Windows8を1,200円で購入可能?

日本マイクロソフトで「Windows 8優待購入プログラム」が6/2から始まっている。
このプログラムは期間内(2012/06/02~2013/01/31)にDSP版のWindows7もしくはプリンストール版のWindows7を購入したユーザーは1本1,200円でWindows8にアップグレード可能と言うもの。
対象となるWindows7製品はDSP版もしくはプリンストール版(要はWindows7がインストールされたPCを購入したユーザーが対象)で、パッケージ版は対象外。
また対象となるエディションは
・Home Premium
・Professinal
・Ultimate
で、Starterは対象外。
面白いのは提供されるエデョションは購入したエディションに関わらずWindows8 Proということで、Home PremiumユーザーであってもProへのアップグレードが提供される。
購入希望者は期間内に対象となるWindows7製品を購入した上でマイクロソフトのサイトから登録する必要があり(2012/06/05現在は”準備中”となっている)、販売開始は「Windows8の一般発売後」とアナウンスされている(なお現在は発売日は未定)。
1人のユーザーが購入できるのは、プログラム期間内に購入したWindows7の本数までで、最大で5本までとなる。
(Windows7発売時のVISTAからの無償アップグレードは1社あたり最大で25本までだった。)
Windows7発売時のアップグレードはインストールメディアの送付も受けられたけど、今回はダウンロード販売のみ(有償でメディア送付も受けられるらしい)で、ダウンロードしたファイルからインストールメディア(DVD・USBメモリ)の作成も可能だそうだ。

こんな話が出てくるということはWindows8の市販開始までそれほど時間はかからないということかな?
うーん、期間内にもう1~2本買っておいて申し込みをしておこうかなぁ?

つか、2月に公開されたPreview版のインストールも未だに出来ていないんだよなぁ(汗)。
そうこうしている内に6/1には「Release Preview」が公開されているから、こっちを試してみようかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。
PR

One comment to this article

  1. 千歳

    on 2012 年 6 月 5 日 at 10:55 AM -

    ライセンス購入の私は、一体どうなるのか。
    今後の割引策から目が離せません…!

コメントを残す