More from: カメラ

日本語が・・・

Wi-Fi接続可能なSDカードもしくはSDカードアダプタを見ていると、初めて見る商品が出て来た。
以前にこのブログで紹介した「ezShare」のアダプタよりは高価だけど気になったので商品ページを見に行くと・・・(汗)

商品説明の欄が読み難い・・・というか理解し難い(汗)。
中国製品らしいんだけど、中国語(広東語なのか北京語なのかは知らない)での商品説明もしくは英語の説明を直訳したような文章で説明文の体をなしていない。
大体、”1を参照”とか書いてあってもどこを見れば良いんだよ?と思ってよく見ると、左側に掲載されている写真なのかも?と言うところまでは推測出来たが、それにしてもよく判らない。
ショップの人はこれで理解できているんだろうか???
amazonでも同じ製品の取り扱いを見つけたけど、多少はマシな程度でやっぱり判らないorz

やっぱり買うんだったら下のezShareの製品の方が安心かな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

SONYが1/26に新機種を発表?

SONYがαのサイトで新型発表と取れる予告を掲示した。
それによると1/26の24時(日本時間)に何らかの新モデルを発表するようだ。
”The one never seen α”という謳い文句があるので、αシリーズの新機種であることは確実だろう。
バックのイメージが”7R”という様に読めないことも無いので、”7R V”かも?とも思ったが、現行モデルが出て1年半も経っていないのでそれは無いかな?
となると、7Rシリーズのような高画素機だけど別モデルということになるのかな?

←クリックしてくれると嬉しいです。

”ezShare”を試してみたい

最近のデジカメはWi-Fi機能搭載でスマートフォンと連動可能なモデルが多い。
私が買ったCanonの「SX720HS」もその一つだし、前の「SX700HS」も対応していて専用のアプリを入れれば撮影データをスマートフォンに転送することも出来たし、スマフォからリモートで撮影することも可能。
それでも非対応のカメラ(EOS 60Dとか)もあるので、その場合はSDカードをPCに挿して読む込ませるしかなかったので撮ったその場でブログに載せるとかは出来ない。
そこでカードそのものにWi-Fi機能を持たせた”ezShare”とか”FlashAir”等を使えばどのカメラで撮ってもその場でスマフォに転送が可能になる。
”ezShare”にはmicroSDHCカードを挿してつかうアダプタータイプもあり、それほど値が張るものでも無いので一度買って試したいな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「70D」が入っていたのか・・・

市内の中古カメラショップの在庫リストにCanonのAPS-C機「EOS 70D」が載っていた。
”いた”というのは既に販売済みになっているため。
価格は私が以前訳アリの「EOS 60D」を買った時と同じなので、結構な安値と言えると思う。
うーん、この年末年始はあまりそのショップの在庫をチェックしていなかったから見落としていたな(汗)。

前のモデルに当たる「EOS 60D」と比較するとセンサーが18MPから20MPになり、映像エンジンもDIGIC4からDIGIC5+に進化、さらにAF測距点が9点から19点(オールクロス)と増加したうえに「デュアルピクセルCMOS AF」搭載となり、かなり進化したモデルとなっている。
以前はあまり食指が伸びなかったけど、こうやって安くなってくると良さそうに思えて来たなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Nikonの「D5600」「D3500」がディスコン

Nikonのサイトでエントリー一眼レフの「D5600」と「D3500」が”旧製品”扱いになった。
つまりメーカーからの出荷が終了したのとほぼ同義ということで、今までなら新製品である後継機種が発表されていたんだけど、今回はそれは無し。
ということはレフ機の更新は無く、あるとすればミラーレスのDXフォーマット機「Z50」の下位機種の発表だろうか?
だとすると、結構価格を下げないと売れないのではないかな?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【訳ありアウトレット】ニコン Z 50 ダブルズームキット
価格:125000円(税込、送料無料) (2021/1/13時点)

←クリックしてくれると嬉しいです。

今度は「D300」か

先日入荷していたNikonの「D7100」が売れた中古カメラショップに今度は「D300」が入荷していた。
幼稚園のイベントの撮影を依頼しているスタジオのカメラマンも使っていたなぁ。
以前「D7000」と迷ったんだけど今更こっちも買うわけには行かないなぁ(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

Canonが複数のRFマウント機を出す?

Canonがミラーレス一眼の新機種を複数出すという噂が出ている。
シネマEOSまで入れると8機種もあり、スティル用だけでも5機種にもなるという。
スティル用で噂になっているのは
・R1(フラッグシップ:1DXのRF版?)
・R5の高画素版(5DsのRF版)
・APS-C機(連写、望遠性能重視:7D2のRF版?)
・エントリーフルサイズ2機種(RPの下とRPとR6の中間?)
の5種類で、1年でこれだけ出すのは無理があるかもしれないけど、もしかしたらCanonは本当に出してくるかも?(と思わせてくれるだけでも凄い)。
ただ、ボディだけ出てもレンズのラインアップがまだまだ不足していて、特にAPS-C機用の広角/標準ズームが無いので、これだけでも出さないとならないと思う。
またエントリークラス用の小型軽量の標準ズームも必要と思われる。
これだけの新製品をホントに年内に揃えることが出来るのだろうか、少々疑問ではあるが、これくらいやらないとSONYに追いつく/追い越すのは難しいという認識なのだろうな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

「D7100」が売れていた、、、

市内の中古カメラショップに入荷していたNikonDXフォーマット機「D7100」が売れていた。
年末に在庫をチェックしたところ残っていたんだけど、年明けに見たら売れてしまっていた。
ちょっと購入を考えてしまっていたんだけど、これで悩まなくて済むようになったな(汗)。

←クリックしてくれると嬉しいです。

コンデジを買い替えた

昨年末にコンデジが壊れたので買い替えをすることになり、昨日の帰りに量販店に行って買って来た。
買ったのはここでも書いたようにCanonの高倍率ズーム機「PowerShot SX720 HS」。

このスタイルの高倍率ズームレンズ搭載コンデジはこのシリーズの後継機「PowerShot SX740 HS」と下位の「PowerShot SX620 HS」、SONYの「DSC-WX350」「DSC-WX500」「DSC-WX800」「DSC-HX99」、Nikonの「COOLPIX A1000」、Panasonicの「DC-TZ95」とある。
これらの機種のファインダーを比較してみると、
EVF搭載:「DSC-HX99」「COOLPIX A1000」「DC-TZ95」
チルト液晶搭載:「SX740HS」「DSC-WX500」「DSC-WX800」「DSC-HX99」「COOLPIX A1000」「DC-TZ95」
EVFまでは不要としてもチルト液晶は欲しくなるが、それなりに価格が上がってしまうのと厚みが増えてしまうのがネック。
SONYの下位機種(DSC-WX350」「DSC-WX500」)を触ってみた感じではコンパクトな点は良いんだけど、これまで使っていたCanon機と操作がかなり異なり戸惑いそうだしCanonの最新機種「SX740HS」は高いのと厚みが増えたので、結局はCanonの「SX720HS」を選んでしまった。
#Nikonの「A1000」が4万円を切っていれば買っていたかもしれないけど、これも大きくて重たいんだよなぁ、、、
今回は単に買うだけならネット通販でも良かったんだけど、これまでコンデジは全て店頭で買っていたし、実際に触ってみたかったというものある。
さらに駄目元で価格交渉(値切りとも言う)をしたところ、少しだけど引いて貰えたのは良かった(お店までの交通費以上は引いて貰えた)し、これはネット通販では出来ないことだ(汗)。

今回の機種でコンデジは5台目となるが、これから何年かは活躍して欲しいところだな。

←クリックしてくれると嬉しいです。

値引きが減っていた

昨年末にいきなり壊れたコンデジを買い替えることになって壊れた日に量販店で価格をチェックした。
機種は「PowerShot SX720 HS」に決めていたのですぐに価格が判る筈だったんだけど、なんと本体価格に1,000円ちょっとを足すだけで64GBのSDXCカードと液晶保護フィルムが付くセットがあった。
これで良いかなー、と思っていたが、実際に買うのは札幌に帰ってからと考えていたので、帰宅する昨日になって再度チェックしたらセット品の価格が6,000円も上がっていたorz。
年末にはセット品は12,000円お得となっていたのが6,000円お得に減額されていた、、、
さっさと注文だけでもしておけば良かったよ(汗)。
これなら買うのはカメラ本体だけだな・・・

←クリックしてくれると嬉しいです。