More from: フィルムカメラ

PENTAXのフィルムカメラの試作機が完成

リコーが進めているPENTAXのフィルムカメラプロジェクトの試作機が完成したと公式ブログが伝えている。
それによると試作されたのは事前に言われていたようにコンパクトカメラで、フィルムの巻き上げは手動とのことで、古い図面通りに作ってもきちんと動作せず苦労なさったとのことだ。
若いモデルさんが手に取って触った感じだとかなり軽量でコンパクトらしい。
私もPENTAXの「ME」とか古い一眼レフを持っているし、実家にはオリンパスの「PEN」なんかも残っていて、たまには使ってみたいと思うけど、フィルムが高くて入手困難なのと、現像所も知っているところが無いのでかなりハードルが高いなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

フィルム一眼レフをデジタルに変える「I’m Back Film」が進化した

フィルム一眼レフカメラの裏蓋と交換するだけでデジタル一眼レフ化する「I’m Back Film」が進化した。
今度は裏蓋そのものの形では無く、フィルムのパトローネとそこから出ているセンサー基盤となり、基盤から延びるフィルムケーブルがボディ下に取り付けるユニットに接続されることで記録や電源供給を受ける形になった。
センサーサイズはマイクロフォーサーズで画素数は20MPとのこと。
画角が狭くなるために焦点距離が35mm換算で2倍になるのが気になるところだけど、小型化のアプローチとしては面白いな。
これでセンサーサイズがフルサイズとかAPS-Cとかになれば欲しくなるかも?(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

リコーが来年春にフィルムカメラ2機種を発表?

リコーヨーロッパがインタビューに答える形で来年(2024年)春に2機種のフィルムカメラを発表するとした。
この2機種は”スペック的にはハイエンドで価格はハイエンドではない”コンパクトカメラとなると言っている。
さらにはその後に一眼レフが続くと言っているのでちょっと楽しみ。
#インタビューでは”ペンタックスが”と言っているので、ペンタックスブランドになりそうだ。

でも、今のフィルム価格の高騰と現像サービス拠点の少なさでは普及は難しい・・・というか”普及”はさせる気は無いよね?
それでもフィルムメーカーが絶版としたフィルムと印画紙の再生産を始めて価格が下がれば面白いかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

フィルムカメラねぇ・・・

リコーがPENTAXブランドでフィルムカメラを開発すると発表してかなり経つが、今でも開発は継続中とのこと。
フィルムメーカーとも連携をとっているらしいということなので、実現性はけっこうあると思われる。
現在のフィルム価格が高騰してる状態が少しでも改善されれば良いとは思うが、大都市圏以外ではフィルムの現像を依頼するにもちょっと大変。
昔の(今でもあるが)「パレットプラザ」のようなチェーンが復活するようなことは期待できないが、フィルム現像の受付をしてくれる店舗が増えないと大都市圏以外での普及は困難なのでは?

←クリックしてくれると嬉しいです。

PETANXブランドでフィルムカメラを新開発?

リコーがPENTAXブランドで新たにフィルムカメラを開発するプロジェクトを始めるとアナウンスした。
”デジタル全盛のこの時代に敢えてフィルムカメラを開発するとはやってくれるな”、という感想が多いが、心配されるのはフィルムの供給体制。
フジもコダックもまだ販売しているものの、一部銘柄の販売終了もアナウンスされたくらいだ。
このリコーのプロジェクトでフィルムユーザーが拡大すればフィルムメーカーも供給を増やしてくれるように・・・なんてことにはならないだろうなぁ・・・
それにフィルムが買いやすくなっても現像や紙焼きをしてくれるラボが近くに全く無い状況ではねぇ、、、
#受付してくれるショップはあるけど、全て東京送りになって時間も費用もかかってしまう。
私も古いPENTAX MEを持っていて、まだ動作するものの今の時点で使うことは考えられないな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ライカがフィルムカメラを発表

ライカがフィルムカメラの限定セットモデル「Leica M-A ‘Titan’ set」を発表した。
製品名に”’Titan’ set”とある通り、ボディとレンズ(「APO-Summicron-M 50 F2 ASPH lens」)のセットでどちらも外装がチタンの削り出しで造られている。
限定250セットで価格は$19,995(本日6/10時点でのレートでおよそ268万円)と非常に高価。
同じモデルでもシルバー/ブラックのモデルなら日本でもボディー単体が70万円弱で買えるから、実に3倍以上の値付けとなる。
このセットはどう見てもコレクターズアイテムでこのカメラ(純機械式で露出計すら無い!)を常時持ち歩いてスナップを撮る人はまずいないだろうなぁ(笑)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

フジの「GW690」が入っている

市内の中古カメラショップに富士フィルムの「GW690」が入荷している。
「GW690」はモデル名から連想できるように6×9版のフィルムカメラで、集合写真用に開発されたカメラ。
主用途が集合写真のために購入層はプロがメインなので、使い込まれている個体が多いらしいが、プロ用だけあってメンテナンスもしっかりされていることが多いそうだ。
今回入荷したのはモデル名に”II”も”III”も付いていないので1978年に発売された初代モデルと思われる。
後継モデルの「GW690II」が出たのが1985年のことなので、少なくとも35年以上前のモデルとなるが、電気回路が全く無い(露出計すら無い)ので故障する箇所と言えばシャッターと絞り関連位だろう。
今回入荷した個体の程度は良いみたいなので6×9版フィルムを使える唯一のカメラと言って良いこのモデルを手に入れるには良い機会かも。

ちなみに、このカメラのピント合わせはレンジファインダーによくある二重像合致式で、私も昔この方式のカメラを使ったことある。
#「宇宙戦艦ヤマト」第一話の冥王星宙域での戦闘で沖田指令が座乗していた戦艦(後の2199では「キリシマ」と名前が付いた)の主砲の照準合わせの方式が似ていたことを思い出したよ。

←クリックしてくれると嬉しいです。