More from: 打点

ファイターズがサヨナラ負けorz

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは敵地での福岡ソフトバンク戦。
先制してさらに追加点を取って良い流れかと思っていたが、中盤以降は好機を作っても点が入らず、反対に五回には1点を奪われ2-1と1点差にされてしまった。
それでも投手陣が踏ん張って1点差のまま最終回を迎えたが、九回裏の先頭打者に本塁打を打たれて同点にされ、一死後にサヨナラ本塁打を打たれて逆転サヨナラ負けを喫した。
勝てば昨季の勝利数を超えられる試合だったが、それは明日に持ち越しだなぁ。
とはいえ、5年目の田宮が2安打2打点と活躍したり、中継ぎ陣3人が3イニングを1安打無四球に抑えたり収穫はあったな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズが先制!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは敵地での福岡ソフトバンク戦。
ファイターズが二回に4年目の田宮の適時二塁打で1点を先制した。
田宮は四回にも一死一三塁からこの日2本目となる適時打を放って2点目を追加した。
このまま勝って連勝と行って欲しいね!

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が2試合連続の打点で勝利に貢献

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は敵地でのフィリーズ戦に3番DHで先発出場。
点の取り合いとなった試合で第2打席までは快音が聞かれなかったが、エンゼルスが1点を勝ち越した五回の第3打席で痛烈な右前安打を放ち、二塁からVelazquezが激走で生還し大谷に1打点が記録された。
大谷の打点はこれで95となり、今日は打点が無かったリーグトップのKyle Tuckerに2点差に迫っている。
また、1点ビハインドの八回にも四球で出塁しレンフローの適時打で同点のホームを踏み得点も記録、今季101得点として同じく今日1得点のセミエンとの差を2に保っている。
試合は八回裏に逆転されたエンゼルスが九回に3点を奪って再逆転しその裏の相手の攻撃をエステベスが三人で抑えて逃げ切り連敗を3で止めた。
なお、大谷の適時打は自身今季150本目の安打で昨年に続いて150安打を記録した。
ただなぁ、これで7試合連続で本塁打が出ていないのは寂しいし、右肘の故障もあってちょっと心配だな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が猛打賞・・・なるも

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は敵地でのフィリーズ戦に2番DHで先発出場。
第3打席までに2安打1打点と活躍していて、第4打席こそ凡退したが最終回の第5打席で適時二塁打を放って1試合3安打(猛打賞)とし、打点も1上積みして今季打点を94とした。
それでもエンゼルスは投手陣が崩壊し大量12失点で7-12で大敗、連敗を3に伸ばした。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が3試合ぶりのマルチ安打&打点!

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は敵地でのレイズ戦に2番DHで先発出場中。
三回の第2打席で三塁線にボテボテのゴロを転がし、俊足を活かして内野安打とした。
さらに投手の悪送球で二塁走者のグリチェクが生還しエンゼルスが勝ち越した。
さらに3-2で迎えた五回の第3打席ではまたもや二塁打のグリチェクを三塁に置き今度は右翼前に適時打を放ちマルチ安打を記録。
大谷の打点とマルチ安打は8/26(日本時間27日)のメッツ戦以来3試合ぶりで今季通算93打点目、リーグトップとは4点差でタイトルも狙える位置にいる。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷がメジャートップに並ぶ8本目の三塁打!

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は敵地でのメッツ戦に2番DHで先発出場中。
初回の第1打席で二塁打を放ち4試合連続安打とすると、そのバットは止まらず二回の第二打席では右翼線を抜ける三塁打を放ち一塁からレンヒーフォが生還し1打点を記録した。
大谷はこれが今季8本目の三塁打でロイヤルズのBobby Witt Jr.に並ぶメジャートップタイとなり、2021年にならぶ自己最多にも並んだ。
さらに次打者のドゥルーリーのこの日2本目の適時打で5点目のホームを踏み、今季得点を100の大台に乗せ、打点も92として100に近づいた。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が先制適時打!

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は地元でのジャイアンツ戦に2番DHで先発出場中。
初回の第1打席は無死二塁の場面で中堅に前に安打を放ち二塁走者を迎え入れる適時打となった。
大谷はこれで3試合連続の安打となり、打率を.310に上げた。
エンゼルスは大谷の適時打の後もムスタカスの適時打とレンフローの適時二塁打と相手の失策で4点を入れて4-0としている。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が今季60打点に到達!

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は敵地でのロッキーズ戦に2番DHで先発出場。
2試合連発とはならなかったが適時打1本を放って1打点を記録、今季の打点がメジャートップタイの60点となった。
これで本塁打と打点はともにメジャートップとなり”二冠王”。

試合はエンゼルスがチーム過去最多となる25得点をあげ25-1で大勝、連敗を3で止めている。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が1打点!

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は敵地でのレンジャーズ戦に2番DHで先発出場中。
五回の第3打席は無死一三塁の場面、ここでフルカウントから左翼への飛球を打ちこれが犠飛となってエンゼルスが1点を返し2-5とした。
この回はさらに安打や相手の失策もあって2点を加え4-5の1点差に迫っている。
大谷はまだ安打は出ていないが、この後の打席に期待したい。

←クリックしてくれると嬉しいです。

大谷が1打点、エンゼルスはリード中

米メジャーリーグ、ロスアンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手は地元でのアスレチックス戦に3番DHで先発出場中。
初回の第1打席は三塁ゴロに倒れたが、エンゼルスが4-1と逆転して迎えた二回の第2打席では二死満塁で一塁へのゴロを放ち三塁からネトが生還し1打点を記録した。
四回の第3打席は空振りの三振でここまで安打は出ていない。
試合は四回を終わってエンゼルスが6-2でリードしている。

←クリックしてくれると嬉しいです。