしか見なかったけど、このファインダーなら通常使用になにも問題は無さそうと感じた。
#まぁ両メーカーとも通常使用で支障が出そうなモノは出さないだろうけど(汗)。
重さも意外と軽く感じたなぁ、、、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニコン Z7 24-70+FTZマウントアダプターキット【送料無料】
価格:547000円(税込、送料無料) (2018/11/12時点)

楽天で購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン EOS R ボディ
価格:233182円(税込、送料無料) (2018/11/12時点)

楽天で購入

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

Nikonが「Z6」の発売日を発表

Nikonのフルサイズミラーレス機で未発売の「Z6」の発売日が11/23と発表された。
この日に発売されるのはボディ単体・ボディ+24-70㎜レンズキット・ボディ+FTZアダプターキット・ボディ+24-70mm*FTZアダプターキットの4種類。
同時に発表され既に販売されている高画素機の「Z7」に比べると実売で15-17万円ほど安いので、こちらを予約していた人の方が多いのでは?
となると、今月のミラーレス機のシェアがどうなるか興味深いな。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

ソニーのフルサイズミラーレスのシェアが大幅にダウンしているようだ

BCNランキングによると、10月のフルサイズミラーレスカメラのシェアはトップのソニーが67%、2位のCanonが22.1%、3位のNikonが10.4%とのこと。
Nikonが9月末に、Canonが10月末にこの市場に参入して新製品(「Nikon Z7」「Canon EOS R」)を発売し、8月までのソニーのシェア(99.5%)を一気に減らした格好だ。
機種別でも発売後一週間しか経っていないCanonの「EOS R」がトップで、2位と3位がソニーの「α7III」(ボディ単体及びレンズキットで、合計すれば34%でトップ)、Nikonの「Z7 24-70mm FTZアダプターキット」は台数ベースのシェアでは5%と少ないが、価格が高く金額ベースではシェアがもう少しある筈。
とは言え、ソニーは全体の2/3のシェアを持っているわけ(半分は「α7III」)で、今後NikonとCanonがどの位上積みしてくるかが注目される。
特に「Z7」がイマイチ伸びていない印象のNikonは安価な「Z6」が今月末に発売になるのでメーカー別のシェアを伸ばしてくるのはほぼ確実。
Nikonが伸びる分、他の2社の数字がどう変化してくるものなのか?

NikonにしてもCanonにしても他社からの乗り換えユーザーがどれほどいるのだろう?
購入者の殆どが自社のレフ機からの乗り換えならメーカーとしては旨味がないだろうなぁ・・・

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。