More from: デジカメ

Canonが生産終了させたレンズの中に・・・

Canonは続々とEF/EF-Sレンズの生産を終了しているが、その中に下記の4本のEF-Sレンズの名前がある。
EF-S 10-22mm F3.5-4.5 USM
EF-S 15-85mm F3.5-5.6 IS USM
EF-S 35mm F2.8 IS STM Macro
EF-S 55-250mm F3.5-5.6 IS STM
この中で最後の55-250mmはkissシリーズのWズームキットにも含まれるキットレンズだけど、その他は単品販売されていたレンズ。
10-22mの広角ズームや15-85mmの広角-中望遠ズームレンズは需要はあると思うんだけど、生産能力をRFレンズに振り向けるためには生産中止も仕方ないのだろうか。
EFマウントの超広角ズームは持っていないので、以前から10-22mmは気になっていたんだよなぁ・・・
今後は中古でしか買えなくなるのかぁ・・・(今までも中古しか買っていないだろう、というツッコミは無しで)。

現時点ではまだ新品を売っているショップもあるみたい。

←クリックしてくれると嬉しいです。

SONYが「ILCE-7RM3A」と「ILCE-7RM4A」を海外で正式に発表

SONYがフルサイズミラーレス機「ILCE-7RM3A」(α7RIII)と「ILCE-7RM4A」(α7RIV)を海外で正式に発表した。
旧型と異なるのは背面液晶の解像度と背面にある(あった)SONYのロゴの有無程度とのこと。
ネット上では背面液晶関連の部品調達の関係でのマイナーチェンジでは無いかという声が多く、否定的な意見が多くみられる。
新型を待っていた人たちにとっては肩透かしをくらった感じなんだろうなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

また「D300」が入っている・・・

市内の中古カメラショップにNikonのDXフォーマット機「D300」のボディが入荷している。
DXフォーマットの連写機として人気だったこの機種も結構値段がこなれてきたんだなぁ、、、
一時期は中古での購入も検討したけど、その時は迷った挙句に「D7000」を購入。
今でも見かけると気になるけど、今更感はあるよなぁ、、、

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニコン Nikon D300 新品SDカード付き
価格:24800円(税込、送料無料) (2021/4/6時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

Samyangが天体写真用レンズのティザー画像を公開

SamyangがFacebookに天体写真用と謳った2本のレンズのティザー画像を公開した。
2本ともスペックは全く明かされていないが、片方がフルサイズ用でもう片方がAPS-C用となっている。
公開された画像ではほぼシルエットしか見えないが、画像加工ソフトでγ値を上げる等すると多少のディテールが見えてくる。
その画像を見る限りはどちらにもズームリングらしきものは見当たらないので単焦点レンズ、恐らくはそれほど広角では無いように見える。
”天体写真用”と謳うからには周辺部まで収差が少なくて星が点像に写せることが期待されるし、出来ればピントも無限遠前後にしか調整できないようになっていれば収差や歪みはなおさら軽減できそうな気がするのだけどどうだろうか?
他にも特定の波長の光(都市部で多いナトリウム灯等)をカットする光害防止フィルター機能を内蔵しているとかだと良いかも?

←クリックしてくれると嬉しいです。

結局新製品絡みの発表は無かった

”フォーサーズの日”にマイクロフォーサーズ陣営(というかOMデジタルソリューションズ)がなんらかの発表をするものかと期待していたが、具体的な新製品関連の発表は無かった。
OMDSもパナソニックも”やっている”、”考えている”、”研究はしている”と言うだけで、具体的な話は無し。
なんだかなぁ、、、

←クリックしてくれると嬉しいです。

そっかー、「PEN-F」は売れなかったのか・・・

”フォーサーズの日”のOMデジタルソリューションズ(OMDS)とパナソニックのYoutubeLiveでの発言の中で「PEN-F」の後継モデルが出なかった理由が語られた。
OMDSの人によると「我々が望んだほどはウケなかったから」とのことで、要は売れなかったということらしい。
あの手の製品ってのは”受ける人には受ける”のだけど、メーカーが思ったほど受け入れられなったのだろう。
まぁ、あのサイズのカメラにしては高価だったし、入門機として買う人はいなかったのだろう。
実際にどれくらい売れて、それがメーカーの思惑とどれくらい乖離していたのだろうな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

”B003”が安い!

市内の中古カメラショップにTAMRONの「18-270/3.5-6.3DiII VC」(EF-Sマウント用)が入荷している。
AFモーターが超音波モーターでは無いB003の方だけど、その分安い。
Fマウント用の便利ズームはSIGMAの18-200mmを持っているけど、EFマウント用は純正の18-135mmしか無く、テレ端が2倍の270mmってのは魅力的。
高倍率ズーム特有の歪みや周辺部分の解像度低下に目を瞑れれば凄くお買い得だと思う。

←クリックしてくれると嬉しいです。

リコーが「K3-III」を昨日(3/31)に発表したわけは?

リコーが昨日3/31に「PENTAX K3-III」を発表したが、これを今日4/1に発表していたらどれだけの人が本気の発表だと思ったんだろう?
当初は二月に発表と公言されていたのが延期になり、数ヶ月は遅れるという予測もされていたので、大半の人がエイプリルフールネタだと思ったかもしれない。
だからこそ前日の3/31に発表したのだろうか?(笑)

←クリックしてくれると嬉しいです。

フルサイズで1億画素戦争?

富士フィルムが中判カメラで1億画素のセンサーを採用しているが、今度はCanonとSONYがフルサイズ機で1億画素機を出すのではないか?と言われ始めた。
Canonに関しては少し前からR5の高画素版は1億画素になる、との噂も出ていてそこにSONYも出すのでは?という噂が乗っかった形。
素直に凄いなー、とは思うものの、個人的にはそこまでの画素数の必要性は感じない。
画素数よりも高感度耐性とダイナミックレンジをあげて欲しいと思うよ。
実際、私の持っているカメラで最も高画素なのは今年正月に買ったコンデジ(Canonの「SX720HS」)の2000万画素強。
一眼レフでは「EOS 60D」の1800万画素だし、自宅では1500万画素の「EOS 50D」の方をよく使う。
また時には1000万画素の「Nikon D60」も使うし、私の鑑賞方法だとこれでも十分で、PCのストレージを圧迫するので1億画素どころか5000万画素も今のところは要らないなぁ・・・
#スマートフォンのカメラではRedMiNote9sの4800万画素ってもあるけど、こっちは殆ど使っていないな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

リコーが「PENTAX K3-III」を正式に発表した

先日価格等の情報がリークしたリコーのAPS-C一眼レフのフラッグシップ「PENTAX K3-III」が正式に発表された。
発売は4/23で既にショップでは予約の受付が始まっている。
価格はボディのみでおよそ25万円、バッテリーグリップ等が含まれるプレミアムキットでおよそ29万円となっている(ともに最安値)。

比較するのも変だけど、同程度の価格でフルサイズの「K1 MarkII」にレンズとバッテリーグリップの付いたセットが買えるんだなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。