fetchmailで意味の無い設定をしてしまった(汗)

新規のメールユーザーが増えたのでサーバにユーザーを追加して受信用のデーモン代わりのfetchmailの設定も追加した。
当初は本来のサーバにメールを残すためにkeepオプションを付けて.fetchmailrcを書いた。
で、実際に受信動作をさせてみると取得済みのメールを何度も取得してしまい、メールボックス内に同じメールが複数取り込まれてしまう。
しかもユーザーのホームディレクトリに作られるはずの.fetchids(取得済みのメッセージIDを記録するファイル)ファイルが出来ていない。
おかしいな?と思って調べて見ると、keepオプションを付けているにもかかわらず、受信時にはa(All)オプションを付けて”fetchmail -a”としていた(汗)。
このaオプションは取得済みでも全て取得してしまうので、同じメールを何度も取り込んでしまっていたと言う訳だ。

焦って作業してはいけないということだね(爆)。

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

コメントを残す