More from: カメラ

「7D2」と「80D」か

市内の中古カメラショップにCanonのAPS-C機「EOS 7D MarkII」と「EOS 80D」が入荷している。
どちらも現行機種とは言え発売から時間が経ち、来年にはモデルチェンジするというのでは無いかという噂がある。
なので今は買い時では無いような気がするなぁ。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「D70」は売れたか

先週市内の中古カメラショップに入荷したNIKONのDXフォーマット機「D70」は売れてしまったようだ。
古いエントリー機でも安かったし写真を撮るのに不自由は無いから、気軽に使うのには良かったのかも。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

SONYが「α7III」「α7RIII」の新ファームを提供予定

先だって「メモリーカードがフォーマットされてしまう」ということで話題になったミラーレス一眼「α7III」「α7RIII」の新ファームが今月(12月)中に提供される見込みとなった。
メーカーのソニーが公式に提供すると発表している。
そもそも「フォーマットされる」というのはこの問題を動画で取り上げたプロカメラマンが”SEO的に有利となるように”使った”フォーマット”という言葉に端を発していて、実際にはフォーマットされたことは無いということだ。
それよりも問題は題記の2機種が撮影中にフリーズし、やむなく電池を抜かなければならない状態になることで、今回提供予定となるファームはこの症状への対策を施されたものになる(と発表されている)。
ソニーのリリースによるとフリーズすることによってSDカード上の管理情報が破損し、保存されている画像をカメラで再生できなくなる”場合がある”ということだ。
その場合でもカメラ本体で管理情報の修復が可能で、フリーズ時に書き込んでいた画像以外は復旧出来るとある。
要はネット上でいろいろ言われていた中で最もありそうだと思われていた通りだったとソニーが認めたということらしい。
ま、収まるところに収まったということかな。

他にも”複数のレンズが同じ故障をする”というのもあったんだけど、そちらに関してはどうなっているのかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

NIKON「Z6」は随分と評判が良いみたい

11/23に発売されたばかりのNIKONのフルサイズミラーレス機「Z6」の評判が良いらしい。
海外のサイトの評価が高いということで、その記事(の日本語訳)を読んでみると確かにほぼ手放しで称賛している。
さらにユーザーの評価も見てみようとカカクコムのユーザーレビューも見てみたが、こちらもかなり高い評価が多くなっていて、唯一評価点が平均よりも低いのがバッテリーライフ。
これはカタログ値で310枚と少ないのが原因だろうが、それでも実際の使用では500枚程度は行けると書いている人もいるのでレフ機ほどでは無いが、使い方によってそこそこの枚数は撮影できるのかも。
複数の人が指摘していたのが”ファインダーの出来の良さ”。
これだけ良い評価ばかりを目にしていると思わず欲しくなってしまうよね(汗)。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

もうはや「EOS R」の中古品だと?

全国チェーンのカメラショップの中古コーナーに発売されたばかりのCanonのフルサイズミラーレス機「EOS R」のボディが掲載されていた。
もうはや手放した人がいるんだなぁ、、、

出たばかりということもあってか価格は20万円強と同じショップの新品の価格からそれほど下がってはいない。
買ったは良いけど好みに合わないのか使い方に合わないのか理由は判らないけど、手放すなら早いほうが値落ちが少ないから良いのかもね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン EOS R ボディ
価格:233181円(税込、送料無料) (2018/12/6時点)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「D70」も入っているのか・・・

市内の中古カメラショップにNIKONのDXフォーマットのエントリーモデル「D70」が入荷している。
流石に古いモデルだけあって格安なんだけど、ちょっと古すぎて食指は動かないなぁ(汗)。
ショット数は極端に少ないので、古くてもそこそこ使えるとは思うんだけどねぇ、、、

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

「EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM」が入荷している・・・

市内の中古カメラショップにCanonのAPS-C機用広角ズームレンズ「EF-S10-22mm F3.5-4.5 USM」が入荷していた。
同社の「EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM」と比較するとズームレンジが望遠側に広く、明るさも明るい。
手振れ補正は無いけれど、こちらのほうが使いやすそう。
中古なので価格も手ごろで良いなぁ(汗)。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Canon レンズ EFS10-22/USM EFS10-22/USM
価格:91727円(税込、送料別) (2018/12/6時点)

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

NIKONが来年前半にも「D760」を発表?

先だってフルサイズミラーレス「Z7/Z6」を発売したNIKONが来年(2019年)の前半にもFXフォーマット機である「D760」を発表するという噂が出て来た。
同時にFXエントリークラスの「D610」はモデル終焉ということなので、この「D760」がエントリークラスとなるようだとも。
ミラーレスを2機種出したNIKONがレフ機ユーザー向けにも新機種を出してくれるんだという点と、これまでミドルクラスだった機種をエントリークラスとするという点で賛否両論となっている。
これまでNIKONのFXフォーマット機はフラッグシップの「D5」、高画素機の「D810」、ミドルクラスの「D750」、エントリークラスの「D610」と4ラインあったが、これを3ラインに整理するということなのだろう。
「D610」ユーザーはミラーレスの「Z6」に行くか、レフ機の「D760」に行くか悩みどころかな?

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。

SONYの「α7III」で重大なトラブル?

ソニーが今年の3月に発売したミラーレス機「α7III」「α7RIII」でかなり重大なトラブルが発声しているとの記事が出た。
トラブルの内容は”レンズが絞り開放でしか使えなくなる”、”電源再投入でフリーズし、SDカードが強制的にフォーマットされてしまう”といったもの。
既に複数のユーザーがネット上で報告しており、動画でトラブルの内容を公開している人もいる。
”怖くて仕事では使えない”との声も出ている。
ソニー自体もこの件については認識し、現在事実関係を調査中とのこと。
発売以来販売好調の両機種だが、こんなトラブルが発覚するとは・・・
早期に解決出来れば良いのだけど、長期化するとユーザーが離れてしまうね。

”人気ブログランキングへ"←クリックしてくれると嬉しいです。