More from: ファイターズ

ファイターズ細野がデビュー戦で好投!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは敵地甲子園で阪神と対戦。
1-2Xでサヨナラ負けを喫し交流戦の最終戦を飾ることが出来ず三連敗で交流戦を終えた。

ファイターズの先発はルーキーの細野がプロ初登板。
この細野が四回二死まで一人の走者も出さないパーフェクトピッチング。
四回に初安打を打たれても後続を断ち無失点を続けた。
ところが五回の先頭打者にプロ初四球を与えてからリズムが狂い、自らの暴投や安打で無死一三塁とする。
直後のスクイズは失敗させて一死を取るも続く打者に四球を与え満塁としてここで無念の降板。
二番手の宮西が適時打を打たれて1点を失うも最少失点で切り抜けて貰えた。
細野は四回と1/3を投げ被安打2与四球2、奪三振6の失点1(自責1)とデビュー戦としてはほぼ満点の投球。
味方打線が同点に追いついてくれたので初黒星は付かなかった。
今後に期待できる投手だと思う。

←クリックしてくれると嬉しいです。

交流戦最終日

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは今夜甲子園で阪神と対戦の予定。
これは雨で中止となった試合の代替試合で今季の交流戦の最終戦となる。
既に交流戦負け越しが決まっているファイターズの先発はルーキー細野で今季(というかプロ)初登板となる。
ルーキーらしい思い切った投球で阪神相手にスイープ達成と行って欲しいね!

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズは痛いドロー

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは地元のエスコンフィールドHOKKAIDOで読売と対戦。
先制されるも逆転したが追いつかれ、延長十二回3-3の引き分けに終わった。
交流戦は延期となった阪神戦を1試合残した状態で7勝9敗1分けとなり負け越しが決定。
リーグ首位とのゲーム差は8.5まで広がったがそれでも2位のまま。
残りの阪神戦に快勝してリーグ戦でも交流戦前のように勝ちまくって首位に近づいて欲しい!

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ金村が好投

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは地元のエスコンフィールドHOKKAIDOで読売と対戦。
ファイターズ先発の金村は八回まで相手打線に7本の安打を許すも四死球無しの無失点と粘りの投球を見せた。
残念ながら味方打線の援護が無く、九回に決勝の2点本塁打を打たれて負け投手となってしまったが、それでも新庄監督は評価していると思うなぁ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ水谷が早くも3本目!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは地元のエスコンフィールドHOKKAIDOで読売と対戦。
今季新加入の水谷が今季第3号の本塁打を放った。
水谷は6/2の横浜戦でプロ初本塁打を放つと、6/7のヤクルト戦で第2号を放っており、今月だけで早くも3本目となる。
今後も楽しみな若手だな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

伊藤が完封で今季5勝目!

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨夜地元のエスコンフィールドHOKKAIDOで中日と対戦。
連敗中のファイターズだったが、先発の伊藤が僅か98球で中日打線を3安打無四球7奪三振の無失点で抑え、今季初となる完封で5勝目を挙げた。
伊藤は三回二死までパーフェクトピッチング、二死から安打で走者を出し、三回から五回にかけて一人ずつ安打を打たれただけで、五回一死から14人連続で打ち取り走者を許さなかった。
試合はファイターズが初回の二死から三連打で先制し、さらに万波の今季第8号の本塁打で3点を加えて一気に4点を先行。
終盤にも郡司の今季第6号の本塁打等で3点を加えて7-0で完勝、前日のお返しをした。

また、一ヶ月ちょっとぶりにこの三連戦から復帰した清宮が先発出場し、4/27以来となる今季3本目の安打を放って打率を一割台に乗せているのもニュースかな?(笑)

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズが連敗orz

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは神宮で東京ヤクルトと対戦。
先発加藤貴が七回を無失点に抑えるも急遽降板、八回に無安打で1点を奪われ打線も点を取れず仕舞いで0-1で完封負け。
八回に2番手で登板した田中正義が守備に足を引っ張られて交流戦2敗目。
チームも昨日に続いての連敗でカード負け越しとなった。
これで交流戦に入って4カードを終了し3カード連続の負け越しで貯金を減らしている。
今年は上位を争える戦力とは思えない中での快進撃だったが、その勢いもセ・リーグのチームには通用しないのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

ファイターズ連勝ならず

プロ野球の北海道日本ハムファイターズは昨日神宮で東京ヤクルトと対戦。
1点を先制するも四回に本塁打等で3点を奪われ逆転されると七回にも3点本塁打を打たれて万事休す。
結局3-6で敗れ連勝はならなかった。
先発の金村も2番手の畔柳も四球後に一発を浴びて悪い流れを作ってしまったのが悔やまれるな。

←クリックしてくれると嬉しいです。