More from: デジカメ

「D500」が入った!

市内の中古カメラショップにNikonのデジタル一眼レフ「D500」のボディが入荷した。
DXフォーマット機のフラッグシップ機で今でも飛ぶもの系を撮る人には人気の機種。
結構安価に出て来たなー、と思ったらショット数が18万回超での現状販売。
うん、シャッターユニット交換になったら結構な金額がかかるから安くても手を出さないほうが良いかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

今年の「 夢のお年玉箱」

ヨドバシカメラ恒例の「夢のお年玉箱」の申し込み受付が始まっている。
ざっと見たところ目を惹いたのは「フルサイズミラーレス一眼デジタルカメラとズームレンズセットの夢」。
フルサイズミラーレスカメラとズームレンズのセットで13万円(税込み)でさらに10%ポイントバックなので実質117,000円ということになる。
この価格で買えそうなフルサイズ機となると「EOS RP RF24-105レンズキット」(店頭価格176,000円)くらいしか思いつかないんだけど、だとしても格安で買えることになる。
そのためか今日時点での倍率が763倍と他を圧倒した高倍率になっている。
駄目元で申し込んでで見るかなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

早くも「R7」が入荷

市内の中古カメラショップにCanonのミラーレス一眼「EOS R7」が入荷した。
今年発売になったばかりの新モデルが早くも入荷したということだ。
前のユーザーが何故手放したのかは判らないが、折角の新モデルを発売から五ヶ月で手放すなんて勿体ない気もするなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonの「EOS R5 Mark II」は来年登場?

カメラの情報サイトにCanonのミラーレス一眼「EOS R5」の後継機「EOS R5 Mark II」は2023年の第2四半期に登場するという噂が掲載された。
裏付けは取れていないものの、実績のある情報源からの情報ということで信頼性は高そう。
その噂によると「EOS R5 Mark II」は61MPの裏面照射センサーを搭載し、映像エンジンはDIGIC Xをデュアルで搭載し連写はAF追従の電子シャッターで30コマ、メカシャッターで12コマとなり、動画性能も大幅に向上するとのこと。
画素数は一眼レフ時代の高画素機「EOS 5Ds(R)」を上回るが、CanonはR5を高画素機として位置付けるのだろうか?
また画素数で秒30コマの連写って凄い・・・CFexpress Type Bのデュアルスロットはこの為かも(汗)。
ただ「R5」にここまでの性能を与えるということは、フラッグシップと噂されている「EOS R1」はもっと凄いということだよなぁ・・・
また、下位機種にあたる「EOS R6 Mark II」とスペックが乖離することになるけど、これは各モデルの棲み分けをはっきりさせるということかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

綺麗になるもんだ

以前、センサー掃除をして反対に汚れを付けてしまった「EOS 5D」のセンサーをきれいにしようと清掃キットを購入した。
今日になってようやく掃除して試写してみたところ、汚れが気にならなくなった。
結構効果があるものなんだなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

レンズが逝ってしまったorz

マイクロフォーサーズのカメラは小型で持ち歩きやすいので時々使っている。
今日の記事に載せた「雪ミク電車」の撮影にも使ったが、その後にレンズが動作しなくなってしまったorz。
レンズは沈胴式パワーズームの「LUMIX G X VARIO PZ 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./ POWER O.I.S.」で、中古で購入してから何年か経ったもの。

撮影後カメラの電源を切っても沈胴しないのでおかしいと思って何度も電源の切入りを繰り返したが一向にレンズが収納されない。
電源SWを操作するとレンズ内部から動作音は聞こえるが一向にレンズが収納されないので駆動部分の故障かな?
購入価格を考えると充分元は取ったと思うので、この際買い替えるとするか(汗)。
同じレンズにするのも芸が無いし、手動ズームのパンケーキレンズがあると良いんだけど、同じパナソニックの12-32mmくらいしか思いつかないよ。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonが「EOS R50」とパンケーキレンズを2023年に発売?

Canonが2023年にRFマウントのAPS-C機を出すという噂が出ていたが、さらにEF-Mマウント用のパンケーキレンズをRF-Sマウント用にして出すという話も出て来た。
「EF-M 22m F2 STM」の光学系をRFマウントに移植して「RF-S 22m F2 STM」として出すようだ。
元が小型のパンケーキレンズとして人気のレンズなんだけど、エントリー層に受け入れて貰えるのかな???
個人的には小型軽量のボディ(EVF無しでもOK!)と組み合わせてスナップ用に最適だとは思うけどね。

←クリックしてくれると嬉しいです。

今度は「Nikon Df」が入っている・・・

札幌の中古カメラショップにNikonのフルサイズデジタル一眼レフ「Df」が入荷している。
先日はフルサイズのエントリー機「D610」が入っていたが、今度は「Df」とは・・・
センサーはフラッグシップ機の「D4」と同じというモデルだけど、バッテリーが異なるので性能が同じというわけでは無い(連写性能等が劣る)。
それでもレトロな外観でちょっと欲しくなるよなぁ(汗)。
また、他のボディ(D40/D40x/D60等を除く)では使えない非Aiレンズが使えるのも魅力的で、ウチにある5cm 1:1.4とかも使えるんだよなぁ・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。

CanonがR7/10の下位機種を用意する?

Canonがミラーレス一眼のAPS-C機「EOS R7」「EOS R10」の下位機種を開発中との噂が海外のサイトに掲載された。
それによるとこの新モデルは現在のEF-Mマウント機を置き換えるためのものと言うことだ。
つまりKiss-MとM三桁機の位置付けにあたるモデルということで、最低でもEVF付きと無しの2モデルが用意されることになりそう。
もしこれが本当ならEF-Mマウントは終了することになり、同価格帯でRFマウントのAPS-C機のボディと交換レンズが出てくるということになりそうだ。
「EOS R10」でも高いと感じるユーザー層に向けて充分アピールできるモデルなら良いな。

←クリックしてくれると嬉しいです。